説明

国際特許分類[A61M16/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | ガスの取扱によって患者の呼吸器系に影響を与える装置,例.口うつし呼吸;気道管 (2,177)

国際特許分類[A61M16/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M16/00]に分類される特許

101 - 110 / 657


患者の気道へガスのフローを輸送するシステムであり、これはガスフロー生成装置と前記患者の気道と前記ガスフローと流通させる患者回路を含む。センサが前記ガスのフローに関連する特徴、例えばフロー速度を測定する。制御装置は、前記測定される特徴に基づき第1の特徴を決定し、かつ前記第1の特徴が前記第1のターゲット値を下回る場合には患者に陽圧サポートを与え、前記第1の特徴が第2のターゲット値を超える場合には陰圧サポートを与える。前記陽圧サポートが与えられる場合には、吸気の間に与えられる圧は、呼気の間に与えられる圧よりも高い。前記陰圧サポートが与えられる場合には、吸気の間に与えられる圧は、呼気の間に与えられる圧よりも高い。
(もっと読む)


患者へ呼吸ガスのフローを輸送するためのシステム及び方法を提供し、ガスフロー生成装置及び患者の気道と前記ガスフローを流通させる患者回路を含む。センサが、フロー速度などのガスフローの特徴に関連する特徴を測定する。制御装置は、前記測定された特徴と患者へ輸送されるガスフローのターゲット値に基づき第1の特徴を決定する。制御装置は、患者へガス輸送を、(1)患者へベースライン陽圧サポート量を与えること、及び(2)前記第1の特徴が前記ターゲット値を超える場合に所定量前記ベースライン量を低減することで修正された圧サポート量を提供することで制御する。前記ベースライン圧は、呼気に間与えられる圧よりも高い吸気の間に与えられる圧を含む。
(もっと読む)


【課題】睡眠呼吸障害に関連するパラメータを監視する。
【解決手段】空気供給システムが、治療のために患者に提供される加圧型の呼吸可能なガスの供給を生成するように動作することができる制御可能な流れ発生器と、治療期間中の患者努力の尺度を決定し、流れ発生器の動作を制御するための入力用の患者努力の信号を提供するように構成されたパルスオキシメータとを含む。 (もっと読む)


圧力サポートシステムは、圧力生成器と、圧力センサと、フローセンサと、圧力生成器の動作を制御するために圧力センサ及びフローセンサと協働するコントローラと、を有する。コントローラは、圧力サポートシステムの圧力レンジの予め決められた圧力勾配にわたって、予め決められた量までの排気フロー変化を検出することによって、圧力サポートシステムと共に使用される患者インタフェース装置を自動的に識別するように構成される。
(もっと読む)


通気性のある医療用回路部品ならびにこれらの部品を形成するための材料および方法を開示する。これらの部品には、水蒸気に対して透過性でありかつ液体水およびガスバルク流に対して実質的に不透過性である通気性発泡材料を組み込む。開示する材料および方法は、管、Yコネクター、カテーテルマウントおよび患者用インターフェースを含む様々な部品に組み込むことができ、吸入回路、麻酔回路および呼吸回路を含む様々な医療用回路における使用に好適である。 (もっと読む)


【課題】患者の呼吸を補助する際、人工呼吸器から適切な温度、相対湿度をもった気体流を常時供給する。
【解決手段】人工呼吸器100から供給される気体流を加温加湿する加温加湿部11と、加温加湿部11に接続された吸気経路12と、吸気経路12の加温加湿部11側の気体流の温度を検出する温度検出部13と、吸気経路12の患者口元側の気体流の温度と相対湿度とを検出する温度湿度検出部14とを有することを特徴とする人工呼吸器用加温加湿装置10。 (もっと読む)


患者への高頻度換気を供する方法は、呼吸ガスのフローを患者へと供給するステップであって、呼吸ガスのフローは、第1の陽圧レベル及び第2の陽圧レベルを有し、前記第1の陽圧レベル及び前記第2の陽圧レベルは、ある周波数及びある振幅を有するために、前記呼吸ガスのフロー中の複数のサイクルで、互いに、交互に起こり、前記呼吸ガスのフローは平均気道内圧を生成する、ステップ;前記患者が自発的に呼吸しているのか又は自発的に呼吸しようとしているのかどうかを決定するステップ;及び前記患者が自発的に呼吸しているのか又は自発的に呼吸しようとしているのかの決定に応答して、又は、HFVに関するユーザ設定及び非自発呼吸患者に関するユーザ操作により、前記平均気道内圧力を調節する、前記呼吸ガスのフローの周波数及びデューティーサイクルを調節する、又は前記呼吸ガスのフロー及び圧力振幅のレベルを調節する、又はそれらの2つ以上を行うステップを含む。
(もっと読む)


圧力サポート治療が被験者に提供される。提供される圧力サポート治療の有効性は、被験者によって吐き出されたガスの1つ以上のガス性分子種の濃度に基づいて、決定されるか、及び/又は、治療が滴定される。被験者によって吐かれたガスの組成の測定は、比較的小さい変形を有するサンプルから得られ、その変形は、圧力サポート治療の一部として被験者の気道に供給されるガスからの吐かれたガスの希釈によって生じる。
(もっと読む)


対象は、モジュール式換気システムによって機械的に酸素を供給される。システムのモジュール方式は、改善された利便性、快適性及び/又はフォームファクタを有してシステムが治療環境に組み入れられることを可能にする。システムは、異なるモジュールと着脱自在に結合される別個のドッキングステーションを有してよい。これは、別個のモジュールが、複数の異なる治療環境の間で患者の有無によらずに動かされることを可能にする。ガスは、システムによって1又はそれ以上のガス源から対象へ供給され得る。
(もっと読む)


【課題】本願発明の目的は、患者の能力を制限せず、患者の不快感を増加させない導管を提供することである。
【解決手段】陽圧下の供給気体(408)を送るための導管(12,152,400)は、第1の導管端部(28,404)および第2の導管端部(40,406)を有する導管壁(402)を備える。第1の導管端部(28,404)は、気体供給部(408)に取り付けられるようになされる。導管壁(402)は、(1)導管壁(402)が導管通路(410)を形成し、それに沿って供給気体が第1の導管端部(28,404)から第2の導管端部(40,406)の間で移動することができる開いた状態と、(2)導管壁(402)が導管通路(410)を実質的につぶす、つぶれた状態との間で変形可能である。 (もっと読む)


101 - 110 / 657