説明

国際特許分類[A61Q1/12]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用 (28,866) | メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤 (4,678) | おしろいまたはボディパウダー,例.装飾または吸収用 (591)

国際特許分類[A61Q1/12]に分類される特許

11 - 20 / 591


【課題】本発明の課題は、乳化安定性に優れて、べたつき感が改善された、シリコーン油高配合の油中水型乳化組成物を提供することである。
【解決手段】特定の(A)N−長鎖アシル中性アミノ酸エステル、(B)シリコーン油、(C)水を配合することにより、課題が解決できることを見出した。 (もっと読む)


【課題】本発明は、新規なシリコーンリン酸トリエステルにより表面被覆処理した粉体及び特定のシリコーン界面活性剤を組み合わせることにより、経時での分散安定性に優れると共に、滑らかな使用感、化粧膜の均一性、化粧持ちに優れる油中水乳化型化粧料を提供するものである。
【解決手段】新規なシリコーンリン酸トリエステルは、式(1)(式中、各Rはそれぞれ独立して炭素数1〜4のアルキル基を表し、Rは−O−及び−CO−から選ばれる少なくとも1種を有していても良い炭素数2〜7の2価の炭化水素基を表し、nは5〜40のいずれかの整数を表す)で表される化合物であり、これにより表面被覆処理した粉体と、特定の分岐シリコーン鎖を有するポリエーテル変性シリコーンとを組合せることで、粉体の分散安定性を飛躍的に向上させ、塗布時の色変わりが少なく、滑らかな使用感、化粧膜の均一性、化粧持ちに優れる油中水型乳化化粧料が得られる
【化1】
(もっと読む)


【課題】肌へのつきが良く、肌を明るく仕上げることができ、経時でも化粧よれが目立たない化粧料の提供。
【解決手段】(A)エチレンオキシドで架橋された架橋型ポリエーテル変性シリコーン(B)主鎖を構成するオルガノポリシロキサンセグメントの末端若しくは側鎖のケイ素原子の少なくとも1個に、ヘテロ原子を含むアルキレン基を介して、下記式(2)で表される繰り返し単位からなるポリ(N−アシルアルキレンイミン)が結合してなるオルガノポリシロキサン


(RはH、C1〜22のアルキル基等、xは2又は3)、(C)粉体を含有する油中水型乳化化粧料。 (もっと読む)


【課題】老化の徴候を抑制することを目的とするパーソナルケア製品の提供。
【解決手段】2−ヒドロキシ−3−クロロプロピルトリメチルアンモニウムクロリド、2,3−ジヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド、および、フルクトース/グルコースの2−ヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド付加物から選択される第四級アンモニウム化合物と、化粧品的に許容可能な担体を含む、人の皮膚における老化の徴候を治療するためのパーソナルケア組成物。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は油中水型或いは油中水中油型乳化組成物において、経時的に油が分離してきたり、保存条件や使用条件による排油や分離(離水)等の製剤安定性の改良や使用性、特に低温時の使用性を向上させることにある。
【解決手段】
常温で液状の炭化水素油と、ポリエチレンと、多糖類脂肪酸エステルを配合すると、上記の問題が解決することがわかった。
さらに、外相油分が25%以上である場合にその効果が高い。
また、多糖類脂肪酸エステルが、パルミチン酸デキストリン、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン、ミリスチン酸デキストリン、ステアリン酸デキストリンの場合が効果が高かった。
(もっと読む)


【課題】粉末化粧料に環状アミノ酸誘導体であるエクトインを効率的に含有せしめ、優れた肌バリアー機能向上効果を付与する。
【解決手段】板状粉体を環状アミノ酸誘導体であるエクトインで被覆してなる複合粉体を含有することを特徴とする粉末化粧料により解決される。さらに、エクトインが(S)−1,4,5,6−テトラヒドロ−2−メチル−4−ピリミジンカルボン酸又は(S、S)−1,4,5,6−テトラヒドロ−5−ヒドロキシ−2−メチル−4−ピリミジンカルボン酸であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ルースパウダーなどの粉体化粧料に好適な化粧料を提供する。
【解決手段】雲母、タルク、セリサイト、チタンマイカ、合成金雲母及びチタンセリサイトから選択される板状粉体の総質量が、構成する粉体の総重量の80%以上の粉体含有化粧料において、ポリメタアクリロイルオキシエチルホスホリルコリン又はメタアクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタアクリル酸ステアリルコポリマーとC10〜24のアシルアミノ酸とを含有させる。実質的に、二酸化チタン及び酸化亜鉛を含まない。本発明によれば、ソフトなカバー力を有するルースパウダーなどの粉体化粧料を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】機械的衝撃及び熱ショックに対する耐性、肌への快適さ、肌上での持続力を改善する、又はこれらすべての特性を同時に改善する、新規な粉末系化粧用組成物の提供。
【解決手段】(a)50重量%〜99重量%の少なくとも1つの粒子状固相と、(b)0.5重量%〜50重量%の少なくとも1つの不揮発性液相と、(c)第1の2−アクリルアミドメチルプロパンスルホン酸モノマー、及び含窒素環状側鎖を有する第2のビニルモノマーから得られる、0.01重量%〜4重量%の少なくとも1種のブロックコポリマーと、を含有する、ルースパウダー又はコンパクトパウダーの形態の、固形の化粧用組成物。また、(i)粒子状固相、不揮発性液相、ブロックコポリマー及び水を混合してスラリーを得るステップと、(ii)スラリー中に存在する水を吸引して乾燥粉末を得るステップと、を含む、かかる組成物を製造する方法。 (もっと読む)


【課題】 本発明は特定の親水化処理した粉体と、粒子径25〜35μmの球状粒子と、油剤を配合する化粧料であり、膜薄でありながら隠蔽性が高く、塗布時に早くおさまり、さらに肌の凹凸を目立たなくする効果にも優れている化粧料に関するものである。
【解決手段】 (A)金属酸化物、金属水酸化物、及び/又はそれらの複合体から選択される少なくとも1種以上の粉体粒子の表面を、メチルシラノールトリ(ヤシ油脂肪酸PEG−8グリセリル)、ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、及び、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体で被覆してなる表面被覆処理粉体 1〜78質量%、(B)1次粒子の平均粒子径が25〜35μmの球状粒子 2〜50質量%、(C)油剤 20〜80質量%、を配合することを特徴とする化粧料。 (もっと読む)


【課題】紫外線照射による皮膚の様々な障害を、抑制、改善または治癒する効果を有する新規な紫外線障害抑制剤、並びに、それを用いた皮膚外用剤、化粧品、食品、老化防止剤、浴用剤及び石鹸を提供すること。
【解決手段】本発明の紫外線障害抑制剤は、クミスクチンからの抽出物を有効成分として含有する、又は、パフィアからの抽出物を有効成分として含有するものである。また、本発明に係る皮膚外用剤その他の物は、クミスクチン又はパフィア由来の紫外線障害抑制剤を含有するものである。これらの紫外線障害抑制剤によれば、ヒト皮膚の真皮及び表皮におけるUV−B障害を抑制等することができる。 (もっと読む)


11 - 20 / 591