説明

国際特許分類[A61M16/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | ガスの取扱によって患者の呼吸器系に影響を与える装置,例.口うつし呼吸;気道管 (2,177)

国際特許分類[A61M16/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M16/00]に分類される特許

51 - 60 / 657


【課題】酸素濃縮装置に対して後付けでき、装着後にテストモードスイッチを操作するだけで過熱検知動作のテスト確認が行え、該加熱検知ユニットを取付けるだけで、カニューラを用いて酸素を吸入している際に、火災や異常な高温環境にさらされた場合に、高温環境を検知すると確実に酸素の供給の遮断することができる酸素濃縮装置を提供する。
【解決手段】酸素濃縮装置10の段差部分15Dに対して着脱可能にはめ込まれる凸状のはめ込み用部分を有する筐体304,305を有し、本体部302は、予め定めた温度以上の温度を検知すると駆動部Mの駆動により連結部材と酸素出口部との間の通路を閉塞して酸素の供給を遮断する閉塞構造部402を有し、操作することにより、駆動部Mの駆動により通路を閉塞して酸素の供給を遮断し、その後通路の閉塞を解除する過熱検知動作を再現するテストモードスイッチ320を備える。 (もっと読む)


【課題】タウロリジンの新規な使用方法、処方及び医療装置の設計を提供する。
【解決手段】局部的な細菌感染の治療は、感染部位にタウロリジンを局部的に適用することを含んでいる。体内へ挿入するための装置は、装置を感染に対する耐性を付与するタウロリジンを含んでいる。細菌感染を治療するための薬剤は、ゲル、液体、揺変性ゲル、コロイド状混合物、分散懸濁液、注射可能なポリマー又は細粒のうちの一つによって担持されているタウロリジンを含んでいる。血液を治療するための方法は、体内から血液を取り出すこと、タウロリジンによって血液を処理すること及び処理された血液を戻すことを含んでいる。 (もっと読む)


【課題】本願発明の目的は、睡眠中の患者の能力を制限しないヘッドギアを提供することである。
【解決手段】陽圧下の供給気体(408)を送るための導管(12,152,400)は、第1の導管端部(28,404)および第2の導管端部(40,406)を有する導管壁(402)を備える。第1の導管端部(28,404)は、気体供給部(408)に取り付けられるようになされる。導管壁(402)は、(1)導管壁(402)が導管通路(410)を形成し、それに沿って供給気体が第1の導管端部(28,404)から第2の導管端部(40,406)の間で移動することができる開いた状態と、(2)導管壁(402)が導管通路(410)を実質的につぶす、つぶれた状態との間で変形可能である。 (もっと読む)


【課題】呼吸サイクル全体を通じて供給された圧力の精度を向上させたCPAP装置を提供する。
【解決手段】流れ発生器のマスク圧力の推定値は、流量導関数が正である時間間隔ごとでは実際のマスク圧力を大幅に超過する。他方で、測定及び推定マスク圧力は、流量導関数が負である時間間隔では実質的に同一である。患者インターフェースにおける圧力の揺れが、流れ発生器からの空気流量の増加時における空気供給導管中の空気流のイナータンスを示す圧力降下を考慮に入れて、空気供給導管を通過する流量発生器からの空気流量を調整する。 (もっと読む)


【課題】患者のための呼吸補助装置に関し、人工呼吸装置の小型化を可能にすると共に単純化すること。
【解決手段】装置は、加圧呼吸ガスの供給源、遠位端が前記供給源に接続され、近位端が前記患者に接続されているガス送給ダクト、および前記ダクトの内部と外部との間の少なくとも1つの漏れオリフィス531と、制御装置の信号により前記漏れオリフィスの開きを変化させることができる閉塞要素54とを有するガス調整弁50を備える、各サイクルが少なくとも1つの吸気期と少なくとも1つの呼気期により画成される連続サイクルで呼吸する患者のための呼吸補助装置であって、ガス調整弁が前記ダクト内の近位位置に挿入されており、閉塞要素が、呼気期と吸気期の両方において前記漏れオリフィスを通る2方向ガス流れを可能にすることができる。発明は、呼吸補助装置を用いる患者を補助する呼吸補助方法にも関する。 (もっと読む)


【課題】PAP治療中に、PAP装置を通じた空気流量を決定するための方法及び装置を提供する。
【解決手段】ブロワ6の実際の速度が測定される。所望の速度に近づくため或いは所望の速度を維持するために実際の速度において必要とされる所望のモータ電流I_DESが実際のモータ速度RPM_ACTとともに流量推定アルゴリズムで使用されて、PAP装置を通じた流量が決定される。流量推定アルゴリズムは2次元ルックアップテーブルから成り、この場合、入力は所望のモータ電流及び実際のモータ速度であり、出力はPAP装置を通じた流量とする構成とする。 (もっと読む)


【課題】閉塞性または開放性の無呼吸の発生を確定するための方法および器具が、開示される。
【解決手段】空気流量信号を得るために、患者からの呼吸気流量が測定される。患者の気道に既知の周波数の振動圧力波形を印加し、患者のアドミッタンスを表す複素量を計算し(12)、その値を開放性または閉塞性の無呼吸を示す範囲(14、16)と比較することにより、無呼吸の確定が行われる。該方法は、アドミッタンスを計算するために使用されるモデルが、呼吸器の詳細に基づいていない場合でも、開放性の無呼吸を閉塞性の無呼吸と識別する。さらに、気道を特徴付ける必要性を回避するために、患者のアドミッタンスは、正常呼吸時のアドミッタンスと比較され得る。 (もっと読む)


【課題】呼吸用気体の加圧流を患者に供給する気体流供給装置を提供する。
【解決手段】患者回路(22)、連結組立体(14)及びタンク(16)を備える圧力支援装置(10)。患者回路は、患者に呼吸用気体の加圧流を供給する。連結組立体は、呼吸用気体の加圧流を受けかつ患者回路に接続される入口及び出口を有する。連結組立体にタンクを着脱可能に接続して、タンクに呼吸用気体の加圧流を通過させることができる。タンクに液体を収容して、呼吸用気体の加圧流がタンクを通過する間に、呼吸用気体の加圧流の湿気レベルを上昇させる。 (もっと読む)


【課題】人工呼吸用マスク、このマスクの配置、このマスクを含む人工呼吸システムを提供する。
【解決手段】患者に人工呼吸を行うための人工呼吸用マスク1において、患者にマスク1を固締するために、鼻被覆チャンバ2の鼻翼部4,5および鼻背部6に、それぞれ、第1および第2の固締用タブ11,12ならびに第3の固締用タブ13を設ける。また、人工呼吸用マスクの配置として、人工呼吸用マスク1、患者29の頭部に装着される帽子、ならびに人工呼吸用マスク1を患者の頭部に固締するために、固締用タブ11,12,13および帽子と協働する固締手段を設ける。さらに、人工呼吸システムとして、人工呼吸用マスクの配置に、陽圧の空気を連続的に送り込む人工呼吸装置を組み合わせる。 (もっと読む)


【課題】部品構成を簡素化し、その組み立てを容易にする。
【解決手段】マスク部材10は、可撓性を有する素材で形成されて、宛がい部12と、その宛がい部12に突出して設けた突出部13と、その突出部13に開口して設けられた通気孔11と、その通気孔11内に突出するように設けた弁体片14とを有する。連結部材30は、内部に導入通気孔31を設けた筒状部材32と、その導入通気孔31の途中に設けられた弁座部34とを有する。連結部材30とマスク部材10とが接続され、導入通気孔31と通気孔11が連通し、弁体片14は弁座部34に接離可能となって逆止弁として機能する。 (もっと読む)


51 - 60 / 657