国際特許分類[A61B5/103]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 診断のための検出,測定または記録;個体の識別 (27,366) | 診断目的のため,身体またはその部分の形,型,大きさまたは動きを検査するための測定用装置 (2,114)

国際特許分類[A61B5/103]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B5/103]に分類される特許

1 - 2 / 2


【課題】 筐体の振動を測定に影響しない程度に低減すると共に、測定精度を維持しつつ軽量で小型化が可能な振動感覚測定装置の加振ユニットを提供する。
【解決手段】 装置本体1及び前腕の支持台2と共に振動感覚測定装置を構成する加振ユニット3であって、加振ユニット3は装置本体1から分離され、加振方向に突出する振動子5を有する加振部6と、この加振部6の振動子5に取り付けるセンサ取付部7と、このセンサ取付部7に取り付ける振動センサ12及び荷重センサ13と、この荷重センサ13に取り付けるプローブ8と、加振部6を下面弾性体9と側面弾性体10を介して支持する筐体11からなり、振動センサ12・荷重センサ13・センサ取付部7の総重量が所定重量であり、プローブ8が筐体11の上面11aの開口部11bから突出すると共に、プローブ8の先端面8aと筐体11の上面11aとの加振方向の距離が所定範囲を保つように加振部6を筐体11内に配置した。 (もっと読む)


本発明は、フォトプレチスモグラフィ測定に関する光学センサに関する。このセンサは、患者8の組織へと光を放出する光エミッタ2及び/又は上記組織との交互作用後の上記放出光の一部を検出する光検出器3を備える光ユニット1を有し、上記光ユニットが、弾性材料4に埋め込まれる。本発明は更に、患者8のコンタクトレス呼吸監視のためのデバイスにも関し、このデバイスは、上記患者胸部12に対する時間的距離変動を、好ましくは電磁波に基づき連続的に検出する距離センサと、上記検出された時間的距離変動に基づき上記呼吸活動を決定する計算ユニットとを有する。本発明は、病院において患者の生命パラメータをスポットチェックするのに使用されることができるハンドヘルドデバイスを用いた呼吸動作、血圧及び心拍の同時監視に対して、信頼性が高く使い易い使用可能性を提供する点で特に有益である。
(もっと読む)


1 - 2 / 2