国際特許分類[A61K8/96]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057) | 組成に特徴があるもの (45,906) | 構造不明の物質またはその誘導体を含むもの (4,785)

国際特許分類[A61K8/96]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/96]に分類される特許

1 - 10 / 891


【課題】従来、ヒューミックシェールの水抽出物を含む飲料水が知られている。しかし、この飲料水は、フルボ酸を含んでおり、強い酸味および渋みを有し、飲用に適さないという問題点があった。本発明は、ヒューミックシェールの水抽出物を使用し、ヒューミックシェールに由来するミネラルを簡便かつ容易に人体または動物内に摂取可能な皮膚外用剤の提供を課題とする。
【解決手段】ヒューミックシェールの水抽出物を含有してなるクリーム状、軟膏状または貼付剤の形態の皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】組織の色素沈着を予防又は改善する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】
Wntシグナル経路を抑制する物質である、Wnt1の発現阻害物質、Wnt3aの発現阻害物質、Wnt7aの発現阻害物質、Wnt7bの発現阻害物質、Wnt10bの発現阻害物質、Norrinの発現阻害物質が、組織の色素沈着に対して顕著な予防又は改善効果を示すことを見出し、組織の色素沈着を予防又は改善する方法の確立に至った。 (もっと読む)


【課題】本発明は、生の赤松葉と水溶液を利用して、発毛に効果のある成分を抽出し、発毛促進、育毛及び養毛効果のある素材のみを取出し、有害物出を排除し、安全性が高く、かつ経済性の高い、発毛促進剤・松葉トニックを提供することを課題とした。
【解決手段】生の赤松葉をきざみ、水溶液(ミネラルウオーター)に投下し、温度、時間管理により赤松葉に含まれるほとんどの物質を浸出させ、その水溶液をミキサーにて撹拌し、次にペーパーフイルターで濾過する、そして、その中に含まれる皮膚に有害な物質を各種分離分液法により抽出除去した発毛促進剤・松葉トニックという塗布剤。 (もっと読む)


【課題】 安全で安心で汗への対策も痒みへの対策や化粧対策も同時に対応でき、しかも、これらへの対策効果としてきわめて高い効果を発揮する珪藻粉の付着具及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 珪藻土の粉を所定形状に焼き固めて、身体の皮膚に接触させたときに身体の皮膚に珪藻土の粉Kを付着し易く、かつ、身体の皮膚と接触しやすくするための曲面部2a(或いは2b)又は突出部3が形成されている。また、先端側2aをほぼ円錐形状に形成するとともに、中央部から後方部にかけて、又は、後方側に、突出部3が等間隔で形成されてなる。 (もっと読む)


【課題】頭皮への垂れ落ちによる地肌染まりが軽減されながら、染毛効果の高い染毛料組成物を提供する。
【解決手段】本発明の染毛料組成物は、(A)酸性染料および/または天然色素、(B)浸透剤、(C)増粘剤、(D)α化していないデンプンおよび/またはその誘導体ならびに(E)酸を含む染毛料組成物であって、染毛料組成物全体に対して(D)α化していないデンプンおよび/またはその誘導体が0.1〜20重量%含まれていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】今までのフルボ酸の多くの効果の発表は、基本的に抽出水からの効果応用実証例ですが、基本となるフルボ酸がどこでどの程度入っているかはっきりした数値がつかめないことが問題であった。
【解決手段】課題を解決するために、フルボ酸液を固形粉末化し、それを水やアルコールに薄めることで100〜0.00%迄数値化デジタル化出来ることで配合上比率が正確になり、添加量の表示管理が可能となることで消費者が安心安全な製品を使用することが出来る。動植物いわゆる地球上の生物が繁栄するのにかかすこと出来ない基本物質であり、人間の場合も加齢とともに数値が減少していき、食物からもだんだん吸収しにくくなっている。特に日本も放射能の問題世界中を見たら原発の問題もあり第二のビタミンとも第二のペニシリンともいえる物質である。発表されて50〜60年にもなるが、まさに今必要とされている物質であることは間違いない。 (もっと読む)


【課題】本発明は、毛の成長あるいは発育を効果的に抑制することのできる毛成長抑制剤、及びこれを含有する化粧品、医薬品、医薬部外品などの外用組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】ヤマブシタケの抽出物を有効成分として含有させることによる。 (もっと読む)


【課題】 頭皮の薄毛抜け毛に悩む人が年齢を問わず急増しているので、その脱毛を抑える毛髪活性剤づくり。
【解決手段】 今までの研究実験で満足に価するものができなかったが,この発見したヒトホルモンの一滴の加入によって▲1▼▲2▼▲3▼の改善と解明 (もっと読む)


【課題】本願発明は、新規エンドセリン−1産生抑制剤、SCF産生抑制剤、及び/又はメラニン産生抑制剤を調製することを課題とする。更に、本願発明は、琥珀から低級アルコール抽出により調製されたエンドセリン−1産生抑制剤、SCF産生抑制剤、及び/又はメラニン産生抑制剤の使用方法及び用途を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、琥珀から低級アルコールで抽出する工程を含む方法で抽出した抽出物を含むエンドセリン−1産生抑制剤、SCF産生抑制剤、及び/又はメラニン産生抑制剤、琥珀から低級アルコールで抽出する工程を含む方法で抽出した抽出物を含むエンドセリン−1産生抑制剤、SCF産生抑制剤、及び/又はメラニン産生抑制剤を含有する美白用化粧品を提供する。 (もっと読む)


【課題】一時的に上昇する成長ホルモンの機能について鑑み、新規で有用なキネシン抑制剤、更に、シミやソバカスをはじめとする様々な色素沈着症状の緩和、予防・改善に有用な組成物の提供。
【解決手段】成長ホルモン、特定の植物抽出物(ゼニアオイ抽出物、ペパーミント抽出物、ワイルドタイム抽出物)を有効成分とするキネシン抑制剤、及びキネシン抑制作用に基づく色素沈着抑制剤。更に、キネシン抑制剤を含有する各種組成物(医薬組成物、食品組成物、化粧料組成物)。 (もっと読む)


1 - 10 / 891