国際特許分類[A61P43/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化合物または医薬製剤の特殊な治療活性 (401,658) | グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬 (31,380)

国際特許分類[A61P43/00]に分類される特許

31,371 - 31,380 / 31,380


【解決手段】 ツリガネニンジン属植物、クサギ又はそれらの抽出物の1種又は2種以上を含有する細胞賦活剤。
【効果】 本発明の細胞賦活剤は、安定で、安全性、細胞賦活効果に優れており、様々な老化症状に対する予防・改善効果、抗炎症効果や創傷治癒効果を有していることから、応用範囲が極めて広いものである。 (もっと読む)


【目的】ペドラ・ウメ・カア、ムルング及びカツアーバの中から選ばれる1種又は2種以上の抽出物を含有することを特徴とする皮膚外用剤を提供する。
【構成】本発明はペドラ・ウメ・カア(フトモモ科、学名:Myrcia multiflora)、ムルング(マメ科、学名:Erithrina verna)及びカツアーバ(ノウゼンカズラ科、学名:Anemopaegma arvense)の中から選ばれる1種又は2種以上の抽出物を含有することを特徴とする皮膚外用剤である。本発明のペドラ・ウメ・カア、ムルング及びカツアーバの抽出物は安定で優れたフリーラジカル捕捉除去及び活性酸素消去作用を有し、さらに、ペドラ・ウメ・カア、ムルング及びカツアーバの抽出物を含有することを特徴とする皮膚外用剤は優れた老化防止作用を示した。 (もっと読む)


【課題】 漢方エキス粉末を含有し、かつ崩壊時間の短い錠剤を製造することができるようにする。
【解決手段】 漢方エキス粉末と粉状のケイ酸カルシウムとを重量比で1:1から20:1の割合で混ぜると共に賦形剤を加えて混合物を得る。次に、混合物に水を加え、湿式顆粒圧縮法により、顆粒を造粒する。次に、顆粒に崩壊剤と滑沢剤を加えて混合し、打錠用顆粒を得る。次に、打錠機を用いて、打錠用顆粒から錠剤を生成する。 (もっと読む)




本発明は、式(I)(式中、R、R1、およびR2は本明細書定義してある通りである)の化合物および前記化合物の医薬用として許容しうる塩に関する。本発明はさらに、哺乳動物におけるホスホジエステラーゼ(PDE)タイプIVの作用を阻害するための、あるいは哺乳動物における腫瘍壊死因子(TNF)の産生を阻害するための、式(I)の化合物または前記化合物の医薬用として許容しうる塩を含有する医薬用組成物、そして式(I)の化合物または前記化合物の医薬用として許容しうる塩を使用する方法に関する。本発明はさらに、式(I)の化合物を製造する際に有用な中間体に関する。 (もっと読む)


新規なアミド類は、TNFα及びホスホジエステラーゼの阻害剤であり、悪質液、内毒素性ショック、レトロウィルスの複製、喘息、及び炎症状態を克服するのに使用できる。具体的な実施態様としては、3−フタルイミド−3−(3−シクロペンチルオキシ−4−メトキシフェニル)プロピオンアミドがある。 (もっと読む)


本発明は、ホスホジエステラーゼIV(PDEIV)を阻害してサイクリックアデノシン−3′,5′−一リン酸(cAMP)のレベルを増大させることによる喘息を含めた疾患の治療に有用な式(I):

の新規な化合物を包含する。本発明はさらに、特定の医薬組成物、及び式(I)の化合物の使用を含む、PDEIVの阻害によりりcAMPを増加させて疾患を治療する方法をも包含する。 (もっと読む)


3−ウレイド−ピリドフランおよび−ピリドチオフェンは、適切に置換された3−アミノピリドフランもしくは−ピリドチオフェンを、イソシアナートもしくはイソチオシアナートと反応させることにより製造される。この3−ユリア−ピリドフランおよび−ピリドチオフェンは、医薬品、特に急性および慢性の炎症過程の治療のための医薬品中の有効成分として用いることができる。 (もっと読む)


31,371 - 31,380 / 31,380