説明

国際特許分類[A61B17/58]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994) | 骨接合術用,例.骨の板,ねじまたは類似のもの17/14,17/16が優先) (1,742)

国際特許分類[A61B17/58]の下位に属する分類

外部の骨接合術のためのもの,例.伸延器または収縮器 (86)
内部固着器具 (172)
内部固着器具の植え込みまたは抜取り方法または手段

国際特許分類[A61B17/58]に分類される特許

1 - 10 / 1,484


【課題】本発明は、液体および固体成分を保存および混合するための保存および混合装置、特に骨セメントを生成するためのモノマー液体および粉末を混合し、保存するための装置に関する。
【解決手段】その装置は2つのチャンバを含み、そのうちの第1のチャンバは固体成分を含有し、開口可能な分離部によって液体成分を含有する第2のチャンバから分離されている。圧力差により駆動可能な混合器が第1のチャンバに配置される。この保存および混合システムにおいて、手術室で利用可能な真空が、真空中でモノマー液体および骨セメント粉末を混合し、同時に混合器を作動するために使用される。さらに、真空はまた、モノマー液体と混合空間との間の分離部を開口し、モノマー液体を混合空間に移動させるために使用されてもよい。 (もっと読む)


【課題】後方進入路または後外側進入路を介した椎弓根スクリュー(2)型の骨固定インプラントおよび接続要素による少なくとも2つの脊椎骨の固定のための器具類を提供すること。
【解決手段】本発明のデバイス(1)は、使い捨ての取付チューブが予め取り付けられた、脊椎に固定されるように設計された少なくとも1つの骨固定要素(2)と、無菌の密封包装とを含んでなる。本発明はさらに、脊椎インプラントを挿入または除去するための器具のキットであって、前記インプラントの挿入または除去に関する外科手術手順をすべて行なうために、少なくとも2つのスレッド付きの骨固定要素(2)と、該骨固定要素(2)を機械的に接続するロッド型またはプレート型の接続要素と、該接続要素を固定要素に関して適所に係止するための係止要素とを含んでなり、前記の必要な器具はすべて使い捨てでありかつ1または数個の密封包装内に無菌方式で包装されていることを特徴とするキットに関する。 (もっと読む)


【課題】外部の安定化ロッドまたはロッド状要素に接続することができ、ねじに匹敵する確実な固定を供しつつ公知の装置よりもさらに迅速かつ小さい力で挿入することができる骨固定装置を提供する。
【解決手段】自由端(2)を有するねじが切られていないシャフト(1,1′)と、ロッド(12)またはロッド状要素を収容するためのほぼU字形の凹部(7)を有する自由端と反対側の頭部(3,3′)と、シャフトを通って延在しかつ少なくとも頭部(3,3′)または自由端(2)に開口する縦長のボア(4)と、シャフトの壁面を通って延在しかつボア(4)に連通する複数の開口部(5)とを備え、シャフト(1,1′)の外側表面は骨内への釘の挿入を容易にする摺動性を高めるために被覆されまたは磨かれている骨固定釘を提供する。 (もっと読む)


【課題】取扱が改善された、多軸骨固定装置を製造するための圧着工具を提供する。
【解決手段】多軸骨固定装置(1,1’)を製造するための圧着工具(200)が提供される。圧着工具(200)は、圧着チップ(209a,209b)と傾斜通路(216a,216b)とを有する少なくとも1つのチップホルダ(213a,213b)と、少なくとも1つの傾斜脚部(207a,207b)を有する作動部材(205)とを備え、傾斜通路(216a,216b)の傾斜は、傾斜脚部(207a,207b)の傾斜に相当する。 (もっと読む)


【課題】縫合糸アンカーを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカー10は、シェル12と、アンカー部材14と、を含む。シェルは、遠位端部18と、近位端部20と、それらの間の側壁22と、を有し、内部を通る軸方向カニュレーション部24を画定する本体26を含む。アンカー部材は、遠位端部28と、カニュレーション部内に嵌るような大きさにされた近位端部30と、を有する本体を含む。側壁は、アンカー部材がカニュレーション部内に受け入れられた状態で、アンカー部材の第1の側方部分が横方向に露出し、アンカー部材の横方向に反対側の第2の側方部分が側壁によって取り囲まれるように、側方のカットアウトを画定する。第1の側方部分の摩擦強化手段は、縫合糸アンカーが、骨表面により画定された骨孔内に配置されたときに、摩擦により骨表面に係合する。縫合糸は、シェルとアンカーとの間、更にアンカーと骨表面との間に捕らえられる。 (もっと読む)


【課題】融合手術を行うことなく患者の移動性を確保しつつ、患者の臨床状態を解決すること。
【解決手段】椎間関節(28)の機能不全を治療するためのプロテーゼであって、第1面と第2面とを有した第1ボディと;第1面と第2面とを有した第2ボディと;を具備し、各ボディのそれぞれの第1面が、他方のボディの第1面に対して関節結合し得るよう構成され、各ボディのそれぞれの第2面が、椎間関節の側面に対して係合し得るよう構成されている。 (もっと読む)


【課題】中心連結ピンを必要としない作動機構を有する角度の付いた外科用ドライバーを提供する。
【解決手段】第1の回転部材、第2の回転部材、角度の付いたハウジング18及び複数のピン20を含む角度の付いた外科用ドライバー10である。第1の回転部材と第2の回転部材は、互いに角度を持って関連付けられる。角度の付いたハウジングは、第1の回転部材及び第2の回転部材と回転可能に接続される。複数のピンは、第1の回転部材を第2の回転部材に動力を伝えるように接続する。 (もっと読む)


【課題】関節鏡視下外科手術などにおいて骨孔を通してクロスピンを移植するための方法及び装置を提供する。
【解決手段】一般的に、本方法及び装置によれば、膝骨の内側に、膝骨に形成された骨孔と交差するようにクロスピン孔を形成することができる。一実施形態では、クロスピン孔が膝骨の別の側面、例えば外側を貫通することなく骨孔と交差するように、骨孔に対して角度をなしてクロスピン孔を位置決めするように構成することが可能なクロスピン固定ガイド装置が提供される。膝骨は、大腿骨又は脛骨であってもよく、これによりクロスピン孔及び骨孔のそれぞれの全体を大腿骨又は脛骨内に形成することができる。 (もっと読む)


【課題】整形外科用インプラントデバイス、骨、および/または骨インプラントまたは構造とともに使用される整形外科手術用ケーブルの締め付けおよび締め付け直しを行うためのシステム、方法、および装置。
【解決手段】本発明のさまざまな実施形態による少なくとも1つの装置およびシステムは、患者の身体内で位置決めを行うように適合されているクランプ部と、整形外科用ケーブルをクランプ部に固定し、整形外科用ケーブルに第1の張力を発生させ、整形外科用ケーブルの張力を解放し、整形外科用ケーブル内の他の張力を固定するためクランプ部に対して整形外科用ケーブルを再固定するように適合されているクランプ機構とを備える。 (もっと読む)


【課題】 胸骨外周に沿って周回可能で、長手方向に沿って働く伸縮力でガタツキや緩み
などを生じさせずに、安定した締結力で締結固定できる胸骨縫合用ワイヤを提供する。
【解決手段】切開した胸骨5を手術後に閉鎖する際に用いる、胸骨縫合用ワイヤ1であって、単線のフィラメントを編組して紐状としたワイヤ本体2は、長手方向に沿わず斜め方向にフィラメントが走るように編組され、かつ、ワイヤ本体2の少なくとも一部分には、ワイヤ本体2を拡幅させた状態でフィラメントの表面にコーティング層を形成して拡幅状態を弾性維持するようになされた弾性拡幅部2aが形成され、縫合時にフィラメントが長手方向に沿う直線状に引っ張られることにより、ワイヤ本体2が伸びるとともに、弾性拡幅部2aも直線状に弾性変形し、この弾性変形した弾性拡幅部2aの反発力により、ワイヤ本体2に伸縮性が付与されたものである。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,484