説明

国際特許分類[A61K6/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 歯科用製剤 (1,570)

国際特許分類[A61K6/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K6/00]に分類される特許

1 - 10 / 453


【課題】酸性基含有重合性単量体を含有する歯科用接着性組成物において、その接着性を保持しながら、保存安定性を向上させ、酸性基含有重合性単量体が水の存在下でも、加水分解が有効に抑制できる歯科用接着性組成物を提供する。
【解決手段】酸性基含有重合性単量体(A1)を含む重合性単量体成分(A)、水(B)、及び水溶性有機溶媒(C)からなる歯科用接着性組成物において、前記組成物は、更に、トレハロース(D)を含有していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
酸素の存在する環境下で、酸素遮断材を用いなくても、表面未重合層をほとんど形成させずに硬化させることのできる硬化性組成物を提供する。
【解決手段】
硬化性組成物中に板状の形状を有するケイ酸塩鉱物を分散させて硬化させると、表面未重合層の形成が抑制できる。即ち、(A)ラジカル重合性単量体と、(A)ラジカル重合性単量体100質量部に対し、0.1〜10質量部の(B)板状型ケイ酸塩鉱物と、有効量の(C)ラジカル重合開始剤と、を含んでなることを特徴とする歯科用硬化性組成物が提供される。 (もっと読む)


【課題】 筆積み法にて使用される粉液型の接着性レジンセメントにおいて、充分かつ適当な大きさで粉吹きのないレジン泥の玉を作製することができ、硬化時間が早いものを開発すること。
【解決手段】 (A)(メタ)アクリレート系重合性単量体を含有してなる液材、並びに
(B)下記
b1)ポリメチルメタクリレート粒子の20〜90質量%、及び
b2)平均粒径が55〜100μmであり、球形状であるメチルメタクリレートとエチルメタクリレートとの共重合体粒子の10〜80質量%
を含有してなる粉材
とからなり、該(A)液材と(B)粉材の少なくとも一方には重合開始剤が含有されてなることを特徴とする、筆積み法で使用される粉液型歯科用接着性材料とする。 (もっと読む)


【課題】重合収縮を低減することができる複合粒子および硬化性組成物を提供する。
【解決手段】粒子表面2aに、高分子鎖3がグラフト結合され、高分子鎖3が、2種類のモノマーを共重合させたコポリマーを有し、2種類のモノマーは、当該複合粒子1が分散される重合性モノマーに対する親和性が異なるものであり、高分子鎖3のモノマー組成は、該高分子鎖3の粒子表面2aに結合している基端部側では、前記重合性モノマーに対する親和性の低いモノマーのブロック4とし、前記高分子鎖3の先端部側では、親和性の高いモノマーのブロック5としている。 (もっと読む)


【課題】生体組織から流出した血液を速やかに凝固させること。
【解決手段】発光ダイオード(LED)から発せられる、波長が380〜515nmの青紫のスペクトル帯域の光を生体組織から流出した血液表面へ照射すること。 (もっと読む)


【課題】
粉材と液材とを練和する粘膜調整材において、練和直後の操作性及び取扱い性が高く、かつ十分な厚さで義歯床の粘膜面に層形成でき、長期間に亘って厚さが保持され、さらに引き裂き強度が高く、長期間使用することができる粘膜調整材を提供する。
【解決手段】
(メタ)アクリル系非架橋ポリマー粒子及び可塑剤に加え、多孔質有機架橋ポリマーを配合すると、粘膜調整材の初期粘度が抑制されて練和直後の操作性及び取扱い性が向上するとともに、義歯へ盛り付け後は粘膜調整材の粘度が適度に上昇して、十分な厚さで粘膜調整材層を形成できる。さらに、粘膜調整材中のポリマー成分と可塑剤成分とが、多孔質有機架橋ポリマーの細孔内に浸透して保持されるため、高い引き裂き強度を有するとともに長期間に亘って厚さが維持される。 (もっと読む)


【課題】細菌繁殖を助長する物質が誘導され難いインプラント構造体を提供することを目的とする。
【解決手段】先端部21及び基端部22を有し、少なくとも先端部21側にネジTが形成された人工歯根本体2と、人工歯根本体2の基端部22における外周に設けられ、軟組織を誘導する誘導部3とを含む人工歯根4と、人工歯根4に取り付けられ、誘導部3の基端部22側の全面を覆う覆設部51を支台基端5P側に有する支台5とを備え、支台5は、覆設部51より支台5の先端5D側に、外周に沿って、段差部52が設けられたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】高い加水分解安定性を有する重合性フタル酸モノマーの提供。
【解決手段】一般式I:


の重合性フタル酸誘導体を含有する歯科材料。一般式Iにおいて、R1は、HまたはC1〜C5アルキル残基であり、R2は、H、フェニル、ベンジルまたはC1〜C8アルキル残基であり、Q1は、存在しないか、またはC1〜C15アルキレン残基であり、Q2は、存在しないか、または(n+1)価の脂肪族C1〜C20残基であり、そしてQ1およびQ2は、同時には非存在になり得ず、Q1およびQ2の炭素鎖はOまたはSにより介在され得、XおよびYは独立して、存在しないか、またはO、Sもしくは(-CO-NR4-)であり、R4は、H、CH3またはC2H5であり、n、mは独立して、1、2または3を意味し、R3は、H、CH3、C2H5、Cl、BrまたはOCH3であり、ベンゼン環の2個のカルボキシル基は、一緒になって無水物基を形成し得る。 (もっと読む)


【課題】 高い機械的安定性を保証するとともに可視領域でのセラミックの利点を利用する。
【解決手段】 一部分歯科用インプラントが、骨内にアンカーするためのアンカー部(12、32、52)と、利用されるべきエレメントを受容するための載置部(18、38、58)を有し、載置部(18)は、円錐台又は円錐形状を有し、かつ、アンカー部はシリンダ(円筒)形状を有し、アンカー部(12、32、52)と載置部(18、38、58)がグラインド可能かつ天然歯の色に近いジルコニアセラミックで一体的に形成されており、アンカー部(12、32、52)がネジ部分(14、34、54)を有し、溝(22)又は凹所(60)と平坦部(20)が載置部の外表面内に設けられており、アンカー部(12、32、52)は、微細構造を有し、不可視領域においてのみチタン又はチタン合金の熱スプレーコーティングでコートされていて骨化を促進するとともに、可視領域において天然歯に近い色を利用する。 (もっと読む)


【課題】 歯科用組成物の操作性が良好で、しかも、耐衝撃性に優れた義歯床等の重合硬化物が得られる歯科用組成物を提供する。
【解決手段】 レジンマトリックスモノマーとしての(メタ)アクリレート、ポリブタジエンジアクリレート、ポリブタジエンジメタクリレートに例示される液状の共役ジエン系モノマーまたはオリゴマー、または、スチレン−ブタジエンゴムに例示される共役ジエン系ゴム状(共)重合体等の共役ジエン系化合物を含有するポリメチル(メタ)アクリレートの粒子を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 453