説明

国際特許分類[A61N2/00]の内容

国際特許分類[A61N2/00]の下位に属する分類

単巻ループまたは電磁石を含む,コイルにより生じた磁界を用いるもの
永久磁石により生じた磁界を用いるもの (221)
機械的な動きにより得られた変動磁界を用いるもの

国際特許分類[A61N2/00]に分類される特許

1 - 10 / 163



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】今まで静電気は、やっかいな存在としてだけ捕らえられて来ていた。
【解決手段】 静電気装置の先にミクロの網を取り付けて静電気を放電した超ミクロのプラス波静電気と超ミクロのマイナス波静電気方法と電気抵抗の含まない電気の陽電子電気及び陰電子電気の何れかを、使用した体のコリと腫瘍を超ミクロ静電気治療によって生き物の細胞を、電気分解してほぐす装置の著作権原本。 (もっと読む)


【課題】施療部を身体に安定して当接でき、音響信号の変化に基づいてソレノイドの駆動を制御することで、操作が簡単で、かつ心地よい刺激を行うことを可能とした指圧装置を提供する。
【解決手段】ケース部と、前記ケース部内に収納されたソレノイドと、前記ソレノイドの内孔に磁石体の心棒を往復動可能に挿入し、前記ケース部の片側には、前記心棒の一端部が突出する開口部を設け、前記心棒の一端部側には、被施療部周辺に当接させる当接部と、被施療部に刺激を与える施療部とを有し、前記施療部の身体当接面は、前記当接部の身体当接面よりも小さくなるように構成され、音響信号の変化に基づいて前記ソレノイドの駆動を制御することで、前記施療部が被施療部を刺激する。 (もっと読む)


【課題】ローラーには、美容効果が公認され、消費者にも明確に判断できる素材を使用、本体内には皮下組織の活性化に対して安全かつ効果的な微弱電流が発生する装置を具備した、小型で安価なローラー美容器を提供する。
【解決手段】ローラー2には強力な磁石を使用し、医療器具としても認められた皮下組織の活性効果を利用、同時に本体1内のコイル5との電磁結合により発電し、微弱電流を皮下組織へ流すことで活性化させ、ローラーによるマッサージ刺激との組み合わせで美容効果をより高めることになるが、ローラーの静止状態では発電しないため安全である。 (もっと読む)


【課題】経頭蓋磁気刺激のシステムおよび方法、前記システムがヘルメットを含んで、位置設定部分、刺激装置および冷却方式を開示する。
【解決手段】上記ヘルメットは、深い脳磁気刺激のためのコイルを備える。上記コイルは、基底部およびリターン部を有し、それらは突出リターン部および接触リターン部を有する。上記コイルは、上記脳の部分の予想外の刺激を最小化するように設計され、一方で、表面電荷の蓄積を縮小させる。上記コイルは、上記電場を特定の深いニューロン組織に集中させるために、いくつかの位置、相異する時間に刺激される。一部の実施例では、マルチチャネルシステムが使用され、他の実施例では、制御装置は1チャネルシステムによって使用される。本発明は、上記脳の皮質領の刺激を最小化すると共に、非同時に個々のコイル部材、複合コイルを刺激して深い脳領域の中での焦点性刺激を可能にする方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】効果的なセルライトの解消を可能にした生体刺激装置を提供する。
【解決手段】吸引カップ1は、生体表面に密着してこの生体を吸引する。吸引カップ1には、電気刺激電極14が固定して設けられ、また磁気刺激手段としての永久磁石15が回動自在に設けられる。したがって、電気刺激電極14からのイオン導入等を含む低周波や高周波の電気刺激と、永久磁石15からの磁気刺激が、生体の皮膚及び皮下組織を刺激して、筋運動や血行促進により刺激部位の基礎代謝を上げる。それと同時に、吸引カップ1により吸引された生体部位の物理的刺激により、生体の皮膚及び皮下組織をさらに刺激し、効果的にセルライトを解消できる。 (もっと読む)


【課題】 優れた発熱効率を示す新規な癌焼灼治療用強磁性酸化鉄粒子を提供すること。
【解決手段】 本発明の癌焼灼治療用強磁性酸化鉄粒子は、マグネシウムが鉄に対して0.5〜7原子%添加されてなり、一辺が10〜50nmの立方状の形状を有し、保磁力が30〜300Oe、飽和磁化が30〜80emu/g、磁気ヒステリシス曲線の角型比が0.20〜0.50である磁気特性を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】光量子エネルギーと漢方薬との相乗作用によって身体における各種疾病等を改善し、健康状態の維持、更には美容効果を得る。
【解決手段】磁力発生部2、鉱石エネルギー発生部5、第1触媒機能部6、カラーエネルギー発生部7、第2触媒機能部8、漢方薬剤部9を順次に重ね合わせて配置する。磁力発生部2は、ベース盤3上に細線状の導電材4を螺旋状に巻回配置して成り、鉱石エネルギー発生部5は、所要の天然鉱石を粉末状にして含有させたインクを合成樹脂製シートに塗布して成り、カラーエネルギー発生部7は、鉱石エネルギー発生部5側から順次に赤色材層、橙色材層、黄色材層、緑色材層、青色材層、紺色材層、紫色材層を積層して成り、前記漢方薬剤部9は、所要の漢方薬剤を含有して成る。また、触媒機能部6,8は、金、銀粉末を含有、あるいは層状に重ね合たシリコン樹脂材、布帛によるシート材から成る。 (もっと読む)


【課題】
エネルギー貯蔵素子の寿命を延長すると同時に、エネルギーの消耗を抑制して効率を高める着磁装置を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明の着磁装置2は、電源供給ユニット21、エネルギー貯蔵素子22及び電圧制限ユニット23を備える。電源供給ユニット21は、少なくとも1個の励磁信号を発生させて、磁場発生装置の少なくとも1個のコイルを励磁する。エネルギー貯蔵素子22は、電源供給ユニット21に電気的に接続される。電圧制限ユニット23は、電源供給ユニット21及びエネルギー貯蔵素子22に電気的に接続されて、制限電圧を有する。制限電圧の準位は、励磁信号の電圧準位より高く、且つ、エネルギー貯蔵素子22の定格電圧より低い。励磁信号が低準位の時、電圧制限ユニット23は、エネルギー貯蔵素子22の両端電圧準位を、制限電圧の準位に等しいか、それより小さくなるようにコントロールする。 (もっと読む)


【課題】 磁気ヒステリシス曲線の角型比を大きくすることによって磁気ヒステリシス損失を大きくすることで優れた発熱効率を示す、癌焼灼治療用強磁性酸化鉄粒子の製造方法を提供すること。
【解決手段】 本発明の癌焼灼治療用強磁性酸化鉄粒子の製造方法は、3価の鉄化合物の水溶液にアルカリを混合する(但し分子内にアミノ基を有する化合物は混合しない)ことで得られる沈殿物を水熱反応に付することにより、長径が30〜300nm、短径に対する長径の比が1〜10である板状の形状を有するゲータイト粒子を得た後、ゲータイトを酸化鉄に変換することを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 163