説明

国際特許分類[A61K31/16]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 有機活性成分を含有する医薬品製剤 (142,694) | アミド,例.ヒドロキサム酸 (3,588)

国際特許分類[A61K31/16]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K31/16]に分類される特許

31 - 40 / 378


【課題】リポ酸誘導体を有効成分とする制がん剤を提供する。
【解決手段】次の一般式(1)


(式中、RはOH基、O−アルキル基、N−置換アミノ基、アミノ酸残基またはペプタイド残基を示す。nは0または1の整数であり、nが0のとき隣接するS原子は互いに結合して環を形成し、nが1のときR及びRは、同一または異なって、水素原子またはスルホ基を示す。但し、RはOH基であるとき、nは0ではない。)で表わされる化合物、またはその薬理学的に許容される塩を有効成分とする制がん剤。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】炎症反応に関与する哺乳動物の鼻および副鼻洞の細胞によりもたらされる哺乳動物における病気状態の処置方法並びに望ましくない炎症反応を減少および処置する組成物を提供する。
【解決手段】炎症反応に関与する哺乳動物の鼻および副鼻洞の細胞を炎症反応メジエータと接触させ、このメジエータは望ましくない炎症反応を減少させると共に酸化防止剤である。炎症反応メジエータはさらに細胞エネルギー源をも与えると共に、他の細胞成分の細胞合成における構築ブロックとすることができる。 (もっと読む)


【課題】各種の疼痛の緩和軽減に有効な医薬組成物(鎮痛剤)を提供する。
【解決手段】鎮痛剤の有効成分として、次の一般式(1)で示される金属キレート化合物またはその薬学的に許容される塩を用いる:


(式中、RはOH基、O−低級アルキル基、アミノ基、N−置換アミノ基、アミノ酸残基、またはペプチド残基を示し、Mは薬学的に許容される金属を示す)。 (もっと読む)


【課題】ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤としての、Zn2+キレートモチーフで係留された脂肪酸を提供すること。
【解決手段】化合物はインビトロおよびインビボテストにて良く効果を発揮した。本発明は、例えばバルプロエート、ブチレート、フェニルおよびフェニルブチレートなどの短鎖脂肪酸を含む脂肪酸の構造的な改変に基づく。本発明は一般に、脂肪酸を、芳香族ωアミノ酸リンカーを介してZn2+キレートモチーフ(ヒドロキサム酸、ο‐フェニレンジアミンが挙げられるが、これらに限定されない)と結合することを含む。 (もっと読む)


【課題】組織の線維症に対する治療または予防剤を提供する
【解決手段】組織線維化疾患の予防または治療剤の有効成分として、次の一般式(1)で示される金属キレート化合物またはその薬学的に許容される塩を用いる:


(式中、RはOH基、O−低級アルキル基、アミノ基、N−置換アミノ基、アミノ酸残基、またはペプチド残基を示し、Mは薬学的に許容される金属を示す)。 (もっと読む)


【課題】p21(Waf1/Cip1)の発現促進剤の提供。
【解決手段】式(I)で示される化合物もしくはその塩、又は式(II)で示される第四級アンモニウム塩を含有するp21発現促進剤:


(もっと読む)


ヒトにおける角膜創傷治癒の促進のための5,6,7−トリヒドロキシヘプタン酸およびアナログの局所的眼用使用が開示される。一局面において、本発明の化合物は、角膜創傷または角膜混濁を処置するために使用され得る。特定の局面において、上記角膜創傷または混濁は、糖尿病;屈折矯正手術に起因する角膜フォトアブレーション;化学熱傷;真菌感染、ウイルス感染もしくは細菌感染の二次的炎症;コンタクトレンズ装着;外傷性損傷;または局所的薬物療法/保存薬、放射線(UV光を含む)、全身性自己免疫疾患、涙液膜異常(涙液欠損、脂質またはムチン欠損)に起因する欠損;神経栄養性欠損;または特発性欠損の結果である。
(もっと読む)


【課題】テトラサイクリン類似物を調製する新規合成アプローチを提供すること。
【解決手段】テトラサイクリン類の抗生物質は、過去50年間にわたって、感染症の治療において、重要な役を果たしてきた。しかしながら、医学および獣医学におけるテトラサイクリンの使用が増えるにつれて、以前にはテトラサイクリン抗生物質に感受性であった多くの生物体のうちで、耐性が生じている。記述されたテトラサイクリンおよびテトラサイクリン類似物のモジュラー合成により、以前のテトラサイクリン合成および半合成方法ではかつてアクセス不可能な種々のテトラサイクリン類似物およびポリサイクリンの効率的でエナンチオ選択的な経路が得られる。これらの類似物は、ヒトまたは他の動物の疾患を治療する際の抗菌剤または抗増殖剤として、使用され得る。 (もっと読む)


本発明は、外因性遺伝子の導入を伴わずに他の細胞(例えばグリア細胞)をニューロンに再プログラミングするための組成物および方法に関する。特に本発明は、生体サンプルへの形質導入が可能であるが、遺伝子ではない、または遺伝学的改変を起こさない形質導入可能物質に関する。本発明はまた、その形質導入可能な組成物を用いる生体サンプルの経路の再プログラミングおよび疾病の治療に関する。
(もっと読む)


31 - 40 / 378