説明

国際特許分類[A61K8/73]の内容

国際特許分類[A61K8/73]に分類される特許

41 - 50 / 2,272


【課題】従来の化粧料以上に、しわ改善効果、使用感、保湿感及び翌日の肌実感に優れたしわ改善用化粧料を提供する。
【解決手段】成分(a)として鮭類の卵巣膜抽出物と、成分(b)として植物種子より抽出した固体油脂を含有する化粧料であり、好ましくは、さらに成分(c)としてビタミンA及びその誘導体並びにそれらの塩、褐藻抽出物、ヒアルロン酸及びその塩、コラーゲン、ローヤルゼリー、エイジツ抽出物、トゲナシ抽出物、ノバラ抽出物から選ばれる1種又は2種以上を含有することができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、フッ素イオンの滞留性、口腔内分散性に優れ、少量の水での洗口でもフッ素イオンを滞留させることができるなどフッ素イオンの滞留持続性に優れ、かつ液分離安定性にも優れるフッ素化合物を含む歯磨剤組成物を提供することである。
【解決手段】本発明は、成分(A)フッ素化合物、成分(B)カチオン化セルロース、成分(C)キサンタンガムおよび成分(D)ポリアクリル酸ナトリウムを含有し、成分(C)/成分(D)の質量比が0.5〜2である、歯磨剤組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】皮膚有益剤(例えば、皮膚軟化剤および/または粒子)を安定化(例えば、相分離を防ぐ)するための新規な構造化系を含む個人向け製品の液体洗浄組成物、更に詳しくは、良好な安定性(例えば、目に見える相分離を伴わずに、室温および45℃の両方において3週間にわたり安定である)を維持しながら、良好な、消費者が要望する性質(例えば、泡立ち、糸引きなし、塊のない外観)を有する液体洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】構造化、および相分離を防ぐために、C〜C13線状脂肪酸と組み合わせて水溶性または水膨潤性デンプンを含む液体洗剤。 (もっと読む)


【課題】口腔内の細菌に対して高い殺菌効果持続を有することが出来、使用感(刺激の低減)、外観安定性(濁りの軽減)をも向上させる、う蝕予防効果の高い歯磨剤組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、(A)カチオン化セルロース、(B)カチオン性殺菌剤、および(C)両性界面活性剤を含有する研磨剤無配合の歯磨剤組成物であって、(A)カチオン化セルロース/(B)カチオン性殺菌剤の質量比が0.1〜10である歯磨剤組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、前記従来技術に鑑みてなされたものであり、天然由来の高分子で、様々な分野で高付加価値が期待されるキトサンを原料に、水膨潤機能を有するフィルムおよびシートを提供することを課題とする。さらには、人体・環境に対して安全性が高く、水系水中で容易に製造することが可能な水膨潤機能を有するフィルムまたはシートの製造方法の製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】水系溶媒にキトサンと、カルボキシル基とアルデヒド基を有する酸もしくはカルボキシル基とカルボニル基を有する酸の少なくとも一方の酸を添加して溶解または分散させ溶液とする工程(A)と、該溶液をフィルムもしくはシート状に成形する工程(B)とを備え、成形されたフィルムもしくはシートが水膨潤機能を備えることを特徴とする膨潤フィルムもしくはシートの製造方法とした。 (もっと読む)


【課題】経時安定性に優れ、油膜感やべたつきが少なく、肌に柔軟性やエモリエント効果を与える液状油性化粧料の提供。
【解決手段】成分(a)〜(c);(a)デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれ、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステル(b)融点が30℃以上の油であって、該油が直鎖飽和脂肪酸トリグリセリド、飽和脂肪酸ステロールエステル及び不飽和脂肪酸ステロールエステル、ダイマー酸エステルから選ばれる一種又は二種以上(c)25℃にて液状の油を含有する。 (もっと読む)


【課題】ツヤ(透明性)を維持しつつ、耐水性・耐皮脂性を兼ね備えた油性睫用化粧料を提供する。
【解決手段】下記成分(A)〜(D);
(A)アルコール変性ミツロウ
(B)有機変性粘土鉱物
(C)デキストリン脂肪酸エステル
(D)揮発性油剤
を含有することを特徴とする油性睫用化粧料。 (もっと読む)


【課題】ヘアカラー時の染毛効果が向上し、毛髪へのダメージを軽減できるヘアカラー前処理用組成物の提供。
【解決手段】ポリオキシエチレンオレイルエーテルリン酸と、アセチル化ヒアルロン酸又はその塩類とを含み、pHが7.5〜10であるヘアカラー前処理用組成物。該ポリオキシエチレンオレイルエーテルリン酸としては、下記式で示されるものであることが好ましい。


(式中、nはオキシエチレン基の平均付加モル数であり、特に、nが1〜20であることが好ましい。) (もっと読む)


【課題】 本発明の油性睫用化粧料は、使用時のなめらかさに優れ、カールアップおよびカールキープ効果が高く、摩擦に強く、さらににじみのなさにも優れるものである。
【解決手段】 (a)デキストリンと脂肪酸とのエステル化物であって、デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して50mol%より多く100mol%以下、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0以上50mol%未満を含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステル、(b)25℃における粘度が10万mPa・s以上のジメチコノールを配合することを特徴とする睫用化粧料。 (もっと読む)


【課題】ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドに起因する悪臭を抑止し、ベタツキが
なく、保湿効果が高い皮膚外用剤を提供することを課題とする。

【解決手段】本発明は、ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドを含有する皮膚外用剤において、ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドに対して水溶性多価アルコールを5〜30重量倍、ムコ多糖類を0.075〜2重量倍を含有することで、ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドの分解に起因する不快な臭いを抑制し、かつ、ベタツキが少なく、保湿性が高い皮膚外用剤を提供することができる。 (もっと読む)


41 - 50 / 2,272