国際特許分類[A61K8/04]の内容

国際特許分類[A61K8/04]の下位に属する分類

乳化 (1,750)

国際特許分類[A61K8/04]に分類される特許

31 - 40 / 353


【課題】化粧効果の持続性に優れ、また肌への感触、伸展性など使用感触が良好で、使用時の粉っぽさがなくしっとり感があり、さらには仕上がりのツヤ感においても高い効果のある粉末化粧料を提供する。
【解決手段】次の成分(A)〜(D)を用いて調製された粉末化粧料。
(A)疎水化処理された無機白色顔料
(B)シリコーン粉末の分散液
(C)油剤
(D)窒化ホウ素 (もっと読む)


【課題】パーマネントウェーブ施術に起因する不快臭を十分に防止し、毛髪や頭皮へのダメージを低減するとともにカール維持力に優れた消臭エアゾール製品を提供する。
【解決手段】本発明の消臭エアゾール製品は消臭剤を含む消臭剤溶液および噴射剤を耐圧性のエアゾール容器に充填してなり、消臭剤溶液は、消臭剤溶液および噴射剤の総質量に対して0.5質量%以上1.3質量%以下のグリオキサールを含むところに特徴を有する。消臭剤溶液はクエン酸、酒石酸、乳酸、レブリン酸およびその誘導体から選ばれる化合物を消臭剤溶液および噴射剤の総質量に対して0.1質量%以上0.5質量%以下添加するとともに、アルカリ金属の水酸化物を添加することによりpHが6.5以上6.8以下に調整されているのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ヒトにおけるこれらの全ての使用が、経口投与または実験的調製物の使用に制限されていたにも関わらず、本出願人は、アイバメクチンを含むヒトの治療を企図した局所的製薬組成物を開発した。更に本出願人は、驚くべきことに、本発明に係る組成物が、特に各種のpHでの非常に良好な安定性と、皮膚に対する良好な慣用を示すことに注目した。実際、それは皮膚科学的疾患の治療に特に適しており、とりわけしゅさの治療に非常に適していることを見出した。
【解決手段】本発明は、しゅさの治療を企図した局所的製薬組成物の製造のためのアイバメクチンの使用に関する。本発明はまた、アイバメクチンを含むヒトでの使用を企図した局所的製薬組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】ジェル状の組成物を霧状で吐出することを特徴とするミスト化粧料において、べたつき感なく整髪することができ、整髪力と再整髪性に優れた効果を発揮する整髪剤用ミスト化粧料の提供。
【解決手段】ポンプ式ディスペンサー又はトリガー式ディスペンサーにより、内容物を霧状で吐出してなる整髪剤用ミスト化粧料であって、該内容物が、(A)無水ケイ酸および/又は疎水化無水ケイ酸、(B)スメクタイト族粘土鉱物、並びに(C)エタノールを含有してなるジェル状組成物であることを特徴とする整髪剤用ミスト化粧料とする。所望により、(D)多価アルコールを含有させることができる。 (もっと読む)


【課題】経時安定性が良好であり、保湿効果が高く、べたつきが無く、かつ使用感に優れた油中水型乳化化粧料の提供。
【解決手段】油中水型乳化化粧料の全質量を基準として、0.5〜15質量%のシリコーン系界面活性剤(A)、0.5〜20質量%の油剤(B)、0.01〜3質量%の油ゲル化剤(C)、0.05〜3質量%のカルボキシルエチルセルロース(D)、及び59〜98質量%の水(E)を含む油中水型乳化化粧料。 (もっと読む)


【課題】美白効果を有し、保存安定性及び使用感に優れた、スティック状の化粧料組成物を提供する。
【解決手段】アスコルビン酸グルコシド(a)、酸化チタン(b)、ペンチレングリコール及び/又はソルビトール(c)、炭化水素ワックス(d)、HLB7以下のソルビタン脂肪酸エステル及び/又はポリグリセリン脂肪酸エステル(e)、液状油(f)並びに水(g)を含有し、上記炭化水素ワックス(d)は、配合量が合計で上記スティック状乳化組成物総量に対して5.0〜30.0質量%であり、一部が又は全部がポリエチレンワックスであるスティック状乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】スキンケア化粧品など水溶性薬剤やエタノールを配合した化粧料を炭酸ガスを噴射剤として安定して発泡しながら噴射することができる泡沫皮膚外用エアゾール剤を提供する。
【解決手段】(A)所定の水溶性エチレン性不飽和モノマーの混合物を重合反応させて得られるアニオン性増粘剤0.1〜5.0質量%と、(B)水溶性薬剤と、(C)エタノールと、を含有する組成物を原液とし、炭酸ガスを噴射剤とするエアゾール剤であって、該エアゾール剤がエアゾール容器から発泡しながら噴射する泡沫皮膚外用エアゾール剤。 (もっと読む)


【課題】高いセット性と再整髪性を持ちながら、スプレー、ミスト、ワックス状など幅広い製剤の自由度を有する共重合体と、この共重合体を含む化粧料用組成物を提供する。
【解決手段】一般式(1)で表されるビニルモノマー(A)と他のビニルモノマーを含み、30℃未満の水に溶解せず、低温から昇温する際に−25℃〜40℃の間に吸熱開始点を有する共重合体と、この共重合体を含む化粧料用組成物。


(Rは水素原子またはメチル基、Rは炭素数2〜4のアルキレン基、Rは水素原子または炭素数1〜3のアルキル基、mは1〜100) (もっと読む)


【課題】高い顔料比率、および長期間安定な顔料組成物を提供する。
【解決手段】少なくとも1種の顔料および40、000g/mol未満の重量平均分子量を有するポリビニルピロリドンを含む水性分散体。該ポリビニルピロリドンが、10、000g/mol以下の重量平均分子量を有する水性分散体。該粒子の少なくとも90%が、レーザー粒径分析器を用いて測定して、100nm超のサイズを有する水性分散体。該粒子の少なくとも98%が、レーザー粒径分析器を用いて測定して、100nm超のサイズをする水性分散体。 (もっと読む)


【課題】泡質、皮膚刺激感、感触及び安定性の全てにおいて十分に満足のいくフォーマー容器入り液体洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】(A)界面活性剤と(B)多価アルコールを含有するフォーマー容器入り液体洗浄剤組成物であって、(A)界面活性剤が、(a1)N−アシルグルタミン酸系アニオン性界面活性剤、(a2)下記一般式(1)で表されるベタイン型両性界面活性剤及び(a3)高級脂肪酸石鹸を含有することを特徴とする、フォーマー容器入り液体洗浄剤組成物


(式中、Rは炭素数6〜20のアルキル基を示し、Rはメチル基、エチル基、又はヒドロキシエチル基を示し、R3はメチル基、エチル基、又は−CHCOOH基を示し、nは1〜3の整数を示す。) (もっと読む)


31 - 40 / 353