国際特許分類[A61M11/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | 特に治療目的に適するスプレーまたはアトマイザー (732)

国際特許分類[A61M11/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M11/00]に分類される特許

1 - 10 / 514



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】内容液のカートリッジ化を図りつつ、少量の内容液であっても操作性を損なうことなく、泡状又は霧状に注出できる、新規なシリンジ型噴出器を提供する。
【解決手段】シリンジ2内に摺動可能に配置したピストン3aに、ロッド3cを延在させるとともに、ピストン3aで圧送した空気の通路r1を形成する操作器具1Bと、プランジャ8を有する筒状部材6と、先端筒部2Cに装着されるノズル9と、内容液Cとピストン3aで圧送された空気を通して泡状の内容液とするメッシュリング10とを備え、筒状部材6は、プランジャ8と樹脂栓7との間に密封空間を形成するカートリッジ本体としてなり、ノズル9は、そカートリッジ本体1A−1を収納可能であるとともに、その内側に、中空の突出部材11が収納された補助カートリッジしてなる。 (もっと読む)


【課題】好適なエアロゾル化デバイスを提供すること。
【解決手段】エアロゾル化デバイス10は、マウスピース14を備えるハウジング26、エアロゾル発生器16、フローセンサ32およびコントローラー28を有する。コントローラー28は、閾値流量がマウスピース14を介して1回呼吸を吸入する場合に使用者によって達成されることを示すフローセンサ32からの信号の受信に対して、エアロゾル発生器16の作動を開始し、かつ、1回呼吸の継続が実質的に全てのエアロゾルを肺へと送達するように選択される作動時間の経過後に、作動を停止するように構成される。 (もっと読む)


【課題】薬液をミスト化して吐出することができ、ミストを吐出する出口を洗浄することによって、ミストが固形化・結晶化することなく安定したシステム利用が可能な携帯型ミスト発生装置及び薬液等のミストの吐出方向を誘導するデヴアイスを提供する。
【解決手段】携帯型ミスト発生装置1は、薬液を収容する薬液収容部18及び洗浄液を収容する洗浄液収容部17と、液体収容部18から流出された液体を貯留する貯留部19と、貯留部19から流出された液体を超音波振動によって霧状にするミスト発生部12と、を有し、霧状にした液体に気体を吹き付けて噴射ノズル11aから吐出する薬液工程を実行する。洗浄液は、薬液が流れる流路内を洗浄するための洗浄工程にて使用する。洗浄工程と薬液工程とは自動又は手動によって実行される。 (もっと読む)


【課題】簡易かつ短時間に、合成樹脂のプリフォームに多数の微細な貫通孔を容易かつ効率的に形成し、多数の微細貫通孔を有する平板部と、平板部外周に設けられた周縁フランジとを有する微細貫通孔成形品を製造することが可能な微細貫通孔成形装置を提供する。
【解決手段】微細貫通孔成形装置10は、受台11と、受台11上に保持され、耐熱性を有するバックシート12と、バックシート12上方に配置され、下方部に多数の突状部31を有する超音波成形型30とを備えている。バックシート12には、平板部21と、平板部21外周に設けられ、平板部21より厚肉となる周縁フランジ22とを有する合成樹脂製のプリフォーム20が支持される。超音波成形型30は、上下方向に移動可能となり、かつ上下方向に超音波振動してプリフォーム20の平板部21を振動加熱し、平板部21を溶融して多数の微細貫通孔41を形成する。 (もっと読む)


【課題】タバコ代償療法または離脱方法に適する複合体微粒子、および製造方法の提供。
【解決手段】ニコチン、非球状化糖、および水を含む液状担体を組み合わせて流動性混合物を製造し、ヒトの肺胞および下部気道への送達に適するニコチン薬の微粒子を製造する条件で、前記流動性混合物を噴霧乾燥することを特徴とする、吸入器にて使用するためのニコチン薬の製造方法。本方法により製造されるニコチン組成物は、タバコ代償療法または離脱方法に適する複合体微粒子である。 (もっと読む)


【課題】少量の内容液であっても空気を混合させた状態で取り出すことができるとともに、第1ピストンを引き戻して再使用が容易な、新規のエア混合式噴出器を提供する。
【解決手段】本発明は、第1シリンジ1の空気をピストンシャフト3に設けた第1ピストン2で圧送し、この空気が弾性部材5の付勢力に抗して逆止弁6を開くことで、第1シリンジ1に対して着脱可能な第2シリンジ7内に圧送された空気により、当該第2シリンジ7に収納された第2ピストン8を駆動させるとともに内容液に空気を混合させるエア混合式噴出器であって、第1ピストン2は、ピストンシャフト3を押し込んだときに当該ピストンシャフト3に着座して第1シリンジ1内を密封する一方、ピストンシャフト3を引き戻したときに当該ピストンシャフト3から離間して第1シリンジ1内に空気を導入する弁体2bを有し、ピストンシャフト3とともに外気導入弁を構成する。 (もっと読む)


【課題】機能性物質が親水性を有するものであっても、これを効率的に経皮吸収させることのできる機能性微粒子放出装置を提供する。
【解決手段】本発明は、機能性微粒子を放出する機能性微粒子放出装置である。ここで放出する機能性微粒子は、アミノ酸等の機能性物質を脂溶化し、これを液体に混合させて成る溶液1を、静電霧化等の手段によって微粒子化したものである。機能性物質を脂溶化する手段としては、化学結合や、非結合性の分子間相互作用を用いる。 (もっと読む)


【課題】機能性物質が親水性を有するものであっても、これを効率的に経皮吸収させることのできる機能性微粒子放出装置を提供する。
【解決手段】本発明は、機能性微粒子を放出する機能性微粒子放出装置である。ここで放出する機能性微粒子は、アミノ酸等の機能性物質を脂溶化し、これを微粒子化したものである。機能性物質を脂溶化する手段としては、化学結合や、非結合性の分子間相互作用を用いる。 (もっと読む)


【課題】液滴の残りの特に素早い蒸発を可能にする程度まで一般的な液滴ディスペンサー、さらに、各液滴の液体容積がほとんど一定である液滴ディスペンサーを提供する。
【解決手段】放出開口16がハウジングの外側上の液滴形成領域によって包囲され、この液滴形成領域が、垂直に下方に向く放出開口と液滴ディスペンサーの整列線に対して少なくとも外部領域において、下方にかつ放出開口に向かって先細になる形状を有し、さらに親水性設計を有することによって達成される。放出開口がハウジングの壁を貫通し、放出開口に出口弁が割り当てられている;を有するものにおいて、放出開口がハウジングの外側上の液滴形成領域32,34,36によって包囲され、この液滴形成領域が、放出開口と液滴ディスペンサーの整列線に対して少なくとも外部領域36において、下方にかつ放出開口に向かって先細になる形状を有し、かつ親水性設計を有することを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 514