説明

国際特許分類[A61K8/64]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057) | 組成に特徴があるもの (45,906) | 有機化合物を含むもの (23,702) | 蛋白質;ペプチド;その誘導体または分解生成物 (1,562)

国際特許分類[A61K8/64]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/64]に分類される特許

71 - 80 / 1,071


【課題】カチオン性殺菌剤由来の苦味が低減し、嗜好性を損なうことなく、口臭と口腔内の乾燥とを効果的に抑制し予防することができ、製剤の保存安定性も良好な口腔用組成物を提供する。
【解決手段】(A)カチオン性殺菌剤を含有する口腔用組成物に、(B)ポリグルタミン酸又はその塩と、(C)アシルサルコシン塩とを配合してなることを特徴とする口腔用組成物、及び、更に(D)ノニオン性界面活性剤を配合してなる上記口腔用組成物。 (もっと読む)


【課題】肌の保湿、美肌、肌荒れ防止、しわ防止、弾力性低下等の美容効果を有する美肌剤、及び該美肌剤を含有する化粧品、飲食品、飼料、医薬等の美肌製品を提供することを課題とする。
【解決手段】ホエイタンパク質加水分解物を有効成分として含有することを特徴とする美肌剤。特にホエイタンパク質加水分解物が分子量分布10kDa以下でメインピーク200Da〜3kDa、APL(平均ペプチド鎖長)は2〜8、遊離アミノ酸含量は20%以下、及び、抗原性はβ−ラクトグロブリンの抗原性の1/10,000以下の特徴を有するホエイタンパク質加水分解物を用いることにより、低アレルゲン性で、苦味の少ない美肌剤とすることができる。 (もっと読む)


【課題】骨/歯の成長を促進するために投与することができる歯科用製品の提供。
【解決手段】骨成長を促進する化合物が溶解しているか、分散しているか、またはコーティングされていることによって改善されている。好ましい化合物は、開示された10〜50個のアミノ酸を含むペプチド配列である。この配列は、インテグリン結合モチーフ(例えば、RGD配列)および基質細胞外リン糖タンパク質のRGD配列に隣接している残りのアミノ酸を含むことを特徴とする。この配列を練り歯磨きまたは口内洗浄剤に分散するように製剤化し、骨/歯の成長を促進するために投与することができる。歯科用製品をある期間にわたって繰り返し使用すると、良好な歯の健康が向上する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎等、種々の皮膚疾患による肌荒れ症状や炎症、アレルギー症状の他、健常人の肌荒れ、敏感肌に対する予防、及び改善に優れた効果を有するGM-CSF産生抑制剤及びそれを有効成分として含むアトピー性皮膚炎等のアトピー性皮膚炎治療剤、食品、化粧品、肌荒れ防止・改善用皮膚外用剤組成物の提供。
【解決の手段】イポルル(Euphorbiaceae Alchornea)の抽出物を有効成分とするGM-CSF産生抑制剤及び前記GM-CSF産生抑制剤の一種以上を配合したアトピー性皮膚炎治療剤、化粧料、食品及び皮膚外用剤の提供。 (もっと読む)


【課題】 毛髪内部に毛髪の性質を改質させる物質を浸透させ、その髪質改質物質を毛髪内部に閉じ込めて、その効果を長時間持続させる。
【解決手段】 毛髪をチオグリコール酸、チオグリコール酸の塩およびシステアミンよりなる群から選ばれる少なくとも1種の還元剤0.5〜4質量%と塩基性物質とを含有するA剤で還元処理して毛髪のケラチンのジスルフィド結合を切断した後、該毛髪を還元剤で0.2〜1質量%と髪質改質物質と塩基性物質とを含有するB剤で処理して髪質改質物質を毛髪内部に浸透させ、次いで酸化剤を含有するC剤で処理してジスルフィド結合を再形成させることにより、毛髪内部に浸透した髪質改質物質を毛髪内部に保持する。 (もっと読む)


【課題】美白効果、(肌の古くなった角質を取り除き肌の黒ずみをとる効果)シワを浅くする効果(シワを引き伸ばし、溝を引き上げる効果)とリフトアップ効果(頬や額、あごなどのいわゆるフェイスラインを引き上げて顔全体を引き上げる効果)を併せ持つパック用化粧品セットを提供する。
【解決手段】少なくとも12本の平行四辺形をした帯状パックシートと該帯状パックシートには水溶性粘着剤を含有する化粧品を含浸させたものと保湿用化粧品の組み合わせから構成され、少なくとも12本の帯状シートが顔の特定のツボからツボへ貼付するように使用されるシートで保湿用化粧品が帯状シートの上から顔全体塗布されて保湿効果を発揮するよう設計された構成であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ビタミンC類の反応抑制方法について、新規な技術を提案するものである。
【解決手段】ビタミンC類をカルシウム類によって被覆することによる、ビタミンC類の反応抑制方法とする。また、ビタミンC類とカルシウム類を結合するために結合剤を用いることとする。ビタミンC類の50%粒子径(メディアン径)は、50μm以上500μm以下であり、好ましくは、100μm以上400μm以下とされることが考えられる。カルシウム類の50%粒子径(メディアン径)は、0.1μm以上80μm以下であり、好ましくは、5μm以上30μm以下とされることが考えられる。 (もっと読む)


【課題】この発明の課題は、目的とするデザインされた糖ペプチドを簡便かつ効果的に製造することができる方法を提供することにある。
【解決手段】(A)糖結合能を有するアミノ酸残基を2以上含む保護ペプチドを得る工程であって、該糖結合能を有するアミノ酸残基のうち少なくとも1つは、保護基により保護されており、該糖結合能を有するアミノ酸残基のうち別の少なくとも1つは保護されていない、工程;(B)(A)工程で得られた保護ペプチドの、保護されていない少なくとも1つの糖結合能を有するアミノ酸残基に、修飾基を結合させる工程;および(C)(B)工程で得られた修飾基を有する保護ペプチドの保護基を脱保護する工程、を包含する、少なくとも1つの糖結合能を有するアミノ酸残基が該修飾基により修飾された修飾ペプチドの製造方法。 (もっと読む)


【課 題】
安全性の点で問題のない皮膚コラーゲン産生促進剤を提供することを課題とする。また、本発明は、そのような物質を配合した皮膚コラーゲン産生促進用飲食品及び皮膚コラーゲン産生促進用化粧料を提供することを課題とする。
【解決手段】
TGF−β及び/またはTGF−βをペプシンやパンクレアチン等のタンパク質分解酵素で分解して得られるTGF−β分解物を皮膚コラーゲン産生促進剤、皮膚コラーゲン産生促進用飲食品及び皮膚コラーゲン産生促進用化粧料の有効成分とする。このTGF−βやTGF−β分解物には、皮膚のコラーゲン量を増加させる働きがある。 (もっと読む)


【課題】化粧品、医療品などへの応用を好適に行うことができるセリシンペプチドを製造する方法を提供する。
【解決手段】ミネラルを添加した原料セリシンを一次醗酵させたのち二次醗酵させ、さらにこの二次醗酵セリシンを熟成して濾過抽出することを基本とするものであり、具体的には、予め殺菌した原料セリシンにミネラルと浄化水を加えて混合し、つぎにこの原料混合物にアスペルギルス属の麹菌10重量%〜30重量%と糖質を複数回加えるとともに所定温度に保持して一次醗酵させ、この一次発酵セリシンにストレプトコックス属またはラクトバチルス属の乳酸菌、酢酸菌を単独でまたはこれらの混合物10重量%〜20重量%と糖質を複数回を加えて所定温度に保持することにより二次醗酵させ、さらに二次発酵セリシンを35℃〜40℃で熟成したのちこれを濾過抽出する。これにより化粧品、医療品などへの応用が容易となる。 (もっと読む)


71 - 80 / 1,071