説明

国際特許分類[A61K8/04]の内容

国際特許分類[A61K8/04]の下位に属する分類

乳化 (1,750)

国際特許分類[A61K8/04]に分類される特許

341 - 350 / 353


【課題】予備分散の必要性を避けるために日焼け止めやその他の調合品に直接、有機UVフィルターを安定的に分散させる便利な方法を提供する。
【解決手段】(i)金属酸化物が250ナノメーター以下の平均粒子サイズをもち、(ii)金属酸化物が鉄酸化物以外のもので、(iii)コロイド状のミクロ結晶性セルロースがポリマーバインダーで共処理されておりそして(iv)金属酸化物が分散物の合計重量の少なくとも0.6wt%の量で存在することを特徴とする、金属酸化物を添加する前に或いは同時にコロイド状のミクロ結晶性セルロースを水中に分散させそして安定な金属酸化物の分散物を回収する金属酸化物の水中への安定的分散方法。 (もっと読む)


【課題】化粧料組成物に配合される顔料、紫外線防御剤、抗菌剤、抗フケ剤等の水不溶性微粒子を水系に分散させた場合、一次粒子として微粒子が凝集し、微粒子本来の特性が阻害されるため、一次粒子の凝集を防ぐ分散性が良好で、更に分散時の高いペースト粘性の低減効果に優れる化粧料用分散剤、及び該分散剤を含む化粧料組成物を提供する。
【解決手段】共重合体1分子中にポリアマイドポリアミン基、ポリアルキレングリコール基を含む両性型共重合体で、(A)不飽和基を有するポリアマイドポリアミンアルキレンオキサイド付加物、(B)(メタ)アクリル酸またはその塩、(C)ポリアルキレングリコールと(メタ)アクリル酸とのエステルを(A):(B):(C)=5〜85:5〜85:5〜85(質量%)で合計が100質量%の割合で共重合させた、両性型共重合体である化粧料用分散剤及び該分散剤を含有する化粧料組成物。 (もっと読む)


モル過剰のアニオノゲン性基および/またはアニオン性基を含有する両性コポリマーと、そのような両性コポリマーを含有する高分子電解質複合体と、少なくとも1種のそのようなコポリマーまたは高分子電解質複合体を含有する化粧組成物および医薬組成物と、これらのコポリマーおよび高分子電解質複合体の使用と、が記載されている。 (もっと読む)


水50〜95質量%、疎水化二酸化ケイ素粉末、少なくとも1種の水溶性又は水性媒体中で分散可能又は乳化可能な化粧品関連の作用物質又は助剤、及び粘度調節剤を含有する、クリーム又はペースト状の粘稠度の薄塗り可能な化粧用調製物。該化粧用調製物は、水中の、少なくとも1種の化粧品関連の作用物質及び/又は助剤及び場合により少なくとも1種の顔料の溶液又は分散液に、混合下に、少量ずつ又は連続的に、疎水化ケイ素粉末を添加し、疎水化二酸化ケイ素粉末の添加の後にもとの粉末状で存在する混合物がペースト状の粘稠度を得るまで混合を継続し、次いで粘度調節剤を添加し、場合により、粘度調節剤の添加の前に、該添加の際に一緒に、又は該添加の後に、混合下に場合により少なくとも1種の油体を添加することにより製造される。該化粧用調製物は、ペースト、クリーム、ゲル、ペンシル、フォーム、エマルション、分散液、ロールオン、ローションにおいて使用することができる。 (もっと読む)


疎水性活性材料(A)を含有し及び/又はこれから成る疎水性相(O)を有するエマルジョン(E)であって、
− 連続相(O)、水性分散相(Wi)、及びこれら二相の界面における水溶性若しくは安定剤(Di)としての水分散性多糖(これは平均重合度(DP)が少なくとも1.5、好ましくは少なくとも20であり、1%水溶液としてのブルックフィールド粘度(25℃)が20000mPa.s未満であり、親油性のポリオルガノシロキサン置換基をもたない。)を有する内部逆エマルジョン(Ei)と、
− 該内部エマルジョン(Ei)が分散している水性若しくは水混和性の外部相(We)と
を含む複合エマルジョン(Em)の形態にあるか、
或いは、複合エマルジョン(Em)として水中に分散可能な固体の形態(Es)にあるエマルジョン(E)。該エマルジョン(E)は、水性媒体中(B)で使用されると、該水性媒体(B)中に存在するか又はこれに接触している基材(S)へ、疎水性活性材料を運搬することができる。 (もっと読む)


本発明は、テレビ、コンピュータおよび携帯電話などの日用電気製品から発生する電磁場によって生じる被害から皮膚を防御するために皮膚に局所適用する化粧品または医薬組成物に関する。当該組成物には、周囲電磁波を低減する効果的な量の唯一の磁性成分としての少なくとも1種の単磁区磁石と、非磁性イオン成分が含まれる。当該唯一の磁性成分は、グラナタイトを含み、且つ、本発明にかかる組成物が水中油型エマルジョンである場合には、当該組成物中で特によく作用する。 (もっと読む)


本発明は磁気的にハードな粒子および他の活性成分を含む化粧用および皮膚科用製剤に関するものである。前記製剤は保磁力が80,000から1,600,000A/mの範囲であり、0.0001と2重量%の間の磁気的にハードな粒子、好ましくは80と550nmの間のバリウムヘキサフェライト単結晶、0.0001と0.05重量%の間の50と95nmの粉砕翡翠石、および化粧用または皮膚科用補助剤およびキャリヤ物質を100重量%まで含む。本発明はまた前記製剤を精製する方法、および皮膚におけるミクロ循環、ミクロ循環の局所制御、および免疫防御を増加するためのその使用に関するものである。 (もっと読む)


記載された、モノアシルグリセリド及びジアシルグリセリド含有乳化剤の酵素による製造方法の際には、第1の方法工程a)で、リン脂質成分及びトリアシルグリセリド成分からなる混合物を装入し、引き続き方法工程b)で、このように得られた混合物に前記混合物の水含量が3〜15質量%になるような量の(ホスホ)リパーゼ含有水溶液を添加する。引き続き、方法工程c)で、前記工程から得られた混合物を20〜80℃の温度で、少なくとも2時間にわたって反応させ、かつ引き続きこの混合物を乾燥させる。粗ソーヤレシチン及び植物油及び/又は動物油が特に適した成分であることが判明し、これらを酵素成分であるリパーゼ及び/又はホスホリパーゼからなる混合物と共に反応させる。従来では通常である、有機溶剤、ポリオール又はイオン性添加物なしで、並びに少ない水割合で成功する前記方法を用いて、乳化剤が得られ、リゾリン脂質及びモノアシルグリセリド/ジアシルグリセリドからなる前記乳化剤の組成は狙いを定めて調整されてよく、前記乳化剤(これは液状でも得られる)は、食料品分野及び化粧品分野で使用される。 (もっと読む)


燃料以外の非極性液体を10〜98重量%および連続相極性液体を2〜88重量%を含む二液型発泡体であって、連続相中にC〜Cアルコール、液体ポリエチレングリコール、エチレングリコール、またはプロピレングリコール、あるいはこれらの混合物を連続相の重量に対して少なくとも65重量%含み、20〜50のアルコキシ基を含有するひまし油/ポリ(アルキレングリコール)付加物、C〜C24脂肪酸、または20〜60のアルコキシ基を含有する水添ひまし油/ポリ(アルキレングリコール)付加物、あるいはこれらの混合物から選択された、製剤全体の0.05〜2重量%を占める界面活性剤によって安定化される二液型発泡体。C〜Cアルコール、液体ポリエチレングリコール、エチレングリコール、またはプロピレングリコールに関しては少なくとも65重量%の含有量を有する安定な分散体であって、1〜80重量%の二液型発泡体および99〜20重量%の水性ゲルを含む安定な分散体。 (もっと読む)


口腔ケア組成物に用いるための重合体で、単量体単位の加水分解性側基に共有結合させた活性物質と、重合体の主鎖と加水分解性側基の間に位置したスペーサー基とを含有する単量体反復単位を有し、活性物質を放出するための所定の早い水性加水分解速度を有する重合体。 (もっと読む)


341 - 350 / 353