説明

国際特許分類[A61K8/41]の内容

国際特許分類[A61K8/41]に分類される特許

11 - 20 / 969


【課題】カチオン性殺菌剤のシート状基材への吸着を大幅に抑制し、刺激臭がなく、べたつきの少ないシート状化粧料の提供。
【解決手段】セルロース系繊維を含むシート状基材と、前記シート状基材に含浸された液組成物とを含むシート状化粧料であって、前記液組成物が、(A)カチオン性殺菌剤と、(B)ポリオキシアルキレン分岐アルキルエーテルと、(C)無機塩及び有機塩から選択される少なくとも1種の化合物と、(D)エタノール10質量%〜35質量%と、を含有してなり、前記(D)成分の含有量と、前記(B)成分及び前記(C)成分の合計含有量との質量比〔D/(B+C)〕が、8〜58であるシート状化粧料。 (もっと読む)


【解決課題】新規なラジカル抑制剤、これを含有する組成物、及び、これを用いたラジカル生成抑制方法を提供する。
【解決手段】本発明に係るラジカル抑制剤は2価金属のサレン錯体化合物からなる。 (もっと読む)


【課題】パーマネントウェーブ処理後の毛髪の手触り感を著しく改善すると共に、その効果を持続させることができるパーマネントウェーブ用剤(パーマネントウェーブ用第1剤および第2剤)、並びにこれらを用いて上記の効果を発揮することのできる毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】本発明のパーマネントウェーブ用第1剤は、少なくとも還元剤としての(A)システアミンを含有する他、(B)アニオン性高分子を含有するものであり、パーマネントウェーブ用第2剤は、(C)酸化剤の他、(D)第四級アンモニウム塩からなるカチオン性界面活性剤を含有するものである。 (もっと読む)


【課題】ジ長鎖型カチオン界面活性剤を配合した系を、低温〜高温域で透明性を安定に維持することができ、しかも高圧乳化等の方法によらずに簡便に製造することができる、耐塩性に優れる水中油型乳化化粧料の提供。
【解決手段】(A)ジ長鎖型カチオン界面活性剤を0.01〜1質量%、(B)HLB10〜18のステロール骨格を有する非イオン界面活性剤を0.01〜2質量%、(C)常温で液状の油分を0.01〜1質量%、(D)特定のアルキレンオキシド誘導体〔例えば、POE(14)POP(7)ジメチルエーテル等〕を0.1〜10質量%、(E)C1-3の一価の低級アルコールを0.1〜20質量%、および(F)水を含有し、[(C)成分/(A)成分+(B)成分]=0.60以下(質量比)である、透明な水中油型乳化化粧料。さらにメントールおよび/またはカンファーを含有してもよい。 (もっと読む)


【課題】耐光堅牢性に優れた濃い橙色の色味を含んだ色調に染めることができる酸化染毛剤用第1剤及び酸化染毛剤の提供。
【解決手段】酸化染毛剤を得るための酸化染毛剤用第1剤において、酸化染料としてパラメチルアミノフェノール、パラアミノフェノール、及び5−アミノオルトクレゾールを含有させ、かつ、(パラメチルアミノフェノールの含有量/パラアミノフェノールの含有量)により算出される比を0.20未満とする。 (もっと読む)


【課題】HC染料及び塩基性染料をベースカラーとして用いても、長期間色持ちを維持できる染毛方法を提供することを目的とする。
【解決手段】染料主成分である塩基性染料とHC染料とを含有するベースカラー染料液を毛髪に塗布し、所定の時間放置する第一工程と、ベースカラー染料液を塗布された毛髪をリンスする第二工程と、第二工程の後に毛髪に茶カテキン水溶液を塗布し、所定の時間放置する第三工程と、を備える染毛方法を用いる。 (もっと読む)


【課題】泡立ちが速く、泡量が多く、泡がクリーミーである等の泡性能に優れ、且つ、すすぎ時にぬるつき感がなく、すすぎ性能に優れる皮膚洗浄剤組成物の提供。
【解決手段】(A)下記一般式(1)で表される脂肪酸塩と、(B)下記一般式(2)で表されるアミンオキシドと、(C)ベタイン型両性界面活性剤と、を含有し、前記(A)成分が、前記一般式(1)におけるRが炭素数5〜12の一価炭化水素基である脂肪酸塩(A)と、前記一般式(1)におけるRが炭素数13〜21の一価炭化水素基である脂肪酸塩(A)とを含有し、前記(A)成分と前記(A)成分との質量比、前記(A)成分と前記(A)成分との合計含有量、及び前記(B)成分と前記(C)成分との質量比が、特定の比率又は量である皮膚洗浄剤組成物である。
(もっと読む)


【課題】化粧用又は皮膚科用組成物中の苦い化合物の苦味をマスキングするための方法及び組成物の提供。
【解決手段】塩とステビアの抽出物とを含む組成物及びその使用。甘味料と第2の呈味剤とからなるこの混合物により、組成物のフレグランスの性質又は色を変えることなく化合物の苦味を持続的にマスキングすることが可能となる。この組成物は、顔用ケアクリーム、化粧水、フェイスセラム又は美容液、ファンデーション、乳液、化粧落としローション及び顔用日焼け防止製品からなる群から選択される製品の形態である化粧用又は皮膚科用組成物に配合される。 (もっと読む)


【課題】新規なオイルゲル化剤の提供。
【解決手段】一般式[I]又は[II]で表されるスクアリン酸誘導体を含む、オイルゲル化剤。


[式中、R1、R3、R3は置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアルコキシ基、置換基を有していてもよいアラルキル基、置換基を有していてもよい複素環アルキル基、置換基を有していてもよいアリール基、置換基を有していてもよいアリールオキシ基、又は置換基を有していてもよい複素環基を表し、Xは水素原子又はアルカリ金属原子を表す。] (もっと読む)


【課題】ケラチンの発現を促進することにより、爪の形成を促進するケラチン発現促進剤及び美爪用組成物の提供。
【解決手段】スペルミジン、スペルミンおよびプトレスシンのうちの少なくとも一種を有効成分とする。スペルミジン,スペルミンおよびプトレスシンは大豆、小麦及びコメのうちの少なくとも1種から抽出したものである。 (もっと読む)


11 - 20 / 969