国際特許分類[A61K8/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057)

国際特許分類[A61K8/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/00]に分類される特許

1 - 10 / 2,535



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】 毛髪の資質は、人により区々であり、パーマネントの処理をするさいに、美容師の勘と経験を頼りとして施術するので、パーマのかかりが区々となったり、毛髪にダメージを与えたり、希望通り仕上がない等のトラブルが発生する。この問題を解決するには、毛髪の寸法、及び弾力等の正確な測定と、この測定に沿った使用薬剤と、捲装力による巻付け等を的確に選定し、かつパーマネントの処理をする必要がある。
【解決手段】 本発明は、毛髪の太さと弾力とを測定した後に、経験則でデータ化した資料を基にして、使用薬剤の選択と、ロッドに毛髪を巻く捲装力と、を調整し、最適な施術を行う構成としたパーマネントの処理方法である。 (もっと読む)


【課題】個々の顧客に適合させた化粧品を製造および/または選択するための方法を提供する。
【解決手段】本方法は、測定された特性a1ないしanのうちの1つについて重み係数τ1ないしτnを決定する段階と、式ap11a1; ap22a2; …; apnnanに従って重み付けされた特性を計算する段階であって、ここで、a1ないしanは特性の測定値であり、τ1ないしτnは測定値a1ないしanのそれぞれに適用される重み係数であり、重み係数τ1ないしτnのうちの少なくとも1つは1とは異なり、ap1ないしapnは計算された重み付けされた特性である、段階と、各特性a1ないしanについて比Rn=apn/amnを計算することによって、各特性ap1ないしapnを各特性のあらかじめ記録された平均値am1ないしamnと比較する段階と、その比Rnが所定の閾値よりも小さいまたは大きい重み付けされた特性に従って少なくとも1つの化粧品組成物を調製する段階とを有する。 (もっと読む)


【課題】酵素生地及び醸造生地を製造する方法と、パン、中華饅頭、饅頭及びベーグルを素早く発酵させる方法とを提供する。
【解決手段】酵素補助酵母を製造する方法は、野菜及び果物を洗い、水を加えて磨砕し、基質液を作るステップS1と、600gの基質液と、20〜3000gの生地とを十分撹拌して混合するステップS2と、基質液と生地との混合物を密封桶に入れ、発酵温度5〜30℃、発酵時間0〜90日間発酵させるステップS3とを含む。 (もっと読む)


【課題】 頭頂部のハゲをなくすことである。
【解決手段】 頭部をたてに反復運動することによって、首の筋肉に負荷を与えることである。 (もっと読む)


【課題】ヒトの皮膚の視覚的魅力を改善するために、反射変性剤を塗布するための好適なシステムおよび方法を提供すること。
【解決手段】コンピュータ制御システムは、ヒトの皮膚のエリアであるフレキセルの属性を決定し、一般に皮膚をより若々しく且つより一層魅力的に見せるために、変性剤(RMA)を画素レベルで塗布する。当該システムは、フレキセルをスキャンし、魅力的でない属性を識別し、一般にインクジェットプリンタでRMAを塗布する。識別される属性は反射率に関するものであり、不規則に見える濃淡の斑、老斑、傷、および痣等の特徴を指す場合がある。識別される属性はまた、皮膚の表面トポロジに関するものであってよく、より正確には、瘤およびシワ等のムラを改善することである。 (もっと読む)


【課題】スラリーのフロント充填において、充填空間における充填圧の均一性を高める。
【解決手段】化粧皿が収容された充填空間1aの上部開口を、充填ヘッドの下面で覆った後、注出口3cからスラリーを吐出して、充填空間1aにスラリーを充填する。ここで、注出口3cは、充填空間1aの中心Cから水平方向にオフセットした位置に設けられ、かつ、この中心C側に向かって開口している。 (もっと読む)


【課題】耐衝撃性と成形収率との両立が図られた固形粉末化粧料を容易に製造できる方法を提供すること。
【解決手段】成形用凹部34内に原料粉末10’を充填し上杵32によって該原料粉末10’をプレスするか、又は、上杵32と下杵33との間に、原料粉末10’を成形用凹部34内に充填した状態で配置し、両杵間で該原料粉末10’をプレスして固形粉末化粧料10を製造する方法である。成形用凹部34は、平面視での内壁34aの輪郭34’が、3本以上の直線状の辺部22と、隣り合う2本の辺部22間に位置するコーナー部23とを備えた多角形の形状である。上杵32と原料粉末10’とが当接している状態において、コーナー部23での上杵32と成形用凹部34の内壁34aとの隙間をt1とし、辺部22での上杵32と成形用凹部34の内壁34aとの隙間をt2としたとき、t2>t1となる条件下にプレス成形を行う。 (もっと読む)


【課題】化粧水のなじみ及び浸透感を良好としうる美容方法及び美容装置を提供する。
【解決手段】洗顔を行なう洗顔ステップと化粧水を被施術者の顔に塗布する化粧水塗布ステップとを有し、前記洗顔ステップの実施後で前記化粧水塗布ステップの実施前に、前記被施術者の顔に対して温度変化を与える温度変化ステップを実施する。また、温度変化ステップに、被施術者の顔の温度を通常の皮膚表面温度よりも高くする温めステップと、被施術者の顔の温度を通常の皮膚表面温度よりも低くする冷やしステップを設ける。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,535