説明

国際特許分類[A61K8/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057)

国際特許分類[A61K8/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/00]に分類される特許

21 - 30 / 2,535


【課題】大径化された充填口から吐出される湿式化粧料自体を密な均一状態にすることで、充填密度の均一性を高める。
【解決手段】貯留室6aには、供給管3から供給された湿式化粧料が貯留される。この貯留室6aは、供給管3に対して屈曲して連通しており、供給管の流路径よりも大きな流路径を有する。充填口7aは、貯留室6a内に貯留された湿式化粧料を吐出することによって、化粧皿を含む充填空間内に湿式化粧料を充填する。この充填口7aは、供給路3の流路径よりも大きく、かつ、貯留室6aの流路径よりも小さな流路径を有する。 (もっと読む)


色測定及び面積測定を使用する、ケラチン繊維の損傷評価方法。この方法は、ケラチン繊維の損傷の程度を評価するために有用であり、また、異なる由来の繊維、異なる繊維の部分、並びに/又は異なる化粧品処置、化学的処置、及び/若しくは機械的処置によって処置された繊維の、損傷を比較するためにも有用である。この方法はまた、処置の有効性についての広告内容を裏付けるためにも有用である。 (もっと読む)


【課題】使用者の嗜好に沿い且つ肌質にあった化粧料を用時調製し、肌感触等を評価させることのできる化粧料の製造方法の提供。
【解決手段】肌特性の度合を指標とした肌質分類法により肌質を少なくとも2つのタイプに分類し、さらにそれぞれのタイプを肌特性の度合に応じて複数の小区分に分類するステップと;当該分類された複数の小区分毎に、小区分に対応する基礎的サンプル化粧料を調製するステップ等の多段階ステップを有することを特徴とする化粧料の製造方法。 (もっと読む)


本発明は、目の輪郭の外観を美容の目的で変える方法を提供し、本方法は、少なくとも1つのパッチ(1)を動き得る上眼瞼に施与する工程を含み、パッチ(1)の施与面(Ia)が多方向曲率を有する所定の非平面状の形状を有するか、または少なくとも1つのパッチが眼瞼上で多方向曲率を取り応力を取り除いても前記曲率を維持するように非弾性変形することにより応力に応答するのに適した材料で製造される。 (もっと読む)


【課題】肌の悩みの元となるシミやソバカス等を隠しながら、立体感があると共に自然な仕上がりとなり、化粧持ちがする化粧方法を実現する。
【解決手段】化粧対象者に化粧料を施すための化粧方法であって、前記化粧対象者の正面顔から前記対象者の頬部位を特定するための特定部位を抽出する特定部位抽出手順と、前記特定部位抽出手順によって得られる複数の特定部位に基づき、前記化粧対象者の頬部位を塗布領域として抽出する塗布領域抽出手順と、前記塗布領域抽出手順によって抽出された塗布領域に対応する顔面上の領域に対して化粧料を施す化粧手順とを有することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


手動式のノンエアゾールタイプのディスペンサ(25)により生成された所望の泡状組成物を与える、比較的粘度の高いパーソナルケア組成物と組み合わせて使用される、手動式のノンエアゾールタイプのディスペンサ(25)。
(もっと読む)


要約
本発明は、以下の工程:
(1)ヒトケラチン質または衣類へ付香組成物(A)を直接適用する工程であって、付香組成物(A)が、化粧的に許容可能な媒体中に少なくとも1種の付香物質を含み、前記組成物が、ヘッドノートおよび/またはハートノートおよび/またはベースノートを有するフレグランスを生じる、工程、
(2)少なくとも1種の組成物(B)を摂食するまたは口内に配置する工程であって、組成物(B)が、身体内部からヒトケラチン質の外に匂いを発することが可能な少なくとも1種の食用付香物質を含み、前記食用付香物質は、組成物(B)が、組成物(A)によって生じるフレグランスのノートの少なくとも1種と共通する少なくとも1種のノートを有するフレグランスを生じるように選択される、工程
を含み、工程の順序は肝要でなく、組成物(A)および組成物(B)の適用は場合によって同時または別時である、付香方法に関する。
組成物(B)は、
a)経口適用に適した支持体中に、少なくとも1種の食用付香物質(1)を含む、少なくとも1種の組成物(B1)であって、食用付香物質(1)が、摂食後または口内に配置した後に、身体内部からヒトケラチン質の外に、4時間30分未満でその拡散が最大に達する香りを生じることができる、組成物(B1)、および
b)経口適用に適した支持体中に、少なくとも1種の食用付香物質(2)を含む、少なくとも1種の組成物(B2)であって、食用付香物質(2)が、摂食後または口内に配置した後に、身体内部からヒトケラチン質の外に、4時間30分以上でその拡散が最大に達する香りを生じることができる、組成物(B2)
を含み得る。 (もっと読む)


【課題】 皮膚角層中の酸化タンパク質とシワ形成性との関係を解明するとともに、通常は加齢に伴って増加する角層中の酸化タンパク質を強制的に増加させ、当該部位においてシワを強制的に再現し、その結果生じる皮膚形状の変化を測定することにより、皮膚のシワ形成のし易さを適切に評価できる方法を提供する。
【解決手段】 被検者の皮膚の所定部位に酸化剤を適用し、次いで前記酸化剤適用部位を含む皮膚表面を圧縮する及び/又は屈曲させることにより強制的にシワを形成させ、形成されたシワの深さを測定することを特徴とする、シワの形成し易さの評価方法。 (もっと読む)


本発明は、式(I)、[式中、R1及びR2が、それぞれ、水素原子又はメチル基もしくはエチル基を示し、かつR3が、飽和又は不飽和の直鎖、分枝鎖又は環状基の形のC5〜C8基を示す]のエステルである、いくつかの付香成分に関する。
(もっと読む)


本発明は、一般に、分子鋳型ポリマー(MIP)に関する。詳細には本発明は、比較的多量に製造しうる、再使用可能で環境に優しいMIP、それを製造する方法、およびそれを使用する(例えば、標的化合物(例えば、マイコトキシン)を捕捉および/または吸着する)方法に関する。本発明の組成物および方法は、食餌療法、予防、食物および飲料用の加工および製造に加え、研究、品質管理およびトレーサビリティへの適用をはじめとし、様々な適用において用途を見出す。 (もっと読む)


21 - 30 / 2,535