説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

1 - 10 / 1,252


【課題】椎骨に固定されるアンカーが不用意に外れることを抑制することができ、且つ、脊椎固定用のロッドを容易にアンカーに取り付けることができる、脊椎固定用手術器具を提供する。
【解決手段】手術器具1は、内筒4と外筒5とを備える。内筒4は、内筒本体と、一対の第1側壁12,13と、脊椎アンカー2を保持するために一対の第1側壁12,13の先端に形成された一対の保持部18,18と、を含む。外筒5は、外筒本体と、一対の第2側壁38,39と、を含む。一対の第2側壁38,39は、一対の挟持部41,41を含む。一対の挟持部41,41は、外筒本体から遠ざかるに従い外筒5の中心軸線L2に向かって互いに近接しながら延びるように設けられ、かつ、一対の保持部18,18を挟持可能である。 (もっと読む)


【課題】低侵襲な靱帯再建術を簡便に行うことができる靱帯再建術用具を提供する。
【解決手段】複数の骨が靱帯により互いに結合された関節の、前記靱帯を再建する手術に用いる靱帯再建術用具であって、錐10と、リーマー20とを含み、錐10は、前記複数の骨及び前記関節を貫通する孔を穿つことが可能であり、錐10は、先端部11と、後端部13と、先端部11及び後端部13の間に設けられリーマー20を装着可能なリーマー装着部12とを含み、リーマー20は、リーマー装着部12に装着された状態で、前記関節内部から、錐10により穿たれた前記孔の直径を拡大可能であり、リーマー20がリーマー装着部12に装着された状態で、リーマー20先端から錐10の先端までの長さが、前記複数の骨の少なくとも一つにおいて前記孔を貫通可能な長さであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】背痛または他の脊椎の状態を有する患者における脊椎の屈曲を制限するための方法および装置を提供すること。
【解決手段】本発明は、医師がセグメントの屈曲を制御することを望む、椎間板性疼痛、および、脊椎すべり症等の他の脊椎の状態の治療のために、脊椎の屈曲を制限するための脊椎インプラントおよび方法を提供する。脊椎の屈曲を制限するための脊椎インプラントは、上棘突起と下棘突起または仙骨との間に装着される。インプラントは、上部棘突起上に配置される上部帯を含み、その一方で、インプラントの下部分は、隣接する椎骨または仙骨に取り付けられる。取り付け具は、例えば、ネジまたは他の固着具を使用して固定され得、または、例えば、棘突起または仙骨の穴を通してループ帯を配置することによって、非固定にされ得る。 (もっと読む)


【課題】人工股関節を設置する手術において、手術にかかる手間を低減する。
【解決手段】手術器具1は、ステムブローチ2と、ネックトライアル3と、ボールトライアル4とを含む。ネックトライアル本体21は、ロック部材22を支軸48回りに揺動可能に支持する。ネックトライアル本体21の嵌合部23がステムブローチ2の嵌合孔部10に挿通されたとき、ロック部材22の第2係合部52は、嵌合孔部10の第1係合部18に係合する。ロック部材22の第3係合部53が、ボールトライアル4の第4係合部54に係合することで、ロック部材22の変位が規制される。 (もっと読む)


【課題】必要とされる対象の部位で、骨形成または軟骨形成活動を活性化させる治療システムを提供し、骨および軟骨の治癒を向上させる。
【解決手段】治療システム10は、硬膜22、骨膜、または骨内膜に隣接する骨または軟骨の欠損を治療する減圧装置で構成され、減圧源14と、減圧源に流体接続され、硬膜に隣接して配置されたマニホルド18とを具え、マニホルドが、硬膜に減圧をかけ、骨または軟骨を治療するよう構成されている。さらに、マニホルド送達管を具え、マニホルドがマニホルド送達管を通して組織部位へ送達される流動性材料からなる。 (もっと読む)


【課題】外科手術中に、組織へのアクセスを容易にするため、軟組織を収縮させる改良された装置を提供する。
【解決手段】軟組織を基準面から収縮させることができる組み立て品40であり、この組み立て品は少なくとも1つの収縮要素51を含んでおり、この少なくとも1つの収縮要素51は、これの定着を可能にするための構造部を有する末端部を備えている。この組み立て品はまた、定着部に対して少なくとも1自由度の移動を可能にする、少なくとも1つの収縮要素の基端部50を含む。 (もっと読む)


【課題】頭部をロックするよう頭部受け部分を圧縮するよう外側ロッキングリングを利用し、取扱いが改善された骨固定装置を提供する。
【解決手段】骨固定装置は、骨に固定するシャンク2と頭部3とを有する骨固定要素1と、骨固定要素1にロッド6を結合する受け部5とを備える。受け部5は第1の端部9aと第2の端部9bとU字形凹部12を有するロッド受け部分9を有し、凹部12は第1の端部9aから第2の端部9bの方向に延在して2つの自由な脚部を形成し、受け部5はさらに第1の端部9aとは反対側の第2の端部9bの側に頭部3を収容する頭部受け部分17を有し、頭部受け部分は自由端17bを有し、頭部3の導入およびクランプを可能にするよう可撓性である。骨固定装置はさらに、頭部受け部分17のまわりに配置されるロッキングリング8を含む。 (もっと読む)


【課題】新規のスクリューベースの開創器を使用した、低侵襲アプローチにより脊椎へのアクセスを可能にする整形外科的脊椎手術のためのデバイス、システムおよび方法を提供する。
【解決手段】開創器デバイス10は、椎弓根スクリューと連結後、開創器10の対向するアーム8により、近位端12で創傷を拡げるように設計されている。該開創器10は、創傷から開創器10を抜去することによって取り外され、これにより、開創器10が変形され、椎弓根スクリューヘッドを通り抜ける。開創器10は、硬質のプラスチック材料で作製され、滅菌梱包され、単回使用後に使い捨て可能であるよう意図されている。開創器10を使用して、低侵襲脊椎外科的処置を実施するためのシステムおよび方法も開示される。 (もっと読む)


【課題】弱化した、あるいは折れた骨に補強材を配送する装置および方法を提供する。
【解決手段】近位端102、遠位端104、およびその間の長手方向軸を有するチューブ100を含む、骨に補強混合物を配送する装置であって、チューブ100は、物がバルーン106に入るとバルーン106が略収縮状態から略膨張状態に拡張する、チューブ100に係合するバルーン106と、バルーン106に光を誘導するためにチューブ100を通ってバルーン106まで延在する少なくとも1つの光導体112とを有する。 (もっと読む)


【課題】縫合糸アンカーを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカーは、骨内に配置され、遠位アンカー本体から隣接する軟組織に繋がる縫合糸を有する遠位アンカー本体及び近位アンカー本体を含む。遠位アンカー本体が配置された後、縫合糸に張力がかけられ、次いで近位アンカー本体が遠位アンカー本体の後部にて骨内に推進されて、結び目のない技術にて縫合糸を固定する。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,252