説明

国際特許分類[A61M16/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | ガスの取扱によって患者の呼吸器系に影響を与える装置,例.口うつし呼吸;気道管 (2,177)

国際特許分類[A61M16/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M16/00]に分類される特許

21 - 30 / 657


【課題】小型で、かつ適切な蘇生処置を行うことができる人工呼吸器を提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る人工呼吸器は、マスク2と、本体10と、呼吸制御ユニット22とを具備する。本体10は、患者Pに供給される気体を貯留することが可能な内部空間Sと、患者Pの後頭部を支持することで頭部後屈姿勢を保持することが可能な第1の本体部R1とを有する。呼吸制御ユニット22は、内部空間Sに貯留された上記気体をマスク2に送出する第1の状態と、マスク2から排出される患者Pの呼気を解放する第2の状態とを有し、マスク2と本体10とに接続される。 (もっと読む)


【課題】小型で、かつ適切な蘇生処置を容易に行うことができる人工呼吸器を提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る人工呼吸器は、マスク2と、呼吸制御ユニット22と、本体10とを具備する。マスク2は、患者Pに装着されることが可能である。呼吸制御ユニット22は、気体をマスク2に送出する第1の状態と、マスク2から排出される患者Pの呼気を解放する第2の状態とを有し、マスク2に接続される。本体10は、患者Pの後頭部を支持することで頭部後屈姿勢を保持することが可能な第1の本体部R1と、第1の本体部R1に隣接し、呼吸制御ユニット22が配置される第2の本体部R2とを含む。 (もっと読む)


【課題】津波に巻き込まれ水中に沈んだ時や、火災時に煙に巻かれて、呼吸ができなくなり命を落とす可能性がある。その時に、自分が吐いた息を容器に溜め、再度吸い込んで一時的に呼吸することができる道具の提供。
【解決手段】容量が0.5〜3.0l、厚さが0.5〜1.0m/m、材質がポリプロピレン、ポリエチレン、シリコン等の空気を溜めることができる容器1と、挿入接続されている容器の底までの先端から約10cmまで通気用の孔3がある、直径が10〜15mm程、材質がビニール等のつぶれにくい接続部につば4のあるパイプ2と、くわえ7のあるホース6の組み合わせ構造のある道具。 (もっと読む)


【課題】安価で小型で、低消費電力で、呼吸の有無や呼気CO2分圧の測定を行う。
【解決手段】生体の鼻孔及び/または口からの呼気のCO2分圧に応じて色変化するセンシング部と、このセンシング部を、鼻孔及び/または口からの呼気が直接当たる位置に着脱可能に配置保持するために生体に支持される取付部材と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】患者周囲の環境の安全を確保して、患者に一酸化炭素を投与して疾患を治療すること。
【解決手段】混合部41は、酸素供給部20から供給される酸素と一酸化炭素供給部30から供給される一酸化炭素とを混合して、患者に投与する混合気として出力する。流量調整・遮断部42は、混合部41に供給される一酸化炭素の流量の調整及び流量の遮断を行う。環境一酸化炭素濃度センサ80は、患者の周囲環境内に配置されており、周囲環境内の一酸化炭素濃度を検出する。コントローラ62は、環境一酸化炭素濃度センサ80によって検出される環境一酸化炭素濃度に基づいて、アラーム64を介して警報するとともに流量調整・遮断部42を制御して患者に投与する一酸化炭素を遮断する。 (もっと読む)


【課題】既知のCPAPおよびVPAP送風機は、多かれ少なかれ従来式の渦形室構成、すなわち、空気が接線方向に渦形室を出るものを使用する。これらの構成は、渦形室の非対称形が、渦形室およびインペラにおける流れのパターンを非対称に導く不利益を有する。
【解決手段】本発明における、約2cmHOから30cmHOの範囲の陽圧で空気の供給をもたらす送風機(100)は、モータ(140)と、少なくとも1つのインペラ(150、152、154)と、固定構成要素(170、172、174、180、182、184、190、192)とを含む。固定構成要素(170、172、174、180、182、184、190、192)は、入口(130)および出口(120)を含む。モータ(140)、インペラ(150、152、154)、入口(130)、および出口(120)は、同軸である。 (もっと読む)


【課題】ポンプユニットにおいて、能力を向上させながらも、大幅な小型化を達成する。
【解決手段】マイクロポンプ500を行と列の関係となる格子状に配置し、少なくとも最下流行のマイクロポンプ500の吐出口を統合吐出口に接続する。更に、中間行の複数のマイクロポンプのそれぞれの吐出口を統合吐出口に直結させる吐出直結機構と、同マイクロポンプのそれぞれの吸入口を、最初に供給される前記流体に直結させる吸入直結機構と、上流行のマイクロポンプの吐出口を、下流行の前記マイクロポンプの吸入口に直結させる直列結合機構と、これらを制御する制御装置を備えるようにした。 (もっと読む)


【課題】患者の快適さ、密閉性を向上させることができる呼吸用マスクアセンブリを提供する。
【解決手段】呼吸可能なガスを患者に届ける呼吸用マスクアセンブリは、正面と、正面に対向しており、患者に対面するように使用時に適応される背面とを有するフレームを備えている。フレームは内壁と背面から伸びている外壁とを規定し、内壁と外壁とはそれらの間にチャネルを規定するように離れて配置されている。フレームに対して繰り返し係合可能かつ離合可能であるように、クッションをフレームに取り外し可能に取り付けることができる。クッションは、フレームのチャネルに挿入され得る側壁を備えており、側壁は、クッションとフレームとが係合したときにチャネルに設けられた第二の連結面に係合する第一の連結面を有している。第一の連結面と第二の連結面とは、クッションをフレームに取り外し可能に取り付けるように互いに連結する。 (もっと読む)


【課題】ポンプユニットにおいて、能力を向上させながらも、大幅な小型化を達成する。
【解決手段】マイクロポンプ500を行と列の関係となる格子状に配置し、少なくとも最下流行のマイクロポンプ500の吐出口を統合吐出口に接続する。更に、中間行の複数のマイクロポンプのそれぞれの吐出口を統合吐出口に直結させる吐出直結機構と、同マイクロポンプのそれぞれの吸入口を、最初に供給される前記流体に直結させる吸入直結機構と、上流行のマイクロポンプの吐出口を、下流行の前記マイクロポンプの吸入口に直結させる直列結合機構と、これらを制御する制御装置を備えるようにした。 (もっと読む)


【課題】能力を向上させながらも、ポンプユニットの大幅な小型化を達成する。
【解決手段】医療現場で用いられる呼吸補助装置700は、呼吸用の気体が通過する流路702と、この流路702内に配置されて、呼気方向及び吸気方向にそれぞれ加速用の空気を放出可能な呼気ノズル704及び吸気ノズル706と、流路702の外表面に周方向に沿って配置されるポンプユニット1と、このポンプユニット1を駆動するバッテリ710を備えて構成される。 (もっと読む)


21 - 30 / 657