説明

国際特許分類[A61M16/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | ガスの取扱によって患者の呼吸器系に影響を与える装置,例.口うつし呼吸;気道管 (2,177)

国際特許分類[A61M16/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M16/00]に分類される特許

61 - 70 / 657


【課題】状況の変化を簡便に報知する報知装置を提供する。
【解決手段】報知装置10は、ガス送出手段1と、第1のチューブ3と、第2のチューブ5と、圧力センサー2と、報知手段50と、を備える。ガス送出手段1は、定常的に一定量のガスを送出し続ける。可撓性を有する第1のチューブ3は、ガス送出手段1の送出口に接続されてガスの流路を形成する。弾性を有する第2のチューブ5は、第1のチューブ3の先でガスの流路を形成する。圧力センサー2は、ガスの流路内の気圧を測定して出力する。報知手段50は、第2のチューブ5の狭窄による流路内のガスの気圧上昇を、圧力センサー2の出力に基づいて検出して報知する。患者が第2のチューブ5を噛むと、状況の変化を報知することができる。 (もっと読む)


【課題】酸素排出器からの酸素の流出を迅速に停止する。
【解決手段】酸素供給部6を有する装置本体2とは別体に構成された酸素供給停止装置4を備える。酸素供給停止装置4は、装置本体2からカニューラ50に対して酸素を供給する酸素供給チューブ3において、装置本体2からカニューラ50へ酸素が供給されるのを停止可能である。 (もっと読む)


【課題】呼気終末圧設定、圧力スイング、抵抗性除荷、および一般化された患者換気特徴及び/又は疾患分類に基づいた換気の支援を提供するための目標換気を含む換気装置の設定を決定するための方法および装置に関する。
【解決手段】該装置は、セットアップの間にユーザ/医者に入力を促し測定値または入力回答に基づいた設定を計算することにより、方法を対話式に実行する命令でプログラムされる。換気特徴または疾患分類に関係した先に決められた値は、ベース圧力値または測定値と結合して、換気の支援の提供のための圧力レベルを決定するために、患者にカスタマイズされた設定または調整を提供する。 (もっと読む)


【課題】心疾患患者又は心疾患が見込まれる患者の呼吸器疾患を処置する。
【解決手段】患者の心臓血管状態と睡眠呼吸障害状態を互いに関係付ける方法。患者の心拍数及び/又は詳細な心エコー図データが睡眠呼吸障害情報と共に同様のタイムスケールで連続的に或いは定期的に監視されて記録される。その後、睡眠呼吸障害の変化に関連する患者の心拍数の変化が観察される。より具体的には、患者の睡眠呼吸障害の処置に関連する事象が検出されて記録されている間に、睡眠呼吸障害の処置のための治療レベルの気道陽圧が印加される。同時に、患者の心臓血管状態に関する情報が記憶されるとともに、患者の心臓血管状態に関する記憶された情報と患者の睡眠呼吸障害の処置に関連する記録された事象とが互いに関係付けられる。 (もっと読む)


【課題】 高い信頼性及び低い音響ノイズを有する送風機を提供すること。
【解決手段】 患者の持続的気道陽圧(CPAP)換気のための両端可変速度送風機は、協同して望ましい圧力及び流れの特性にガスを圧縮する、2つのインペラーをガス流路中に含む。更に、送風機は、吸気部及び排気部との間のガス流路と、モータと、インペラー・アセンブリとを備え、インペラー・アセンブリは、第1の軸の周囲を回転運動するモータに連絡されたシャフトと、軸に対して動かないように固定された第1及び第2のインペラーとを含む。従って、両端送風機は、狭い範囲のモータ速度にわたって速い圧力応答及び望ましい流れの特性を提供することができ、高い信頼性及び低い音響ノイズを得ることができる。 (もっと読む)


【課題】あまりにも騒々しく、(特に加湿器と共に使用されるとき)汚物及び湿分で閉塞し、清掃かつ組み立てるのに扱い難く或いは困難で、製造工程の非常に小さな変化に対し敏感で、それが圧力と流量との関係の変化に繋がり得ることである。
【解決手段】マスク組立体に使用する排気部組立体は、第1の排気部と、第2の排気部と、患者からの吐き出しガスの流れを前記第1及び第2の排気部間で切り換えるための切換器と、を有する。 (もっと読む)


【課題】呼吸に関する技術において、上述の不足な点の1つまたは複数を修正または排除することができる方法を開発する必要性が高まっている。
【解決手段】(i)人工呼吸器がサイクル動作した後の患者の呼吸気流を監視し、(ii)前記気流を示す信号を作成し、(iii)前記信号からアーチファクトを除去し、(iv)前記信号の摂動を監視し、(v)前記摂動が顕著なとき、無効努力が生じたと判断することを含む、人工呼吸器によって機械的に換気されている患者の無効努力を検出する方法およびシステムであり、前記信号からアーチファクトを除去する前記工程が、心原性振動を表す信号を除去する工程を含み、前記信号からアーチファクトを除去する前記工程が、咳が生じたかを判断する工程を含み、前記信号からアーチファクトを除去する前記工程が、分泌を示す信号を除去する工程を含むことを特徴とする方法。 (もっと読む)


【課題】患者の快適性を犠牲にすることなく安全なマスクの装着性および/またはクッションと患者との間の気密性を提供する1つのヘッドギアを提供する。
【解決手段】1つのベンチレータまたはCPAP装置の1つの人工呼吸マスク8001つのヘッドギア600が提供される。前記ヘッドギアは、1つの実質的に非伸長性の材料で形成される1つのストラップ部分602を含む。前記ストラップ部分は、その一端上に、前記ベンチレータまたはCPAP装置の1つのマスクに構成された1つの接続構造を形成している。1つの利点は、前記マスクがマスク圧力が増加するにつれて前記顔から持ち上がって傾斜しないか、殆んど傾斜しない点にある。 (もっと読む)


【課題】睡眠呼吸障害をもつ患者に陽圧換気補助を提供する方法及び装置を提供する。
【解決手段】いびき検出手段22は圧力検出手段であり、マイクロホン11は差圧センサである。いびき音が発生すると、電気インパルスが上記マイクロホン11から、電気信号を発生させる増幅器/フィルタ/プロセッサユニット26へ供給される。モーター速度制御手段は、いびき検出手段22へ電気的に接続され、いびき検出装置によって発生させられた電気信号に反応してアナログ手段を用いて電気モーター20の速度を増加させる。したがって、CPAPユニットの出力圧力はいびきの検出に反応して増加する。 (もっと読む)


【課題】一酸化窒素の吸入を用いた治療に適格である、先在性左心室機能障害(LVD)を有する患者を評価して、場合により治療から除外すること。
【解決手段】(a)医療提供者へ医薬上許容される一酸化窒素ガスを提供する;および(b)医療提供者に先在性左心室機能障害を有するヒト患者を一酸化窒素の吸入を含む医学的処置から除外することは医学的処置に関連する有害事象もしくは重篤な有害事象のリスクを減少させる、左心室後負荷は、患者へのニトログリセリンもしくはカルシウムチャネルブロッカーを含む医薬投与形態を投与することによって最小限に抑える、または減少させることができる。左心室後負荷は、さらにまた大動脈内バルーンポンプを用いて最小限に抑える、または減少させることができる。 (もっと読む)


61 - 70 / 657