説明

国際特許分類[A61M16/12]の内容

国際特許分類[A61M16/12]に分類される特許

1 - 10 / 21


【課題】気体の混合比率の変更を、応答時間を短く、且つ精度良く行えるようにする。
【解決手段】気体混合装置10は、互いに並列に配置され、各々が酸素と空気の供給を受けて当該酸素と空気を通過させる複数の合流弁23と、これら複数の合流弁23の各々の下流に一つずつ配置され、合流弁23を通過した酸素と空気の混合気体を送り出す複数のマイクロポンプ24と、これら複数のマイクロポンプ24の下流において、当該複数のマイクロポンプ24の各々から送り出された気体を合流させる合流部25と、を備える。 (もっと読む)


【課題】一酸化炭素を投与した後の患者を安全に回復させること。
【解決手段】患者への一酸化炭素の投与期間の後に、患者に一酸化炭素を投与しない非投与期間が設定される。コントローラ62は、投与期間中、非投与期間中の両期間において、非侵襲患者センサ70により検出される生体情報に基づいて、患者に投与される一酸化炭素濃度が異常濃度であるかを判定する。コントローラ62は、投与期間中で、異常濃度を判定した際には、流量調整・遮断部42を介して一酸化炭素の流量を遮断し、且つ、アラーム64を介して警報し、非投与期間中で異常濃度を判定した際にはアラーム64を介して警報する。 (もっと読む)


【課題】ガスミスト生成器の一部のみを使い捨てにして衛生を保つと共に低コスト化を実現できるガスミスト吸入器を提供する。
【解決手段】酸素、炭酸ガス、又は酸素と炭酸ガスの混合ガスを供給するガス供給手段30と、ガス供給手段30との接続部45と液体を貯留する液体貯留部とガスが供給されるノズルとノズル先端に液体を送液する吸液管とノズルからのガス流によって吹き上げられた液体を衝突させてガスミストにする衝突部材とノズルの上部までガスを導く円筒状のガス導入部とガスミストを収集及び排出するドーナツ形のガスミスト排出部とを有するガスミスト生成手段40と、ガスミスト生成手段40と接続されガスミストを生体に吸入させるための吸入口53を有する吸入部材50と、を備え、ガスミスト生成手段40を、少なくとも液体貯留部を他に対して取り外し可能に構成して、液体貯留部を使い捨てにする。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】副作用の危険性が少なく、虚血再灌流時の好中球の浸潤や血小板活性化も抑制可能な、虚血再灌流障害の軽減のための治療技術を確立する。
【解決手段】酸素21〜98%、水素0.1〜4%、一酸化窒素40〜80ppmを含有し、残部が窒素、ヘリウムなどの不活性ガスからなる混合ガスを、虚血再灌流を開始させる直前から再灌流の開始後しばらくの間、再灌流を受ける患者に吸入投与する。また、窒素、酸素、水素、および一酸化窒素の各ガスの供給源と、各ガス供給源に接続された圧力調整器および流量計を備えた虚血再灌流障害を軽減するための治療装置も提供する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】一酸化窒素の吸入を含む医学的処置に関連する有害事象(AE)もしくは重篤な有害事象(SAE)のリスクを減少させる、または発生を防止する方法を提供する。
【解決手段】a.一酸化窒素の吸入治療に対して適格であるヒト被験者を同定すること;b.患者が先在性左心室機能障害を有するかどうかを決定すること;c.患者が先在性左心室機能障害を有していない場合は一酸化窒素の吸入治療することを含んでなり、一酸化窒素の吸入治療は、酸素(O2)の吸入または同時換気をさらに含む。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

筐体(26)および弁を備える弁組立体(13)であって、弁は筐体内に配置されている、弁組立体と、筐体に筐体に一体化している1つまたは複数のキー(34、38)であって、キーは襟部(12)上の対応する開口に補完的である、1つまたは複数のキーと、弁組立体と流体連通する加圧容器(28)であって、容器は原薬および不活性キャリアガスを収納する、加圧容器と、筐体の少なくとも一部と係合するように適合されたレセプタクルを備える受入れ組立体と、弁と係合するように適合された座部と、弁組立体および容器を軸に沿って直線的に作動させ、弁および座部と係合するように適合されたプランジャ組立体であって、プランジャ組立体は襟部に固定されたキャリッジを備える、プランジャ組立体と、ばねと係合するように適合されたカムを有するレバーであって、ばねはキャリッジ、弁組立体、容器および襟部を軸に沿って直線的に作動させるように適合された、レバーと、を備える指標付薬物送達装置(70)を提供する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

1 - 10 / 21