説明

国際特許分類[A61K9/10]の内容

国際特許分類[A61K9/10]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K9/10]に分類される特許

1,031 - 1,040 / 1,922


下痢症状を治療する組成物および方法であって、該方法は、有効量の単離されたアルミノケイ酸カルシウム止瀉薬(「CASAD」)(ここで、該単離されたCASADは、T4−ダイオキシンおよび毒性重金属汚染物質を実質的に含有しない)を投与すること;ある時間待つこと;および下痢症状が軽減されるまで該組成物の投与を繰り返すことを利用する。下痢症状は、慢性または感染性疾患、炎症性タンパク質、治療を必要とする対象に薬物を使用する治療、化学療法薬を使用する治療に付随する可能性がある。単離されたCASADは、炎症性タンパク質、薬物性代謝産物、および化学療法薬を結合する能力を有する。単離されたCASADは、錠剤、散剤、または懸濁液形態などの任意の適切な形態で投与することができ、かつ経口などの任意の適切な経路で投与することができる。
(もっと読む)


本発明は、薬理学、医薬および医薬品化学の分野に属する。本発明は、オストワルド熟成を減少させた、実質的に水不溶性の医薬品物質(ドセタキセルなど)の、水系媒体中に分散した固体ナノ粒子から構成される新規な医薬組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 高分子乳化剤を含有し、油滴の平均粒径が微細であり、なおかつ安定性が良好な水中油型乳化組成物の提供。
【解決手段】 非イオン性親水性構成単位(a)、及び疎水性構成単位(b)を含む高分子乳化剤(A)、油性成分(B)、及び水(C)を混合した系を、可溶化状態にした後、40℃以下に冷却して得られる水中油型乳化組成物の提供。 (もっと読む)


本発明は、胃酸分泌インヒビターとして不可逆的な胃のH+/K+-ATP分解酵素プロトンポンプインヒビター(PPI)及び壁細胞を活性化する一以上の脂肪族カルボン酸誘導体分子を含み、前記誘導体が非誘導体化酸分子と比較してPPI活性に遅延性または持続性の増強効果を有する新規の経口組成物に関する。さらに、本発明は、係る組成物を用いて哺乳類における胃酸分泌を減少させる方法に関する。
(もっと読む)


【課題】極めて安定性の低いS-アデノシルメチオニンを安定に保存するための手段を提供する。
【解決手段】例えば硫酸塩やp-トルエンスルホン酸塩などのS-アデノシルメチオニン塩をアルコール溶媒中に懸濁状態で含む組成物、及びS-アデノシルメチオニン塩の保存方法であって、S-アデノシルメチオニン塩をアルコール溶媒中に懸濁して保存する工程を含む方法。 (もっと読む)


【課題】細菌感染症の治療及び予防に有用なセファロスポリンを含む組成物の提供。
【解決手段】セファロスポリンを含み、直径約2000nm未満の有効平均粒度を有する粒子、及び少なくとも1種類の表面安定剤を含む、安定なナノ粒子状組成物。前記組成物を含み、患者へ投与すると、セファロスポリンを二峰性、多峰性又は連続態様で送達する、調節放出型の医薬組成物。さらに、上記組成物を投与することを含む、細菌感染症を予防及び/又は治療する方法。 (もっと読む)


【課題】 その使用感において、心地よい剤形を提供する。
【解決手段】 1)フトモモ科チョウジの果実の抽出物と、2)有機変性粘土鉱物と、3)N−アシル(炭素数10〜30)化グルタミン酸のジアルキル(炭素数)エステルとを、乳化剤形の皮膚外用剤に含有させる。前記フトモモ科チョウジの果実の抽出物は、オイゲノールを指標物資として規定されるものであり、該オイゲノールの含有量が抽出物全量に対して1〜10質量%であることが好ましく、フトモモ科チョウジの果実をアルコールで抽出したものが好ましく、前記有機変性粘土鉱物は、ジメチルジステアリルアンモニウム変性ヘクトライトが好ましく、前記乳化剤形が、油中水中油乳化剤形が好ましい。
(もっと読む)


【課題】皮膚漂白を促進させるためのカロテノイド製剤の使用を提供すること。
【解決手段】特に、本発明は、フィトエン及びフィトフルエンを含む組成物が皮膚を漂白するのに有効であることを開示する。 (もっと読む)


経口液体医薬組成物が提供される。該組成物はフェニレフリンおよび実質的に無アルデヒドのポリエチレングリコールを含む。該組成物は、市販用調製品に必要とされる安定性に適合するフェニレフリンの安定性を有する。該組成物は、鎮痛剤、充血除去剤、去痰薬、鎮咳剤、解熱剤、抗炎症剤、咳止め、および抗ヒスタミン薬から選択される一つ以上の第2の薬剤を、さらに含み得る。該組成物は、溶液または懸濁物であり得る。いくつかの実施形態において、該組成物は、カプセル中に充填され得る。
(もっと読む)


a) i)水不溶性パラセタモールまたはNSAID、ii)水溶性担体、及びiii)パラセタモールまたはNSAIDと前記担体との、各々のための溶媒;を含む混合物を準備する工程;及び、b)前記混合物を噴霧乾燥させて前記溶媒もしくは各溶媒を除去し、パラセタモールまたはNSAIDの、実質的に溶媒を含まない前記担体中のナノ分散物を得る工程;を含む、水不溶性パラセタモールまたはNSAIDを含む組成物の製造方法。 (もっと読む)


1,031 - 1,040 / 1,922