説明

国際特許分類[A61K8/40]の内容

国際特許分類[A61K8/40]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/40]に分類される特許

101 - 110 / 414


アルコキシル化ジフェニルアクリレート化合物及びアリールカルボン酸エステルを含む局所用組成物が提供される。好ましくは、局所用組成物は、α-シアノ-β-(4-メトキシフェニル)-β-フェニルアクリル酸α-エチルヘキシル及び安息香酸2-フェニルエチルを含み、場合によりさらに4,4’-t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンを含むサンスクリーン組成物であって、改善された皮膚の光保護性を特徴とし、日光、又は紫外線(UV)、可視光、及び赤外線(IR)領域での他の光源への曝露に際して、皮膚の光ダメージを防止し/低減させるのに有効である。 (もっと読む)


【課題】 紫外線吸収剤を含有する皮膚外用剤において、二価グリコール及びアルコールを低配合又は無配合とした場合であっても、優れた防腐防黴性を示す組成物を提供する。
【解決手段】 紫外線吸収剤と、3質量%以下の低級アルコール及び10質量%以下の二価グリコールを含み、炭素数4又は5のアルキル基を持つグリセリンモノアルキルエーテルを0.3〜5質量%含有することを特徴とする皮膚外用剤。本発明の皮膚外用剤は、アルコール及び/又は二価グリコールを含まないのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】特に、損傷した毛髪の手入れを行うことが可能な手段を提供すること。
【解決手段】カチオン性化合物を含有する第1の毛髪処理剤組成物を塗布した毛髪に、アニオン性増粘剤及びシリコーン油を含有する第2の毛髪処理剤組成物を塗布することを特徴とする毛髪処理方法、並びに、カチオン性化合物を含む第1の毛髪処理剤組成物を塗布した毛髪に、アニオン性増粘剤及びシリコーン油を含有する第2の毛髪処理剤組成物を塗布し、さらに、カチオン性化合物を含有する第3の毛髪処理剤組成物を塗布することを特徴とする毛髪処理方法、そして、これらの毛髪処理方法に用いる各毛髪処理剤を提供することにより、上記の課題を解決し得ることを見出した。 (もっと読む)


【課題】泡立ちと抗フケ性に優れるとともに、頭皮に対する刺激の低い水性毛髪洗浄剤を提供する。
【解決手段】特定の構造を有する硫酸塩型アニオン界面活性剤、エーテルカルボン酸塩型アニオン界面活性剤、特定の抗菌剤および水を含有する、水性毛髪洗浄剤。 (もっと読む)


【課題】使用時のきしみやざらつき感がなく、しかもさらっとした感触で、べたつかず、使用感触に優れたものであった。さらに、皮膚への白残りがなく、化粧仕上がりにも優れていた。さらに、使用後の洗浄性にも優れる日焼け止め化粧料を提供する。
【解決手段】(a)ネオペンタン酸イソデシルと、(b)紫外線吸収剤と、(c)紫外線散乱剤と、(d)シリコーン油を含有する。
(b)成分としては、パラ−アミノ安息香酸誘導体、サリチル酸誘導体、ケイ皮酸誘導体、β,β−ジフェニルアクリラート誘導体、ベンゾフェノン誘導体、ベンジリデンショウノウ誘導体、フェニルベンゾイミダゾール誘導体、トリアジン誘導体、フェニルベンゾトリアゾール誘導体、アントラニル誘導体、イミダゾリン誘導体、ベンザルマロナート誘導体、4,4−ジアリールブタジエン誘導体の中から選ばれる1種または2種以上であり、(c)成分としては、酸化亜鉛および/または二酸化チタンであることが好ましい。また、(e)成分として、シリコーン系界面活性剤、グリセリンまたはポリグリセリン脂肪酸エステル類の中から選ばれる1種または2種以上を含むことがさらに好ましい。 (もっと読む)


【課題】優れた製剤の保存安定性を有し、二層系を維持し続けることができるとともに、混合時の均一性に優れ、均一状態が一定時間保持される二層式クレンジング化粧料、更には、クレンジング効果に優れるとともに、クレンジング後に油分を肌に残さずに洗い落とすことのできる使用感に優れた二層式クレンジング化粧料の提供。
【解決手段】塩化ベンザルコニウム又はN−ヤシ油脂肪酸アシル−L−アルギニンエチル・DL−ピロリドンカルボン酸塩を含有する液状水層と、液状油層の二層からなる二層式クレンジング化粧料であって、前記水層には両性界面活性剤および多価アルコールを含有し、且つ、前記油層には液状油剤を含有することを特徴とする二層式クレンジング化粧料とする。 (もっと読む)


【課題】歯周病を効果的に予防または改善する口腔用組成物を提供すること。
【解決手段】 本発明の口腔用組成物は、ヒトオリゴペプチドを含有することを特徴とする。また、ヒトオリゴペプチドの配合量は、1×10−8〜0.5wt%であることが好ましい。抗炎症作用を有する薬用成分を含むことが好ましい。また、歯周病菌に対する殺菌作用を有する殺菌剤を含むことが好ましい。前記ヒトオリゴペプチドは、多価アルコールに分散させた状態で添加するのが好ましい。 (もっと読む)


一実施形態では、油中水型エマルションの形態の安定なパーソナルケア組成物は、炭化水素ワックスと極性油と非乳化シリコーンエラストマーとを含み得る。別の実施形態では、油中水型エマルションの形態の安定なパーソナルケア組成物は、炭化水素ワックスと極性油とを含み得る。炭化水素の極性油に対する重量比率は、約0.01〜約0.5である。パーソナルケア組成物により、以前は実現できなかった水準の極性油及び/又は水相を油中水型エマルション内に含むことができる。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、ポリクオタニウム−10に代表される半合成系毛髪化粧料用添加剤とポリクオタニウム−6あるいは7に代表される合成系毛髪化粧料用添加剤のそれぞれの欠点を克服し、仕上がりにしなやかな感触を与える毛髪化粧料用添加剤、およびそれを含有する毛髪化粧料を提供することにある。
【解決手段】 上記課題を解決する方法として、OH基をもつ天然高分子および/または天然高分子誘導体を水に溶解した後、水媒体中でカチオン性水溶性単量体とベタイン型水溶性単量体を必須成分とし、必要に応じ、それらと共重合可能な非イオン性水溶性単量体を含む複数種類の水溶性単量体をグラフト共重合させることにより毛髪化粧料用添加剤を製造し、それを毛髪化粧料組成に加えることにより達成できることを見出した。
(もっと読む)


【課題】脱毛症の処置に有効な組成物を提供すること。
【解決手段】毛再生組成物であって、Tα1、Tβ4、またはそれらの組み合わせを、ステロイド、インドールベースの化合物、殺ダニ剤、バイオフラボノイド(bioflavanoid)、抗真菌材料、および抗炎症性脂肪酸から選択される少なくとも1つの化合物と組み合わせて含有する、毛再生組成物が提供される。一実施形態において、上記組成物は、Tα1およびTβ4の供給源としてチモシンフラクション5を含有し、別の実施形態において、上記ステロイドは、クエン酸タモキシフェン、プロゲステロン、プレグネノロン、スピロノラクトン、プレグネアオロン(pregneaolone)、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)、ジオスゲニン、トリフェニルエチレンベースの化合物、またはテストラクトンである。 (もっと読む)


101 - 110 / 414