説明

国際特許分類[A61K8/34]の内容

国際特許分類[A61K8/34]に分類される特許

51 - 60 / 3,112


【課題】有効成分として美白効果を発揮する化合物を水溶化させた状態で含有し、高い保存性及び高い浸透性を示す美白用組成物を提供すること。
【解決手段】タンパク質粒子及びプテロスチルベンを有効成分として含有する美白用組成物。 (もっと読む)


【課題】乳化安定性に優れ、べたつき感に寄与する塗布後の乾きの遅さを改善し、優れた制汗効果を持続させることができるとともに、洗浄時の肌からの洗い落ちにも優れた効果を発揮する乳化型制汗化粧料の提供。
【解決手段】(A)制汗成分、(B)HLBが2〜8のグリセリン脂肪酸エステル型非イオン性界面活性剤、(C)HLBが12〜18の非イオン性界面活性剤、(D)高級アルコール、並びに(E)シリコーン油(E1)および/又は脂肪酸エステル油(E2)を含有してなる乳化型制汗化粧料とする。所望により、(F)殺菌成分を含有させることができる。 (もっと読む)


【課題】有効成分として抗老化作用を発揮する化合物を水溶化させた状態で含有し、高い保存性及び高い皮膚浸透性を示す皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】タンパク質粒子及びプテロスチルベンを含有する皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】ツヤとうるおいを付与でき、セットおよび再整髪が容易にできるスタイリング化粧料を提供する。
【解決手段】本発明のスタイリング化粧料は、スタイリング化粧料全体に占める割合で、(A)ハチミツ:30質量%以下(0質量%を含まない)、および(B)糖アルコール:30質量%以下(0質量%を含まない)を夫々含有し、(A)ハチミツと(B)糖アルコールの質量比[(A):(B)]が0.1:1〜2:1である。 (もっと読む)


【課題】 リンゴ酸ジイソステアリルを含む油相の平均粒子径が小さい水中油型毛髪処理剤を提供する。
【解決手段】 下記原料(A)、(B)、及び(C)が配合された水中油型毛髪処理剤。
原料(A):リンゴ酸ジイソステアリル
原料(B):ソルビトール及び/又はジプロピレングリコール
原料(C):ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 (もっと読む)


【課題】微生物由来の毒素産生を抑制することにより、微生物による皮膚表面での様々なトラブルを抑制する皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】下記一般式(a1)で表される化合物及び一般式(a2)で表される化合物から選ばれる1種以上の化合物(A)、並びに炭素数2〜3の1価アルコール(B)を、それぞれ特定範囲で含有する、微生物の毒素産生抑制に用いる皮膚外用剤。
1−OH (a1)
(式中、R1は炭素数9〜18の炭化水素基を示す。)
2−O−(EO)n−H (a2)
(式中、R2は炭素数8〜18の炭化水素基を示し、EOはエチレンオキシ基を示し、nは1〜15の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】安定性が高く、皮膚美白効果に優れた化粧料を提供する。
【解決手段】2−エチル−ヘキサン酸2−(2−エチル−ヘキサノイルオキシ)−シクロヘキシルエステルと、ハイドロキノン配糖体またはその誘導体、L−アスコルビン酸またはその誘導体、レゾルシノールまたはその誘導体、トラネキサム酸またはその誘導体、コウジ酸および胎盤抽出物からなる群より選択される一種または二種以上の美白成分とを含有する化粧料を提供する。 (もっと読む)


【課題】皮膚の水分蒸散を抑制し、皮膚柔軟性に優れ、さらに油膜の持続性、べたつきの無さ、経時安定性に優れる皮膚柔軟化用皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】
次の成分(A)〜(C);
(A)デキストリンと脂肪酸とのエステル化物であって、デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して50mol%より多く100mol%以下、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0mol%以上50mol%未満を含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステル
(B)融点35℃以上の固形油
(C)25℃において液状の高級アルコール
を含有することを特徴とする皮膚柔軟化用皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】微生物の増殖を妨げることなく毒素産生を抑制する毒素産生抑制剤の提供
【解決手段】下記一般式(a1)で表される化合物及び一般式(a2)で表される化合物から選ばれる1種以上の化合物(A)を含有する、微生物の毒素産生抑制剤。
1−OH (a1)
(式中、R1は炭素数9〜18の直鎖又は分岐鎖のアルキル基又はアルケニル基を示す。)
2−O−(EO)n−H (a2)
(式中、R2は炭素数8〜18の直鎖又は分岐鎖のアルキル基又はアルケニル基を示し、EOはエチレンオキシ基を示し、nは1〜15の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は製剤として必要な硬さを持ちながら、水溶けもよく、シャンプー後の湿った毛髪に対して、吸着性がよく、のびがよい等のヘアーコンディショニングに求められる品質の多くを改良した組成物を得ることにある。
【解決手段】
以下の成分を含むO/W型エマルジョンのヘアーコンディショニング組成物が本課題を解決する。
A.陽イオン界面活性剤
B.ポリグリセリン変性シリコーン、油溶性N−長鎖アシル酸性アミノ酸エステルから選択される1種以上
C.高級アルコール10〜30重量%
D.グリセリン15〜40重量%
で且つ、以下の条件を満たす。
A:C=1:1〜1:10で、C:D=5:4〜1:4(重量比) (もっと読む)


51 - 60 / 3,112