説明

国際特許分類[A61H7/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 物理的な治療装置,例.人体のつぼの位置を検出または刺激する装置;人工呼吸;マッサージ;特別な治療または人体の特定の部分のための入浴装置 (8,757) | 吸引もみマッサージ装置;他に分類されない摩擦またはブラッシングにより皮膚をマッサージする装置 (1,404)

国際特許分類[A61H7/00]に分類される特許

1 - 10 / 1,404



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】本願発明は、頭皮の毛根を損傷することなく、指先と同様な感覚でマッサージが可能であり、且つ確実にツボを押圧し、頭皮の血行の改善をはかることができる頭皮の美容器を提供する。
【解決手段】本願頭皮の美容器1は、ゲルマニウムからなる球体10、この球体を取付ける筒体20、この筒体を固定するための基台30、及び把持部40からなる。この球体は全方向に回転自在であり、頭皮との摩擦であらゆる方向に回転できる。また、この球体はバネの力で上下動可能であり、多彩な人の頭の表面の凹凸に追随してもれなく頭皮全体をマッサージして頭部に存在する多くのツボを逃さない。この球体は人の指による押圧マッサージと同様な感覚を与えるように適度な間隔に配設されている。 (もっと読む)


【課題】施療子自体が温かいマッサージ機を提供すること。
【解決手段】固定軸24に、揉み玉23を通過する磁場を変化させる送電用コイル30を設けた。そして、揉み玉23には、磁場の変化に基づき発熱する熱源部31を備えた。より詳しくは、揉み玉23の熱源部31に、磁場の変化により誘導電流が流れる受電用コイル33と、受電用コイル33から供給される電流が流れるヒーター34を埋め込んだ。送電用コイル30は、交流電流が流されることにより、揉み玉23を通過する磁場を変化させる。これにより、ヒーター34に受電用コイル33からの電流を流させ、熱源部31を発熱させて揉み玉23を温めることができる。そして、この状態で、マッサージ機構を動作させることにより、温めた揉み玉23で所定の施療動作を行わせる。 (もっと読む)


【課題】 吸引機構とマッサージ機能を併せ持ち、しかもコンパクトで使用場所の限定が少なく、従来の製品より使用感度が向上し、効果の大きい美顔用マッサージ器を提供する
【解決手段】 吸引口1と吸引室9を具備してなる吸引ヘッドと、吸引口1を構成する周縁部2に回転可能な状態で設けられてなる複数のボール3と、吸引室9を負圧にするための吸引機構を有し、吸引機構は、吸引室9の減圧と大気圧への開放を、一定のシーケンスで繰り返すことが可能で、かつ前記シーケンスを制御するプログラムを少なくとも一つ具備する美顔用マッサージ器であり、ボール3として永久磁石を用いることや、利用者の目的に沿ったプログラムを選択することで、健康や美容に対する効果を向上できる。 (もっと読む)


【課題】温度刺激を局所的に付与するにもかかわらず、温度刺激による温熱効果を身体の広範囲に至らせるとともに、当該温熱効果を長く持続させることのできるマッサージ装置を提供する。
【解決手段】四肢に対して温度刺激が付与される際、左の上肢に対して温度刺激を付与するヒータと右の上肢に対して温度刺激を付与するヒータのうち少なくとも何れか一方のヒータから温度刺激が付与される。それと同時に、左の下肢に対して温度刺激を付与するヒータと右の下肢の上肢に対して温度刺激を付与するヒータのうち少なくとも一方のヒータから温度刺激が付与される。また、温度刺激を付与される際には、間欠的に温度刺激を付与される。 (もっと読む)


【課題】頭皮により均一に施術突起を接触させて頭皮のケア効果をより好適に付与することが可能な頭皮ケア装置を提供する。
【解決手段】施術ヘッド部12は、前記複数の施術子81a〜81dにおける施術突起83,84の先端位置を結んでなる仮想面LX1,LX2が、施術突起83,84の基端側に凹状をなす球面形状をなすように構成される。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,404