説明

国際特許分類[A61M11/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | 特に治療目的に適するスプレーまたはアトマイザー (732)

国際特許分類[A61M11/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M11/00]に分類される特許

101 - 110 / 514


【課題】ノズルの先端から液体を噴霧するための噴霧ユニット及び静電噴霧装置において、安全性の向上を図る。
【解決手段】液体が充填された容器と、該容器に取り付けられて液体通路を有するノズル本体(21)とを備え、容器内の液体に所定の電圧を印加すると共に容器内を加圧して液体をノズル本体(21)の先端から噴霧する静電噴霧装置の噴霧カートリッジを前提とする。該噴霧カートリッジのノズル本体(21)の容器に対する取付部分よりも先端側の突出部(21a)を、ノズル本体(21)の先端に外力が加えられると変形する一方、外力が取り除かれると元の形状に復元されるように構成する。 (もっと読む)


【課題】電圧を印加した液体をノズルから噴霧させる静電噴霧装置であって、ノズルから吐出される液の気液界面を安定させ、噴霧方向の乱れを防止する。
【解決手段】静電噴霧装置の噴霧ノズル2の先端の中央部に、液体の噴出方向へ膨らんだ膨出面3を形成し、且つ膨出面3に第1ノズル孔4を設ける、また第1ノズル孔4は,膨出面3の中央部に設けられ、第1ノズル孔4を中心とする仮想円周に沿って間隔をおいて第2ノズル孔5が設けられている (もっと読む)


物質を分配するためのハンドヘルドの分配装置は、ディスペンサーを含み、ディスペンサーは、i)物質を保持する分配チャンバを画定するディスペンサー本体、ii)分配チャンバと連絡する出口、iii)出口を通して分配チャンバの中身を分配するための分配機構、iv)分配機構を作動させるために付勢部材の作用に抵抗してディスペンサー本体に対して動くように弾性的に据え付けられた作動部材を組み込み、ディスペンサーは、ハンドルに動作可能に接続されており、ハンドルが出口を覆う不使用位置から、出口が覆われていない動作位置まで、ハンドルに対して手動でスライド運動し、装置は、ロック組立体をさらに含み、ロック組立体は、ディスペンサー本体をハンドルに対して動作位置で解放可能にロックして、ディスペンサー本体の手動によるスライド運動を防ぎ、それにより、使用者は、ハンドルを把持し、付勢部材の作用に抵抗した、ハンドルおよびディスペンサー本体に対する作動部材の手動による運動を引き起こして、分配機構を作動させ、覆われていない出口を通して分配チャンバの中身を分配することができる。
(もっと読む)



本発明は、アダプタ(23)及び吸入器具(32)並びにこのようなアダプタ又は吸入器具を有するアトマイザ(1)に関する。アトマイザ又は1つの患者側連結部(27)に連結可能な少なくとも1つのコネクタ(24)が、好ましくは枝分かれしない仕方で互いに流体結合された状態でアダプタに設けられている。吸入器具は、エーロゾルを中間貯蔵するチャンバ(38)を有する。アトマイザ用の連結部(33)、患者側連結部(34)及び吸息可能な空気のための第3の連結部(35)が吸入器具に設けられるのが良い。チャンバは、入口側が弁なしでアトマイザに連結され、このようなチャンバは、弁(40)によって入口側が吸息可能な空気のための第3の連結部(35)に連結されていて、吸息可能な空気が吸息可能空気連結部からチャンバ内に流れることができるようになっている。アダプタを吸入器具に連結することができる。
(もっと読む)



液体の微粒化のための装置(1)であって、少なくとも1つの作業面(7)、圧電基板(5)上に支持された少なくとも1つの電極(9)、圧電基板(5)の作業面(7)において弾性表面波(SAW)を発生させるために該電極(9)に超音波信号を適用するための信号発生手段(21)を備えた圧電基板(5);作業面(7)と接触した、その液体を送達するための芯(17)を含む液体送達配置を含み、作業面(7)に送達された液体がSAW照射によって微粒化される装置。
(もっと読む)


薬品を含むエアロゾルを患者に供給するための薬品供給装置(5,5’,5”,5”’)は、薬品の供給源からエアロゾルを生成するためのエアロゾル生成器(45,50,55,60)と、患者の口内に挿入されるよう構成されるマウスピース構成部品(30,30’,30”,30”’)とを含む。マウスピース構成部品は、エアロゾルを受け取り且つエアロゾルを患者に供給するためにエアロゾル生成器に動作的に結合される。マウスピース構成部品は、マウスピース構成部品が患者の口内に挿入されときに患者の舌に面するよう構成される下面を有し、下面に設けられる舌頂端位置決め素子(90,90”’,90”,115)を有し得る。下面は、もし存在するならば、舌頂端位置決め素子は、舌を正しく位置付けるために、薬品供給装置の使用中に患者の舌の頂端と係合するよう構成される。
(もっと読む)


【課題】ユーザが吸入する所定物質を放出するべく使用される呼吸デリバリシステム(例えば吸入器)を提供する。
【解決手段】吸入器を通って流れる所定流量を、ユーザの吸入の大きさとは独立して達成/維持できる空気流調節アセンブリ(228)を備える。空気流調節アセンブリ(228)は、バッフル(232)を含む。バッフル(232)は、吸入力の変化に応じて通路(208)の大きさを調節するべくテーパ部(208)内を移動する。これにより、一定の空気流量が維持される。呼吸デリバリシステムはまた、所定物質を放出する複数のアクチュエータを含む。 (もっと読む)


放出した用量が定格用量に一致しているか定量放出デバイスを試験することに関して、デバイス(1)は、試験区画(24)に密閉して適用(26)されており、デバイスに機械的な操作をすると(M、5)、1用量が試験区画(24)内に放出される。このような注入によるものと試験区画(24)内に予め確立された基準圧力(30)に関するものとの圧力差は、圧力センサ(32)によって観察される。センサ(32)の出力信号(o)は、この用量の限度を示す。
(もっと読む)


101 - 110 / 514