説明

国際特許分類[A61M16/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | ガスの取扱によって患者の呼吸器系に影響を与える装置,例.口うつし呼吸;気道管 (2,177)

国際特許分類[A61M16/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M16/00]に分類される特許

111 - 120 / 657


本発明は、ガスを供給するための装置(1)、とりわけ呼吸補助装置に関し、モータ(10)と羽根(11)を有したロータとボリュート(12)とを有したベンチレータ(2)、モータ冷却用導管(4)、およびベンチレータ(2)とモータ冷却用導管(4)を収納する防音ハウジング(5)を含む。モータ冷却用導管(4)は、モータ(10)及びボリュート(12)の壁に相似する形状を有し、したがって、前記モータ(10)と前記ボリュート(12)の周囲に流路を設ける。導管は、2つのハウジング部(3)を含み、そのうちの1つは、防音ハウジング(5)及びモータ冷却用導管(4)の一部を形成する壁(21,22a,22b,22c,22d)のセットを含み、そのうちの他の1つは、防音ハウジング(5)及びモータ冷却用導管(4)の適合する部分を形成する壁(21,22a,22b,22c,22d)を含む。ハウジング(3)の同じ部位上の防音ハウジング(5)及びモータ冷却導管(4)の一部は、互いに一体に設けられ、ハウジング(3)の2つの部分は、前記モータ冷却用導管(4)及び前記防音ハウジング(5)を共同して形成するようにベンチレータ(2)の周囲に一体に組み立てられるのに適している。 (もっと読む)


【課題】心疾患患者又は心疾患が見込まれる患者の呼吸器疾患を処置する。
【解決手段】患者の心臓血管状態と睡眠呼吸障害状態を互いに関係付ける方法。患者の心拍数及び/又は詳細な心エコー図データが睡眠呼吸障害情報と共に同様のタイムスケールで連続的に或いは定期的に監視されて記録される。その後、睡眠呼吸障害の変化に関連する患者の心拍数の変化が観察される。より具体的には、患者の睡眠呼吸障害の処置に関連する事象が検出されて記録されている間に、睡眠呼吸障害の処置のための治療レベルの気道陽圧が印加される。同時に、患者の心臓血管状態に関する情報が記憶されるとともに、患者の心臓血管状態に関する記憶された情報と患者の睡眠呼吸障害の処置に関連する記録された事象とが互いに関係付けられる。 (もっと読む)


【課題】人工呼吸器の流量制御および流量調節を行う弁について、流量の精度を高める。
【解決手段】ハウジング11と、このハウジング内でハウジングの縦軸の周りを回動可能に配置された回動弁12とを備え、この回動弁の回動によって、貫通孔11dが完全にまたは部分的に閉じることができる。回動弁12は、円錐形のシール面12cを有しており、このシール面は、対応して構成されたハウジング11の支持面11fと相互作用し、貫通孔11dが、シール面12cの領域内に配置されている。回動弁12は、アクチュエータ、好適にはステッピングモータ17によって比例駆動され、貫通孔11dは、回動弁12側において、シールエッジ11fによって包囲されており、このシールエッジの縁の高さは、弁の閉鎖方向に向かって徐々に高くなり、回動弁12は、この回動弁の軸方向に移動可能に、上記アクチュエータに連結されている。 (もっと読む)


【課題】公知の呼吸補助装置が有する難点を解消する。
【解決手段】呼吸ガスの入口および出口とモータにより回転駆動されるように配置されるロータとを備え、加圧呼吸ガスの供給するためのベンチレータであって、出ていく加圧呼吸ガスをロータの回転軸と実質的に平行な方向に排出するように出口は配置されており、出口は、ロータにより発生した流束を該回転軸に対して斜め方向に集束させるように配置される収束部分と、該収束部分の下流に配置されベンチレータから出る流束をロータの回転軸に実質的に平行な方向に向かわせる整流部分とを備える。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

センサアセンブリ(13、113、213)と血管アダプタ(17、217)とを備える圧力測定システム(11、111、211)であって、センサアセンブリは、区室(19、119、219、220)を画定し、区室(19、119、219、220)は、測定ポート(29、129、229、230)と、測定ポートにわたる圧力伝達を可能にする、および不可能にするためのアクチュエータ(21、121、221、222)と、基準圧力に対して区室内の圧力を測定するための少なくとも1つの圧力センサ(23、123、223、224、225)とを備え、前記血管アダプタは、流体チャンバ(47、247、248)を画定し、前記チャンバは、前記測定ポートによって、圧力伝達できるように区室と接続している圧力測定システム(11、111、211)において、区室と流体チャンバの間に、少なくとも1つのメンブレン(15、215)が位置され、メンブレン(15、215)は、区室内の媒体を流体チャンバ内の媒体から隔離することを特徴とする圧力測定システム(11、111、211)を記載する。圧力測定システムは、基準圧力に対して血管アダプタ内の媒体の圧力を測定するために使用される。さらなる実施形態では、圧力測定システムは、流量制限器を用いて、血管アダプタを通って流れる媒体の差圧を測定するように適合される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

111 - 120 / 657