説明

国際特許分類[A61K31/19]の内容

国際特許分類[A61K31/19]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K31/19]に分類される特許

31 - 40 / 621


【課題】食事補強剤、又は非インシュリン依存性糖尿病、高血圧及び/
又は代謝症候群の治療のための薬剤の調製に使用するための物質を提供すること。
【解決手段】栄養補助食品での使用、或いは非インシュリン依存性糖尿病、高血
圧及び/又は代謝症候群の治療のための薬剤の構成成分としてのビシクロ[3.2.
1]オクタンの化学構造、又はカウリンの化学構造を含んでなる物質。ビシクロ
[3.2.1]オクタンのみ、又はカウリン構造の独特な化学構造は、血漿グルコー
ス依存性の様式でインシュリンの分泌を高め又は増強する能力を有する、例えば
ステビオール、イソステビオール及びステビオサイドなどの物質を提供する。 (もっと読む)


【課題】ATPクエン酸リアーゼ阻害剤及び/又はトリカルボキシル酸輸送体阻害剤を用いて癌を有すると同定された個体を治療する方法を提供する。
【解決手段】ATPクエン酸リアーゼ阻害剤及び/又はトリカルボキシル酸輸送体阻害剤を用いて癌細胞内でアポトーシスを誘導する方法、高率の好気性解糖を有するとして癌を同定し、そしてATPクエン酸リアーゼ阻害剤及び/又はトリカルボキシル酸輸送体阻害剤を投与することを含む、癌を有する個体を治療する方法、及び、ATPクエン酸リアーゼ又はトリカルボキシル酸輸送体の発現を阻害する化合物を用いて癌を有する個体を治療する方法。 (もっと読む)


【課題】有益な有機物質を制御放出するための、特に有機物質を高用量で送達する必要がある状況で使用するための改善された剤型を提供する。
【解決手段】少なくとも一つの有益な有機物質が含浸された多孔性半導体を含み、前記有益な有機物質が、複合材料の重量を基準として、少なくとも15重量%の量で存在する、複合材料。このような材料を調製する方法、それらを含む薬学的組成物、治療の方法におけるそれらの使用。 (もっと読む)


【課題】極めて優れた効果を有する新規な難聴疾患の予防又は治療剤を提供する。
【解決手段】メチル基供与剤とヒストン脱アセチル化酵素阻害剤を配合してなる、難聴疾患の予防又は治療剤である。メチル基供与剤としてはL−メチオニン、D−メチオニン、S−アデノシルメチオニン等が、及びヒストン脱アセチル化酵素阻害剤としてはバルプロ酸ナトリウムが、それぞれ好適に利用される。 (もっと読む)


【課題】フケ等の原因菌であるマラセチア属菌に対して抗菌活性(抗真菌活性)を有し、しかも皮膚に対して安全性の高い、抗真菌剤、フケ抑制剤等の提供。
【解決手段】下記の一般式(1):


〔式中、Xは炭素数2〜14のアルキル基を示し、Yは炭素数1〜11のアルキレン基を示す。〕
で表される脂肪酸誘導体又はその塩を有効成分とするマラセチア属菌に対する抗真菌剤。 (もっと読む)


【課題】ニキビの予防・改善、アトピー性皮膚炎等の皮膚疾患の治療・予防に有用な抗菌剤の提供。
【解決手段】下記の一般式(1):


〔式中、Xは炭素数2〜14のアルキル基を示し、yは5〜15の整数を示す。〕
で表される脂肪酸誘導体又はその塩を有効成分とする抗菌剤。 (もっと読む)


【課題】グリチルレチン酸およびその誘導体を配合し、その抗炎症効果を顕著に高めた外用組成物の提供。
【解決手段】炭素数が18である脂肪酸を分子内に有するモノ脂肪酸ポリエチレングリコールおよびトリ脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタンからなる群から選ばれる一種以上とグリチルレチン酸またはその誘導体を配合した外用組成物。更には、グリチルレチン酸およびその誘導体からなる群より選ばれる一種以上を配合する外用組成物において、モノ脂肪酸ポリエチレングリコールおよびトリ脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタンのうち炭素数が18である脂肪酸を分子内に有する化合物からなる群から選ばれる一種以上を含有させることで、外用組成物の抗炎症効果を高めることが出来る。 (もっと読む)


【課題】高い抗炎症作用が期待され、かつ炎症によって引き起こされるかゆみ、痛み等の不快な症状を改善でき、更に優れた安定性と使用性を有するウフェナマート含有皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】下記成分(a)〜(f)を配合することを特徴とするウフェナマート含有皮膚外用剤である。
(a)ウフェナマート
(b)グリチルレチン酸又はそのエステル
(c)リドカイン
(d)油分
(e)界面活性剤
(f)水 (もっと読む)


【課題】多忙な現場での実手洗い時間を考慮した、短時間の使用であっても十分な程度の高い殺菌性を発揮することができる皮膚殺菌洗浄剤組成物を提供すること。
【解決手段】(a)成分:トリクロサン及び/又はパラクロロメタキシレノールを0.05〜2質量%;(b)成分:アルコール、及び;(c)成分:下記一般式:R2−O−(CH2CH2O)n−SO3M(式中、R2は炭素数8〜16の炭化水素基であり、nは平均付加モル数を示し、n=0〜3であり、Mはアンモニウムイオン、アルカリ金属イオン、アルカリ土類金属イオン又はアルカノールアンモニウムイオンである。)で示されるアニオン性界面活性剤を0.5〜35質量%含有し、さらに(d)成分:安息香酸塩、ソルビン酸塩、プロピオン酸塩及びサリチル酸塩からなる群より選択される少なくとも一種の化合物を含有する、皮膚殺菌洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】新規な細胞性免疫活性化剤、並びに細胞性免疫を活性化するための豚用飼料を提供すること。
【解決手段】少なくとも1種の炭素数6〜12の中鎖脂肪酸及び/又はその塩を有効成分として含む、細胞性免疫活性化剤。 (もっと読む)


31 - 40 / 621