説明

国際特許分類[A61K8/04]の内容

国際特許分類[A61K8/04]の下位に属する分類

乳化 (1,750)

国際特許分類[A61K8/04]に分類される特許

321 - 330 / 353


本発明は、水溶性又は水分散性重合体を含むマトリックスであって疎水性相が分散されたものを含む乾燥エマルジョンにおいて、該乾燥エマルジョンが非ポリアルコキシル化界面活性剤を含み、該マトリックス中に含まれる該水溶性又は水分散性重合体が疎水性単位を含むポリカルボキシレートであることを特徴とする乾燥エマルジョンに関するものである。 (もっと読む)


本発明は、表面改質無機ナノ粒子を含むエマルジョンに関する。 (もっと読む)


【課題】
容易に除去出来る「ウォータープルーフ」タイプのケラチン物質をメイクアップ及び/又はケアする組成物の提供。
【解決手段】
水性連続相を有し、かつジエチレングリコール、シクロヘキサンジメタノール、イソフタル酸、及びスルホイソフタル酸の縮合により得られるコポリマー以外のポリマーの粒子の少なくとも1の水性分散物、少なくとも1のワックス、少なくとも1のポリ電解質、及び少なくとも1の塩を含み、該ポリマーは、組成物の総重量に対して5重量%以上の固形分で存在する組成物。 (もっと読む)


本発明の対象は、シリコーンで変性されたエチレン系不飽和モノマーのポリマーを、それらの水性ポリマー分散液又は水中に再分散可能なポリマー粉末の形で製造する方法であって、A)プレポリマーを、1つ又はそれ以上のエチレン系不飽和のモノマーと、エチレン系不飽和基を有する少なくとも1つのシリコーンマクロマーとの重合により製造し、かつ単離し、B)こうして得られたプレポリマーを、1つ又はそれ以上のエチレン系不飽和モノマー中に溶解させ、C)この溶液を水中に乳化させかつラジカル重合させ、かつ場合によりD)こうして得られた、シリコーンで変性されたポリマーの水性分散液を乾燥させることにより特徴付けられる。 (もっと読む)


本発明は、カプセルコア(ここで、該カプセルコアは、水溶性有機物質を含んでいる)とカプセルシェル(ここで、該カプセルシェルは、本質的に、ポリイソシアネートと多官能性アミンの反応生成物で構成されている)を有するマイクロカプセルを疎水性溶媒中に含んでいるマイクロカプセル分散液に関し、さらにまた、それらの調製方法、及び、さらに、対応するマイクロカプセル分散液から得ることができるマイクロカプセルにも関する。 (もっと読む)


ヘアコンディショニング組成物であって:カチオン性界面活性剤;高融点脂肪化合物;及び水性キャリアを含み、この際、該カチオン性界面活性剤、該高融点脂肪化合物、及び該水性キャリアが、層状ゲルマトリックスを形成し;該ラメラ層のd−空隙部が、33nm以下の範囲内であり;及び、該組成物が、26.7℃にて約30Pa以上の降伏応力を有する、ヘアコンディショニング組成物が開示される。本発明の組成物は、改善されたコンディショニング効果を提供し、特に濡れた毛髪へ適用する際のつるつる感を改善する。
(もっと読む)


少なくとも1つの自由なヒドロキシル基を有する、ジカルボン酸とポリオールとのオリゴエステルの脂肪族エステル、詳細には、式(I):R1−[OR2O−C(O)−R3−(O)C]m−R4(I)(式中、R1はH、モノカルボン酸基、又はR6O−[C(O)−R3−(O)C]−基;R2は置換基のないヒドロキシル基を少なくとも1つ有するポリオール残基;R3はヒドロカルビレン基;R4は−OH、−OM(Mは塩を生成する金属、アミン、又はアンモニウム基)、−OR6基、又は−OR2O−R7基;R5はC7〜C21ヒドロカルビル基;R6はC8〜C22ヒドロカルビル基;R7はH、又は−C(O)R5基;及びmは1〜20であり、R1及びR4のうち少なくとも一方が、C7〜C21ヒドロカルビル基を含有する基であるか、その基を含んでいることを条件とする)は、界面活性剤である。一連の界面活性特性が、これらの範囲内で分子を変化させることによって得られる。特にR2基が、ソルビトールなどのより多価のポリオールに由来し、R3基がC2〜C6で、かつ脂肪族末端基がC8〜C14である場合、生成物を水溶性が高くて効果的な水中油滴乳化剤とすることができる。 (もっと読む)


【課題】新規な水性真珠光沢濃縮物を提供する。
【解決手段】上記課題は、水性ではないときの比率で、(a)1〜99.1重量%の脂肪アルコール、脂肪ケトン、脂肪エーテルおよび脂肪カーボネートからなる群から選択される油脂(これらの物質は合計して少なくとも18個の炭素原子を含有する)、(b)0.1〜90重量%の陰イオン性、非イオン性、陽イオン性、両性および/または双性イオン性乳化剤、および(c)0〜40重量%のポリオールを、合計が100重量%になるように含有する新規な水性真珠光沢濃縮物により解決される。 (もっと読む)


本発明は、アクリル酸および/またはアクリル酸と水溶性モノマーとの、水中における制御されたラジカル重合方法に適した、硫黄化合物を使用することによって製造したポリマーに関する。前記発明は、また、分散剤または粉砕助剤および/または水性懸濁液中の鉱物材料の複合粉砕用助剤の形態での、または鉱物材料を含有する水性配合物中に直接取り込まれた分散剤の形態での、前記ポリマーの使用に関する。また、こうして得られた鉱物材料の配合物も開示する。 (もっと読む)


ポリテトラメチレングリコールと揮発性材料(例えば、香料)とを含む組成物は、前記揮発性材料を持続的に放出することができ、液体及びクリーム製品に容易に分散される。 (もっと読む)


321 - 330 / 353