国際特許分類[A61K8/96]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057) | 組成に特徴があるもの (45,906) | 構造不明の物質またはその誘導体を含むもの (4,785)

国際特許分類[A61K8/96]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/96]に分類される特許

81 - 90 / 891


【課題】「天然湯の花」(天然浴用剤)か「人造100%湯の花」(公正取引委員会は「不当表示」と認識した)か、という法規制の中、濃度が強く、溶けにくく、入浴施設に負担が大きい「天然湯の花」のみが消費者に提供されている。しかしこれは濃度が高く身体への負担も考えられ、溶けにくく、入浴施設への負担もある。「人造湯の花」が姿を消したことで、温泉場の産業に与えた影響も大きく、消費者が進んで購入できる「湯の花」の範囲も限定されてしまった。
【解決手段】既存の「人造湯の花」のうち、およそ半分量を「天然湯の花」に切り替え、濃度も適正で、「天然湯の花」に比べて溶け易く、入浴施設への負担が少ない「天然人造湯の花」に切り替えることで、景品表示法上も適法な「湯の花」となり、浴用剤の法令をクリアすることができる。また温泉文化、特に硫黄温泉文化の恩恵を受ける機会を増やし、温泉場の地場産業の振興に寄与することができる。 (もっと読む)


本発明は、スプレー形態の局所投与用化粧用組成物、ならびに少なくとも一種の活性化合物、連続分散外部相(天然鉱泉水および/またはワイン)、ポリリン酸ナトリウム、ポリアクリル酸ナトリウム、およびクエン酸を含む前記化粧用組成物の製造方法に関する。本発明はまた、前記組成物を調剤および適用するための装置、ならびにスプレー形態の局所使用用化粧用組成物の製造のためその使用にも関する。 (もっと読む)


【課題】汚れ除去効果に優れた、歯の汚れ除去チューイングガム組成物および糖菓組成物を提供する。
【解決手段】ガムベースと、過酸化物化合物、ポリ燐酸塩および陰イオン界面活性剤から選択される少なくとも2つの活性成分を汚れを除去するのに有効な量含有する、歯の表面から汚れを除去するチューイングガム組成物、および、過酸化物化合物、ポリ燐酸塩および陰イオン界面活性剤から選択される少なくとも2つの活性成分を汚れを除去するのに有効な量含有する、歯の表面から汚れを除去する糖菓組成物。 (もっと読む)


本発明は、場合により有機イオン交換樹脂を前処理する段階と、少なくとも1種の有機着色剤を、場合により前処理した樹脂上に吸収させて、レジネートを形成するステップと、得られたレジネートを場合により粉砕する段階と、レジネートを、化粧料として許容される極性媒体中に混入する段階とを含む化粧料組成物の調製方法に関する。本発明は、得られた組成物と、形成されたレジネートと、少なくとも1種の有機着色剤を化粧料として許容される極性媒体中で安定化させるための少なくとも1種の有機イオン交換樹脂の使用とにも関する。 (もっと読む)


本発明は、化粧品組成物に関する。
本化粧品組成物は、アデニウム・オベスムの抽出物、及び少なくとも1種の化粧品として許容できる賦形剤を含む。
本組成物を使用して、皮膚バリアを強化し、真皮−表皮接合部の接着を補強し、皮膚老化の影響を防止若しくは遅延させ、又は保護、修正、再構築、水分補給、若しくは保湿効果をもたらすことができる。 (もっと読む)


(a)(i)約20〜約24個の炭素原子の1つの長鎖アルキル基又は長鎖アルケニル基を有する第一級、第二級、及び第三級アミンと、(ii)L−グルタミン酸及び乳酸などの酸と、の塩である、約0.2重量%〜約10重量%のカチオン性界面活性剤、(b)約1重量%〜約15重量%の高融点脂肪族化合物、(c)約0.00005重量%〜約0.5重量%の直接染料、及び(d)水性キャリアを含むヘアコンディショニング組成物が開示される。本発明の組成物は、改善されたコンディショニング効果を提供する一方で、着色効果、特に着色された毛髪の、色の強化及び/又は色落ち防止を提供する。 (もっと読む)


【課題】肌に接触した時に、肌用シート材から肌に保湿作用や肌に潤いを与える有効成分を補給する肌用シート材の提供。
【解決手段】肌に接触する肌用シート材であって、基材シート1に、トレハロースと海洋深層水を原料とするミネラル成分の複合体TMを保持させてなり、肌に接触した際に複合体TMを肌に補給可能とした肌用シート材。該肌用シート材は、基材シートにトレハロースを混合した海洋深層水を原料とするミネラル調整液2を添加し、必要に応じて水分を除去し、基材シートにトレハロースと海洋深層水を原料とするミネラル成分の複合体TMを保持させることにより得られる。 (もっと読む)


光線治療光キャップは、現在および将来の光療法の適切な照射要件を満たす光源を有す
る可撓性の大体半球状のキャップである。光線治療光キャップは、再充電可能電池源、光
源または光源のアレイ、光拡散器、およびドッキング・ステーションでもよい再充電源に
対するインタフェースを含むこともできる。あるいは、光線治療光キャップはいかなる市
販の頭部ドレッシングのための挿入物でもあってもよく、便利に再充電するのに適してい
ることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】本発明は、コラーゲンの生成低下及び分解亢進に対する優れた改善作用を有し、加齢によるコラーゲンの減少を改善することで老化皮膚にみられるシワの形成や弾力性の低下を予防、改善するコラーゲン生成促進及び分解抑制剤を提供する。
【解決手段】本発明のコラーゲン生成促進及び分解抑制剤は、FOXOタンパク及び/又はFOXOタンパクの産生促進剤を含有することを特徴とする。FOXOタンパクの産生促進剤としては、例えば、月下美人の抽出物が挙げられる。
【効果】コラーゲンの生成低下及び分解亢進を抑制することで、加齢によるコラーゲンの減少を防ぎ、老化皮膚にみられるシワの形成や弾力性の低下を予防、改善する。 (もっと読む)


【課題】色々な種類の髪質に応じて、カールパーマ用第一液の前に前処理液をかけてパーマのかかりを良くしたり、毛髪の傷みを無くしたりすると共に、カールパーマ用第一液とカールパーマ用第二液との間の中間洗いを省略することができるパーマ用処理液とそのパーマ用処理液を使用するパーマ処理方法を提供する。
【解決手段】カールパーマ用第一液を毛髪につける前に、特殊な水(創生水)とアルギニンとを混合しその混合水のpHを9≦pH≦10としたパーマ用第一処理液と、特殊な水(創生水)とクエン酸とを混合しその混合水のpHを2≦pH≦3としたパーマ用第二処理液と、のどちらか一方を毛髪につけ、カールパーマ用第一液の後でカールパーマ用第二液の前に、パーマ用第一処理液とパーマ用第二処理液のうちのどちらか他方を毛髪につける。これによって、カールパーマ用第一液の後でカールパーマ用第二液の前に従来必要とした中間洗髪を省略できる。 (もっと読む)


81 - 90 / 891