説明

国際特許分類[A61B5/05]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 診断のための検出,測定または記録;個体の識別 (27,366) | 電流または磁場による診断のための測定 (5,386)

国際特許分類[A61B5/05]の下位に属する分類

人体の一部分の電気的インピーダンス,または電気的コンダクタンスを測定するもの
電子[EMR]または核[NMR]の磁気共鳴を含むもの,例.磁気共鳴イメージング (4,319)

国際特許分類[A61B5/05]に分類される特許

91 - 100 / 1,067


【課題】計測対象から十分な強度の磁気を計測できる磁気計測装置と磁気センサ素子の製造方法とを提供する。
【解決手段】電子スピン共鳴を用いて磁気を検出する検出器1と、検出器1を搭載するベース部7と、を備える。検出器1は検出器1の先端部1bに設けられた磁気センサ素子1aを有し、磁気センサ素子1aは電子スピン共鳴信号を出力するダイヤモンドからなり、磁気センサ素子1aのダイヤモンドは0.01%以下の原子濃度の13C原子と100ppm以下の原子濃度の窒素原子とを含み、磁気センサ素子1aのダイヤモンドに含まれており磁気センサ素子1aのダイヤモンド内の空格子点に隣接する窒素原子の数は磁気センサ素子1aのダイヤモンドに含まれている窒素原子の数の5%以上であり、ベース部7は、主面を有しており、先端部1bの位置をこの主面と交差する方向で調整するための位置調整部を有する。 (もっと読む)


【課題】対象に対してインピーダンス測定を実行する方法を提供する。
【解決手段】処理システムにおいて、a)実行される1つ以上のインピーダンス測定を決定する測定決定工程と、b)1つ以上の測定したインピーダンス値を表すデータを受信するデータ受信工程と、c)同1つ以上の測定したインピーダンス値を処理し、1つ以上のインピーダンスパラメータを決定する値処理工程と、d)同1つ以上のインピーダンスパラメータの表現を生成する表現生成工程と、を含み、値処理工程および表現生成工程のうちの1つ以上は同1つ以上のインピーダンス測定にしたがって実行される方法。 (もっと読む)


【課題】対象上でインピーダンス測定を実行するための装置を提供する。
【解決手段】装置はインピーダンス測定手順を決定し、該測定手順に対応する命令を決定するための第一処理システムを有する。第二処理システムは命令を受け取り、該命令を用いて対象に一つ以上の信号を印加するために用いられる制御信号を生成するために提供される。第二処理システムは対象に印加される一つ以上の信号を示す第一データと、対象を介して測定される一つ以上の信号を示す第二データを受け取り、第一および第二信号の少なくとも予備処理を実行し、インピーダンス値を決定する。 (もっと読む)


【課題】
非侵襲計測に分類される従来のMEGにない空間分解能と時間分解能を極限まで追求できるようにすること。
【解決手段】
本発明の脳神経細胞の神経活動に伴う一次的変化の磁界分布を計測する外部環境磁場を除去する磁気シールド容器に負帰還半導体レーザからなる光ポンピングCs磁力計を内蔵した非接触型の生体機能診断装置を構成してなる。
【効果】
以上のとおり、本発明の生体機能診断装置は、脳神経細胞の神経活動に伴う一次的変化の磁界分布を10−13T〜10−14T以下の誘発脳磁界の検出ができることから、ブレインコンピュータへの転用も可能となり、その工業的価値は極めて高い (もっと読む)


【課題】透析患者の水和状態を決定し、斯かる患者のドライ体重を特定もしくは予測し、且つ、透析期間の間に除去されるべき流体の量を計算するための、精密で容易に使用され且つ操作者に依存しない方法、システムを提供する。
【解決手段】本発明は、透析を受ける患者のドライ体重を断片的生体インピーダンス分析により決定する方法を包含する。好適実施例においてドライ体重は、正常被検者の生体インピーダンス値と比較して、または、透析の間における生体インピーダンスの変化を監視することで決定される。本発明の一実施例は、透析の間においてドライ体重を決定するデバイスである。 (もっと読む)


【課題】皮膚処理及びペーストやジェルのような塗布剤の利用なしに電極を装着して脳波を計測する際に、電極の接触インピーダンスを適切かつ安定して計測できるようにする。
【解決手段】脳波計測システム10は、ユーザ100の頭部または顔面に接触させる少なくとも2つの電極110を用いてユーザの脳波を計測する脳波計測部120と、当該少なくとも2つの電極を用いて電極の接触インピーダンスを計測するインピーダンス計測部130と、特定の事象に起因する事象関連電位または誘発電位を計測する際の時間起点となるトリガ信号を生成するトリガ生成部とトリガ信号が生成された時間起点を用いて、脳波を計測する時間区間と接触インピーダンスを計測する時間区間とを切り替える切り替え制御部200と接触インピーダンスと脳波計測部の入力インピーダンスとの比に基づいて算出される振幅補正値を用いて、計測された脳波の振幅を補正する補正部とを備えている。 (もっと読む)


【課題】磁気センサによって生体情報を得るにあたって、コストやスペースを削減する。
【解決手段】磁気センサ(32)には、特に液化ガスによる冷却を行わず、常温域で微弱な磁気計測が可能なTMR素子などを用い、かつその磁気センサ(32)を生体2上に複数設ける一方、前記磁気センサ(32)上を覆うように被覆部材4を設けて、磁気センサおよび被測定部を外部磁場からシールドする。したがって、従来の生体内の微弱電流の測定装置であるSQUIDのような液化ガスによる冷却が不要になり、また部屋全体を磁気シールドする必要もなく、コストやスペースを大幅に削減することができるとともに、メンテナンスも格段に楽になる。さらにまた、前記SQUIDで必要な断熱部材が不要になり、センサと生体との距離を近付け、該SQUIDで見られるような位置ずれの発生を抑え、また磁場の交差も最小限に抑えられるので、位置分解能を向上することもできる。 (もっと読む)


【課題】従来の測定具よりも動物の体脂肪率を一層正確に測定することができる動物用体脂肪測定具を提供すること。
【解決手段】2枚の内側電極体121a,121bからなる内側電極対21と、2枚の外側電極体122a,122bからなる外側電極対22とを含む。各電極体は一つの平面上に並設される。隣り合う電極体間に間隙が設けられている。外側電極対22における一方の外側電極体122aと、内側電極対21における2つの内側電極体のうち、該一方の外側電極体122aに近い側に位置する内側電極体121aとが同電位V1となり、かつ外側電極対22における他方の外側電極体122bと、内側電極対21における2つの内側電極体のうち、該他方の外側電極体122bに近い側に位置する内側電極体121bとが同電位V2となるように(V1≠V2)、各電極体に電圧が印加される。外側電極体間の静電容量を計測することで動物の体脂肪を測定する。 (もっと読む)


【課題】性別と年齢と体型等の生体的特徴に応じて適切な電気的特性値の絶対値を得る。
【解決手段】各メッシュの電気的特性値を複数(n)に変化させて演算可能な3次元以上の数学モデルを作成する数学モデル作成手段34と、複数の生体特徴パラメータが異なる標準断層モデルが複数種類蓄積された断層モデルデータベース41から所望の生体特徴パラメータに対応する断層モデルを選択し、断層モデルに変更を施し、前記数学モデル作成手段34に供給して数学モデルを作成させる数学モデル変更手段44と、入力ペア電極と出力ペア電極とを具備し、数学モデルを用いて算出した、前記出力ペア電極にそれぞれ発生する複数(n)の第一の電位差(Dmodel)と、実測により得られた前記出力ペア電極に発生する第二の電位差(Dmean)と、に基づき、各画素における最適な電気的特性値を推定し決定し、これに基づき断層画像を表示する。 (もっと読む)


【課題】モーションキャプチャ装置の座標系を簡便且つ正確に校正する。
【解決手段】下記の工程を含むことを特徴とする校正方法。
1.校正装置をデュワヘルメットの測定対象物挿入穴に配置する工程。2.校正装置を構成する各校正用コイルに通電し、デュワヘルメットの測定対象物挿入穴における各校正コイルの位置を算出する工程。3.カメラ及びモーションキャプチャ制御PCで構成されるモーションキャプチャ装置にて、各校正用コイル18の位置を算出する工程。4.工程2にて算出したデュワヘルメットの測定対象物挿入穴における各校正用コイルの位置座標をモーションキャプチャ装置にて算出された校正用コイルの位置として用いてモーションキャプチャ装置の校正を行う。 (もっと読む)


91 - 100 / 1,067