説明

国際特許分類[A61Q19/02]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用 (28,866) | スキンケア剤 (11,244) | 化学的に皮膚を漂白または白化するためのもの (1,194)

国際特許分類[A61Q19/02]に分類される特許

101 - 110 / 1,194


【課題】15重量%を超えても安定した状態でアスコルビン酸(アスコルビン酸誘導体を含む)を含有し、さらに皮膚に塗布しても安全な溶液を提供する。
【解決手段】10〜20重量%の水、45〜55重量%のエトキシジグリコール及び20〜30重量%のプロピレングリコールをそれぞれ含む混合液中を60〜80℃(好ましくは70℃)に保持した状態で、アスコルビン酸15重量%以上と必要に応じ添加物(ビタミンBやアスコルビン酸誘導体など)を加えて撹拌し、アスコルビン酸及び添加物が溶解したのち冷却して所望の溶液を得る。 (もっと読む)


【課題】安全性の高い天然物の中から美白作用又は抗老化作用を有するものを見出し、それを有効成分とする美白剤及び抗老化剤、並びにこれらを配合した皮膚化粧料を提供する。
【解決手段】本発明の美白剤又は抗老化剤の有効成分として、京水菜、京壬生菜、伏見とうがらし、万願寺とうがらし及び九条ねぎからなる群より選択される1種又は2種以上の植物からの抽出物を含有させる。また、皮膚化粧料に、本発明の美白剤及び/又は抗老化剤を配合する。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は経時安定性が高い皮膚外用剤用のエマルジョンを得ることである。さらには優れた美白や整肌効果を安定的に有することも求められていた。
【解決手段】
アスコルビン酸、ヒドロキシ酸、アミノ酸等をはじめとする塩または/および酸と、モノ脂肪酸グリセリルと、モノ脂肪酸ポリエチレングリコールと、レシチンを配合したエマルジョンが本課題を解決することがわかった。 (もっと読む)


【課題】本発明は、植物由来の成分から新たな美白成分を探索し、それを含有する皮膚外用剤を提供することにある。
【解決手段】次式(1)で表されるクリプトメリジオール化合物を含有する皮膚外用剤。
(もっと読む)


【課題】トラネキサム酸エステルの生理学的に許容される塩を含む水中油型乳化組成物及びその製造方法の提供。
【解決手段】A)トラネキサム酸エステルの生理学的に許容される塩;B)両親媒性物質;C)油性物質;及びD)水、水溶性有機溶媒又はこれらの混合物を含み、前記成分A:Bの重量比が、1:0.5〜2.5の範囲であり、前記成分A:Cの重量比が、1:1〜5.0の範囲であり、前記成分A:Dの重量比が、1:0.2〜5.0である油相を調製し、前記油相をE)水、水溶性有機溶媒又はこれらの混合物を含む水相に添加することによって、トラネキサム酸エステルの生理学的に許容される塩を含む水中油型乳化組成物の製造法。 (もっと読む)


【課題】活性酸素消去作用、MMP産生抑制作用、メラニン生成抑制作用及び細胞増殖促進作用に優れた新規な外用剤又は内用剤を提供する。
【解決手段】リュウキュウバライチゴの抽出物は、優れた活性酸素消去作用、MMP産生抑制作用、メラニン生成抑制作用及び細胞増殖促進作用を有し、安定性にも優れていた。リュウキュウバライチゴの抽出物は、皮膚の老化や美白といった美容分野だけでなく、老化による機能低下の抑制、ガンの予防、治療や創傷治癒などといった医療分野にも利用ででき、食品、化粧品、医薬部外品及び医薬品等への応用が期待される。 (もっと読む)


【課題】安全性が高い、美白剤、メラニン生成抑制剤及びドーパオキシダーゼ活性抑制剤を提供すること。
【解決手段】ロロツウ又はその有機溶剤抽出物を有効成分とするドーパオキシダーゼ活性抑制剤。 (もっと読む)


【課題】安全性が高く、ドーパオキシダーゼ活性を抑制することができ、化粧料や医薬等として有用なドーパオキシダーゼ活性抑制剤、メラニン生成抑制剤、美白剤、および皮膚外用剤の提供。
【解決手段】キツネノマゴ科ハグロソウ属植物のPeristrophe japonicaであるハグロソウ又はその有機溶剤抽出物を有効成分とするドーパオキシダーゼ活性抑制剤、メラニン生成抑制剤、美白剤、および皮膚外用剤。該ハグロソウとしては、その植物の全草、葉、果実、種子、花、茎、根茎、根、塊根等を、そのまま、切断、破砕、粉砕、搾取して用いるか、又はこれら処理されたものを乾燥若しくは粉末化して用いることができるが、用いる部位としては、全草を、使用するのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】活性酸素消去作用、コラゲナーゼ活性阻害作用、メラニン生成抑制作用及び細胞増殖促進作用に優れた新規な外用剤又は内用剤を提供する。
【解決手段】ヤエヤマノイバラの抽出物は、優れた活性酸素消去作用、コラゲナーゼ活性阻害作用、メラニン生成抑制作用及び細胞増殖促進作用を有し、安定性にも優れていた。ヤエヤマノイバラの抽出物は、皮膚の老化や美白といった美容分野だけでなく、老化による機能低下の抑制、歯周病の予防、治療や創傷治癒などといった医療分野にも利用ででき、食品、化粧品、医薬部外品及び医薬品等への応用が期待される。 (もっと読む)


【課題】 調製が短時間で容易に行え、衣服等を汚すことがなく、より強い美容及び医療効果が短期間で得られる二酸化炭素外用剤を調製することができる調製用組成物を提供する。
【解決手段】 本発明の二酸化炭素外用剤調製用組成物は、水溶性酸、増粘剤及び水溶性分散剤を必須成分とし、増粘剤が水溶性酸及び水溶性分散剤と混合されている粒状物と、炭酸塩、水、特定の増粘剤及び多価アルコールを必須成分とし、使用時に粒状物と混合する粘性組成物とからなる。そして、前記粒状物における水溶性酸、増粘剤、水溶性分散剤を特定の配合割合で配合し、かつ、前記粘性組成物における炭酸塩、水、増粘剤を特定の配合割合で配合した。また、前記粒状物と粘性組成物とを特定の割合で用いるようにした。さらに、前記粒状物の増粘剤と水溶性分散剤とを特定の組み合わせで用いるようにした。 (もっと読む)


101 - 110 / 1,194