国際特許分類[A61K8/38]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057) | 組成に特徴があるもの (45,906) | 有機化合物を含むもの (23,702) | 酸素を含むもの (9,452) | 過酸化物,例.過酸 (101)

国際特許分類[A61K8/38]に分類される特許

1 - 10 / 101


【課題】歯を白化する組成物を提供すること。
【解決手段】組成物が提供され、ここでこの組成物は、水膨潤性で、水不溶性のポリマー、親水性ポリマーと親水性ポリマーに水素結合し得る相補的なオリゴマーとの混合物、および白化剤、好ましくは過酸化物を含む。組成物は、歯を白化する組成物としての有用性を見出し、白化することを必要とする歯に適用され、次いで、白化の程度が達成される場合、取り除かれる。特定の実施形態において、この組成物は光透過性である。組成物を調製および使用するための方法もまた、開示されている。 (もっと読む)


【課題】癖毛の修正と毛染めを毛髪のダメージを少なく、短時間に経済的負担を少なく行う方法の提供。
【解決手段】システアミン塩酸塩または1−チオグリコールを還元剤とし縮毛矯正用アイロンを使わず、ヘアーブラシとブローで癖毛を伸ばし、酸化剤として染毛剤第一剤と染毛剤第二剤の混合物を使用することにより毛髪のダメージを少なく癖毛の修正と染毛を同時に行うことができた。 (もっと読む)


【課題】ケラチン繊維、特にヒトのケラチン繊維、具体的には毛髪を染色するためであって、既存の直接染料の不都合を有さない新規な方式を提供すること。特に継続的なシャンプーに対して非常に堅ろうである色あざやかな着色を得ることを可能にする直接染色方式を提供すること。
【解決手段】本発明の対象は、特定のジスルフィド染料を含む染色組成物およびその組成物を使用して毛髪等のヒトのケラチン繊維を染色する方法であり、該組成物は、特に堅ろうで色あざやかな着色を得ることを可能にする。 (もっと読む)


【課題】食用色素又は化粧品色素を含むヘアカラーリング剤を提供する。
【解決手段】天然色素、合成色素、化粧品色素を使用し製造したヘアカラーリング剤とこれを使用した毛染め方法で、ヘアカラーリング剤は皮膚と頭髮の角質タンパクに類似した構造で、毛髮及び皮膚のカラーリングに応用可能で、ヘアカラーリング剤はヘアカラーリングクリーム、ヘアカラーリング乳液、ヘアカラーリングペースト、ヘアカラーリングジェル、ヘアカラーリングスターチ、ヘアカラーリングシャンプー、ムースタイプヘアカラーリング剤、スプレータイプヘアカラーリング剤に製造でき、パーマ剤と結合後は、ヘアカラーとパーマ一を完成させられるヘアカラー・パーマ一体型製品に製造でき、ヘアカラーリング剤は異なる毛染め方法により、毛髮に浸透させ、ヘアカラーリングの目的を達成し、色素が進入する深度に基づき、永久的、半永久的及び一時的ヘアカラーリング剤等に製造できる。 (もっと読む)


【課題】表皮の感染症を治療するために、活性物質、特にクリンダマイシンを治療部位に経皮的に浸透させ、適用が簡単かつ滑らかで、皮膚表面に顕著な残留物を残さず、不快または不都合を惹起しない組成物の提供。
【解決手段】クリンダマイシン組成物が加圧容器から放出、即ち、分注された際に急速分解性温度感受性発泡体を形成するように、急速分解性アルコール性発泡物質を含む加圧容器中に存在する組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、(1)塩素化イソシアヌル酸及び/又はその塩、並びに(2)過ホウ酸塩及び/又は過炭酸塩を義歯洗浄剤に配合する場合において、これらの漂白成分による義歯の金属部分の錆を効果的に抑制する作用を有する義歯洗浄剤を提供することである。
【解決手段】(1)塩素化イソシアヌル酸及び/又はその塩並びに(2)過ホウ酸塩及び/又は過炭酸塩と共に、(3)ベンゾトリアゾール系化合物を配合して、義歯洗浄剤を調製する。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)のカチオン性6−アミノインドリン、その酸付加塩、およびその溶媒和物に関し:本発明は、また、このカチオン性6−アミノインドリンの合成方法、組成物、使用、染毛方法、およびこのカチオン性6−アミノインドリンを使用する用具にも関する。

(もっと読む)


本発明は、下記一般式(I)の化合物の使用に関する。


また本発明は、それらの調製方法、およびそれらの化粧品または皮膚科学的使用に関する。本発明の化合物は、殺菌剤として作用する。その結果、本発明の化合物は、細菌、より具体的にはP.アクネスの存在に関係する状態の処置に有用である。
(もっと読む)


本発明は、改良された香料放出特性および改良された風味を備えた口腔ケア組成物、ならびにそれを使用する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】良好な泡立ちでありながら、メイクや皮脂の除去効果に優れ、また、使用後にみずみずしくて、さっぱりとした肌の感じになり、更には、使いやすいペースト状の皮膚洗浄剤を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)〜(F):
(A)硫酸基を有するアニオン性界面活性剤 1〜10質量%、
(B)高級脂肪酸又はその塩 1〜25質量%、
(C)アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体 0.1〜2質量%、
(D)(ジ)グリセリンモノ脂肪酸エステル又は(ジ)グリセリンモノアルキルエーテル
0.5〜10質量%、
(E)アルキルポリグルコシド 0.5〜10質量%、
(F)水
を含有し、30℃における粘度が150〜1000dPa・sである皮膚洗浄剤。 (もっと読む)


1 - 10 / 101