説明

国際特許分類[A61P29/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化合物または医薬製剤の特殊な治療活性 (401,658) | 非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬 (15,870)

国際特許分類[A61P29/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61P29/00]に分類される特許

15,451 - 15,460 / 15,462



【課題】 優れたタキキニン受容体拮抗活性を有する新規ベンジルアミン誘導体を有効成分としてなる医薬組成物を提供する。
【解決手段】 式(I)
【化1】


(式中、R1は、ハロゲン、オキソ、ニトロ、シアノ、低級アルキル、低級アルコキシ、ピリジルなどで置換されていてもよい縮合複素芳香環式基(当該複素芳香環式基にはヘテロ原子として1〜4個の窒素、酸素、硫黄原子が含まれる)、R2及びR3は、水素、ハロゲン、低級アルキル、ハロゲノ低級アルキルまたは低級アルコキシ)で示されるベンジルアミン誘導体またはその薬理的に許容しうる塩を有効成分としてなる医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】 経口投与により生体にIFN−γ、IL−8等のサイトカインの産生を促進することができ、感染症、自己免疫疾患、炎症、腫瘍などの各種疾患の治療に有用な経口用サイトカイン誘導剤を提供すること。
【解決手段】 その表面にサイトカイン誘導物質を融合タンパク質として発現させた微生物菌体を経口用サイトカイン誘導剤として用いる。上記微生物としては、ラクトバチルス・カゼイ等の乳酸菌を用いる。上記融合タンパク質は、シグナル配列とサイトカイン誘導物質遺伝子と膜アンカー配列とを順次結合したDNAの発現産物である。サイトカイン誘導物質遺伝子としてリステリア溶血素を用いるとIFN−γを、サルモネラの鞭毛タンパク質フラジェリンを用いるとIL−8を誘導できる。 (もっと読む)


チエニル−、フリル−およびピロリルスルホンアミド類、およびエンドセリンファミリーのペプチドの活性を修正または変化させる方法が提供される。特に、N−(イソオキサゾリル)チエニルスルホンアミド、N−(イソオキサゾリル)フリルスルホンアミドおよびN−(イソオキサゾリル)ピロリルスルホンアミドおよび、レセプターをスルホンアミドに接触させることによりエンドセリンレセプターへのエンドセリンペプチドの結合を阻害するためにこれらのスルホンアミドを使用する方法が提供される。エンドセリンの活性を阻害または増加させるこれらスルホンアミドまたはそのプロドラッグの1種以上の有効量を投与することによりエンドセリン媒介疾患を治療する方法も提供される。 (もっと読む)


【課題】 保存安定性及び使用感に優れた高含水油中水型乳化組成物の提供。
【解決手段】 (A)酸性ムコ多糖類;
(B)親油性ソルビタン系界面活性剤;及び(C)親水性非イオン界面活性剤;を含有し、水相成分量が80質量%以上である油中水型乳化組成物。 (もっと読む)




本発明は、式(I)(式中、R、R1、およびR2は本明細書定義してある通りである)の化合物および前記化合物の医薬用として許容しうる塩に関する。本発明はさらに、哺乳動物におけるホスホジエステラーゼ(PDE)タイプIVの作用を阻害するための、あるいは哺乳動物における腫瘍壊死因子(TNF)の産生を阻害するための、式(I)の化合物または前記化合物の医薬用として許容しうる塩を含有する医薬用組成物、そして式(I)の化合物または前記化合物の医薬用として許容しうる塩を使用する方法に関する。本発明はさらに、式(I)の化合物を製造する際に有用な中間体に関する。 (もっと読む)


新規なアミド類は、TNFα及びホスホジエステラーゼの阻害剤であり、悪質液、内毒素性ショック、レトロウィルスの複製、喘息、及び炎症状態を克服するのに使用できる。具体的な実施態様としては、3−フタルイミド−3−(3−シクロペンチルオキシ−4−メトキシフェニル)プロピオンアミドがある。 (もっと読む)


本発明は、ホスホジエステラーゼIV(PDEIV)を阻害してサイクリックアデノシン−3′,5′−一リン酸(cAMP)のレベルを増大させることによる喘息を含めた疾患の治療に有用な式(I):

の新規な化合物を包含する。本発明はさらに、特定の医薬組成物、及び式(I)の化合物の使用を含む、PDEIVの阻害によりりcAMPを増加させて疾患を治療する方法をも包含する。 (もっと読む)


15,451 - 15,460 / 15,462