説明

国際特許分類[A61Q3/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用 (28,866) | マニキュアまたはペディキュア剤 (363)

国際特許分類[A61Q3/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61Q3/00]に分類される特許

31 - 40 / 127


【課題】皮膚加齢の徴候を予防又は遅延するため、又はその効果を低減するため、及び/又はとりわけ、特に紫外線照射によって損傷を受けた場合の、表皮又はその角質層の美容ケアのための、治癒を加速又は促進することを目的とした、及び/又は脱毛を予防又は減速し、毛髪の再成長を加速又は促進し、又は脆弱毛を強化するため、及び/又は爪の成長を促進する、及び/又はその強度を強化するための化粧品組成物を提供する。
【解決手段】レペチニア属に属する植物抽出物、特にレペチニア・カウレセンスの抽出物を使用した化粧品組成物。 (もっと読む)


【課題】ケア有効成分としての、有機変性シロキサンを提供する。
【解決手段】本発明は、ヒトまたは動物の身体部分のケアのためのケア有効成分としての、有機変性シロキサンブロックコポリマーの使用に関する。 (もっと読む)


【課題】髪の毛、肌及び爪を処理するため化粧品用組成物の提供。
【解決手段】約10,000〜約50,000,000g/molの平均分子量を有する陽イオン性、陰イオン性又は非イオン性の高分子の水性塩溶液で安定に分散した分散ポリマーを、高分子固体で、約0.001〜約25重量%含有する化粧品用組成物。 (もっと読む)


【課題】 本願発明の目的は、従来の粒子において生じる不利益を少なくとも防止し又は減少させる上述した系において使用するのに適したフィラー粒子を提供し、そのような粒子の調製方法を提供することである。
【解決手段】 本願発明の複合粒子は、コアシェル構造を有する無機−有機複合粒子であって、該複合粒子が、少なくとも1つのワックスを具備する有機ベースコアと、該コアの周りに設けられる無機ベースシェルとを具備することにある。また、本願発明の複合粒子の調製方法は、少なくとも1つのワックスから成る又は少なくとも1つのワックスを具備する有機ベースの粒子が、無機ベースシェルでコートされ、有機ベースワックス粒子が、無機ベースシェルによって囲まれることにある。 (もっと読む)


【課題】 本願発明は、フィラー粒子を具備する分散を提供する。また、本願発明のさらなる目的は、フィラー粒子を具備し、塗装系(例えば、ペンキ、インキ等、塗装等)及びプラスチック力学的的特性、特に引っ掻き抵抗及び摩耗抵抗を、これらの系の他の要求された性能特性(例えば、光沢特性、表面平滑度、接着性等)へ悪影響を与えることなく、改善するために適した革新的な分散系、特に分散を提供することにある。
【解決手段】 本願発明は、少なくとも1つのワックスを具備するか少なくとも1つのワックスからなる少なくとも1つの有機材料に基づく第1の粒子と、少なくとも1つの無機材料、特に無機ナノ粒子に基づく第2の粒子とを結合して、分散媒体と共に具備する分散を提供するものである。 (もっと読む)


【課題】健康なケラチン状態とすることを補助できるケラチン状態改善剤及び爪および毛髪・皮膚の化粧料等の外用剤。ケラチンの結合水量を向上させ、かつ表面の不要なケラチンを溶解させることにより、爪および毛髪・皮膚の白化抑制および表面状態改善および保湿性を向上させる効果にすぐれる化粧料を提供すること。さらには皮膚に刺激の少ないものを提供すること。
【解決の手段】ウマゴヤシ属アルファルファ(Medicago M.sativa)の水または極性溶媒またはその混液による抽出物を1種あるいは2種以上からなることを特徴としたケラチン状態改善剤。 (もっと読む)


【課題】肌にやさしく人体にも環境にも安全無害であり、かつ光触媒の薬理作用を十分に発揮し最後まで優れた防腐、殺菌、洗浄、消臭効果を持続し得るパーソナルケア用品を提供する。
【解決手段】パーソナルケア用品に、光触媒及びアパタイト若しくは光触媒及びアパタイトの複合体粒子と、シクロデキストリン粒子とを含有させる。それによりシクロデキストリンが悪臭物質や有害化学物質、細菌等を包接し、アパタイトがそれらを吸着、さらに光触媒がそれらを分解、除去するという連携した作用を発揮させることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、非水性媒体中の、表面安定化したポリマーの粒子の新規の分散物に関する。また、化粧品的または医薬的に許容可能な媒体中に、前記分散物を含む化粧品または医薬組成物に関する。この組成物は、特には、口紅またはヘア組成物とすることができる。また、前記組成物を使用した、ケラチン物質の美容処理のための方法に関する。
【解決手段】本発明のポリマーは、PEG(ポリエチレングリコール)部分を含むエチレン性モノマーを5から50重量%含む。 (もっと読む)


本願は、2-[2-(ジエチルアミノ)エトキシ]エタノールから誘導される第四級アンモニウムエステルタイプのカチオン性化合物を含む化粧品組成物、これらカチオン性化合物の、特にコンディショニング剤としての使用、これらカチオン性化合物を用いる、特に髪の美容処理方法、並びに、前記の新規なカチオン性化合物に関する。 (もっと読む)


本願は、新規なカチオン性界面活性剤化合物、特に髪用コンディショニング剤としてのその使用、特に髪のための、前記化合物を使用する美容処理方法、並びに、特に髪用の、前記界面活性剤を含む化粧品または医薬品組成物に関する。 (もっと読む)


31 - 40 / 127