説明

国際特許分類[A61M16/06]の内容

国際特許分類[A61M16/06]に分類される特許

31 - 40 / 425


【課題】本発明は、従来のバイトブロックでは全身麻酔等で意識を失った人体に対する医療施術中に舌部の固定が十分できなかったという問題を解決しようとするものであり、バイトブロックの本来持つ気道確保という効果が十分に得られるよう、舌部を固定する形状を提供することを課題とする。
【解決手段】バイトブロックを人体の口腔内に装着し、気道を確保するため、バイトブロック先端部(口腔挿入部分)を延長し、延長されたバイトブロック先端部は人体の舌を固定するため、湾曲した形状とし、延長されたバイトブロック先端部の長さは、1センチメートルから3センチメートルとし、延長されたバイトブロックの先端部の湾曲した角度は、10度から20度とする。 (もっと読む)


【課題】状況の変化を簡便に報知する報知装置を提供する。
【解決手段】報知装置10は、ガス送出手段1と、第1のチューブ3と、第2のチューブ5と、圧力センサー2と、報知手段50と、を備える。ガス送出手段1は、定常的に一定量のガスを送出し続ける。可撓性を有する第1のチューブ3は、ガス送出手段1の送出口に接続されてガスの流路を形成する。弾性を有する第2のチューブ5は、第1のチューブ3の先でガスの流路を形成する。圧力センサー2は、ガスの流路内の気圧を測定して出力する。報知手段50は、第2のチューブ5の狭窄による流路内のガスの気圧上昇を、圧力センサー2の出力に基づいて検出して報知する。患者が第2のチューブ5を噛むと、状況の変化を報知することができる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

31 - 40 / 425