説明

国際特許分類[A61Q5/04]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用 (28,866) | 毛髪手入れ用製剤 (6,939) | 毛髪パーマネントウェーブ剤または縮毛矯正剤 (338)

国際特許分類[A61Q5/04]に分類される特許

131 - 140 / 338


【課題】髪を還元する時間、毛髪への塗布量、頭髪の損傷状態に拠らず均一な毛髪形状制御効果を得ることの可能な毛髪形状制御剤第1剤を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)及び(B):
(A)チオール基を有する毛髪還元性物質
(B)一般式(1)で表されるα,ω−ジカルボン酸又はその塩


〔式中、R1は炭素数3〜8のアルキレン基を示す。〕
を含有し、かつチオール基が解離状態にある成分(A)の含有量(a質量%)に対する成分(B)の含有量(b質量%)の比b/aが5〜25の範囲である毛髪形状制御剤第1剤組成物。 (もっと読む)


製品(3)を収集するためのリザーバ(2)及び分配装置(4)付き容器(1)であって、この容器は、流動性のある薬剤、特に液体(8)に溶解及び/又は分散されている粉末又は粒状の製品(3)を分配するための開口部(5)を備え、リザーバ(2)には分配装置が接続され、通路(10)を有する装置(7)は、製品(3)の過度に大きい粒子を引き止めるために使用されて、完全に溶解していない製品(3)及び/又は過度に大きい粒子及び/又はよく分散していない粒子が、分配装置(4)の開口部(5)に届くことができないようにし、したがって開口部(5)を閉鎖することができないようにする、装置。開口部を閉鎖から確実に保護するために、通路(10)の直径(11)又は最小幅(12)が、0.5mm〜5mmであり、若しくは開口部5の直径(13)又は最小幅以下であることが提案される(図7)。
(もっと読む)


【課題】カバノアナタケ由来の有効成分を注射、点滴などに使用する薬剤の製造と活性力の付与
【解決手段】カバノアナタケ抽出物を、灰分、特にカリウム及びナトリウム化合物を除去した高純度で含有する、注射、点滴などに使用する薬剤、座薬・錠剤などの固形剤、及び灰分を特に除去しないまま有効成分として含有し、広く諸症状に対する治療活性・作用を有する薬剤と微弱エネルギ−で処理する。
【効果】上記の薬剤は、エイズ、インフルエンザなどに対し抗ウィスル活性、抗腫瘍活性、免疫増強作用等々、多くの生理活性を有する。有効成分を更に活性化するため、遠赤外線やマイナスイオン、高機能水や雪の水、地下水などを電気分解処理して微弱エネルギーを与えることで薬物や薬理効果をあげることができる。優れた健康飲食製品ができる。 (もっと読む)


【課題】パーマ処理に適用しても毛髪に損傷を与えず、しかも保存安定性に優れる毛髪形状制御剤第1剤を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)、(C)及び(D)を含有し、アルカリ金属又はアルカリ土類金属の水酸化物、炭酸塩又は炭酸水素塩を実質的に含有しない毛髪形状制御剤第1剤。
(A)毛髪還元性物質
(B)一般式(1)で表されるα,ω−ジカルボン酸又はその塩


〔式中、R1は炭素数3〜8のアルキレン基を示す。〕
(C)ポリオール
(D)有機アルカリ剤又はアンモニア (もっと読む)


【課題】中性から弱酸性でもウエーブ性能を示し、かつ処理後の毛髪に残存する臭気を低減した毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】下記式(1)で示される化合物の少なくとも1種を含有することを特徴とする毛髪処理剤;


(式中、Rは、炭素数1〜6のアルキル基、炭素数2〜7のアルキルオキシカルボニル基、炭素数3〜8のアルキルオキシエチル基、またはアミジノ基を表す。)。 (もっと読む)


【課題】 低温での保存安定性に優れた乳化型毛髪化粧料組成物、該乳化型毛髪化粧料組成物により構成される縮毛矯正用第2剤、該縮毛矯正用第2剤により構成される縮毛矯正用剤、および前記乳化型毛髪化粧料組成物を用いた毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】 少なくとも、(A)ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステルまたはその塩、(B)ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル以外のリン酸エステルまたはその塩、(C)ポリエチレングリコール(D)過酸化水素、および(E)水が配合され、pHが2〜5であることを特徴とする乳化型毛髪化粧料組成物である。本発明の毛髪の処理方法は、本発明の乳化型毛髪化粧料組成物を塗布した毛髪を洗い流し、その後前記毛髪にヘアコンディショナーを塗布する工程を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】中性から弱酸性でもウエーブ性能を示し、かつ処理後の毛髪に残存する臭気を低減した毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】下記式(1)で示される化合物の少なくとも1種を含有することを特徴とする毛髪処理剤;


(式中、R1およびR2は、互いに独立に、水素原子、炭素数1〜6のアルキル基、炭素数1〜6のアルコキシ基を表し、Xは酸素原子または硫黄原子を表す。nは1または2の整数を表す。)。 (もっと読む)


【課題】中性から弱酸性でもウエーブ性能を示し、かつ処理後の毛髪に残存する臭気を低減した毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】下記式(1)で示される化合物の少なくとも1種を含有することを特徴とする毛髪処理剤;


(式中、Rは、水酸基、ウレイド基、炭素数1〜6のアルキル基、または炭素数1〜6のアルコキシ基を表す。)。 (もっと読む)


【課題】縮毛矯正施術を繰り返しても、良好なストレート状態を維持しながら毛髪の損傷を低減させることができ、良好な感触を保持する。
【解決手段】還元剤を含む縮毛矯正用第1剤を毛髪に塗布して縮毛を還元軟化させる還元軟化工程と、酸化剤を含む縮毛矯正用第2剤を塗布して矯正された状態で毛髪を酸化定着させる酸化定着工程とを備えた縮毛矯正施術方法において、前記還元軟化工程の前に、(A)毛髪に水を塗布し、噴霧し、若しくは毛髪を水に浸漬させる工程と、(B)濡れた毛髪にテンションをかけて水分を毛髪に浸透させる工程とを備えた。 (もっと読む)


【課題】簡便に優れたパーマを形成できる方法を提供する。
【解決手段】還元剤を含む還元性組成物及び酸化剤を含む酸化性組成物を毛髪に適用してパーマを形成する方法において、前記還元剤と前記酸化剤とを共存させて毛髪を処理する。前記還元剤はチオグリコール酸又はその塩であってもよい。また、前記還元剤の割合は、還元性組成物全体に対して0.1〜15重量%程度である。前記還元性組成物は、さらにアルカリ剤を含有し、かつpHが8〜11程度であってもよい。前記酸化剤は、酸素酸、過酸及びそれらの塩からなる群から選択された少なくとも一種の酸化剤(特に臭素酸塩)であってもよい。前記酸化剤の割合は、酸化性組成物全体に対して0.05〜15重量%程度であり、かつ酸化性組成物のpHが4.5〜10程度であってもよい。還元性組成物及び酸化性組成物を室温で5〜40分間程度毛髪に適用してもよい。 (もっと読む)


131 - 140 / 338