説明

国際特許分類[B05B1/18]の内容

国際特許分類[B05B1/18]に分類される特許

1 - 10 / 242



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】吐出流の強さや吐出範囲を自由に設定できるシャワーヘッドを提供する。
【解決手段】シャワーヘッド(1)は、給水路の末端に配置され、供給された流体を通す複数の通水孔(24a)(24b)(24c)(24d)(24e)が穿設された吐水プレート(20)と、前記吐水プレート(20)の各々の通水孔(24a)(24b)(24c)(24d)(24e)に着脱自在に取り付けられ、基端側で前記通水孔(24a)(24b)(24c)(24d)(24e)に連通する複数のノズル(30a)(30b)(30c)(30d)(30e)とを備える。 (もっと読む)


【課題】従来にないシャワー吐水が実現される散水ノズルの提供。
【解決手段】散水ノズル100は、吐水スクリーン114を有する外筒104と、供給流路122を有する内筒106とを備えている。吐水スクリーン114は、内側領域A1と、外周領域A2とを有している。外筒104は、内側領域A1に連通する第1流路WR1と、外周領域A2に連通する第2流路WR2とを有する。外筒104と内筒106との相対回転により、外筒104が内筒106に対して前後方向に相対移動しうる。この相対移動により、上記供給流路の水が上記第1流路に至る状態と、上記供給流路の水が上記第2流路に至る状態とが選択可能とされている。内側領域A1に、シャワー孔h1が設けられている。上記相対移動に基づき、内側領域A1からの吐水量が連続的及び/又は段階的に変化しうるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】片手で、水の入ったペットボトルの重量を支えながら、シャワーヘッドを上下動させてプッシュプル機構を機能させる操作を容易に行なうことができる携帯ペットボトル用シャワーヘッドを提供する。
【解決手段】ペットボトル1の飲み口3に形成される雄ネジ11に羅合する雌ネジ有する基端部5の周囲に、取手13が突設される。この基端部5に対して嵌合して連通し所定範囲で上下動する先端部7と、前記基端部5との間でプッシュプル機構15が構成され、前記上下動により開閉する。先端部7の先端にシャワー部17が設けられる。操作者が片手23の薬指側の指数本で前記取手13を挟み、残りの親指側の指数本で前記先端部7を上下操作する。 (もっと読む)


【課題】羽根車の円滑且つ安定的な回転を確保して、シャワー水を良好にパルス状吐水することのできるシャワー吐水装置を提供する。
【解決手段】シャワー孔と、羽根車124と、散水板の内面に沿って延びる形態で羽根車124に設けられたシャワー孔遮断部とを含み、シャワー孔遮断部の回動によってシャワー孔を断続的に遮断及び開放することでシャワー水をパルス状に吐水するシャワー吐水装置において、シャワー孔の上部を構成する連通孔118Bの上端の開口を円周上に並べて配置するとともに、その上端の開口を散水板の内面に設けた円周状の溝160-1,160-2,160-3の底面で開口させ、溝160-1〜160-3にてシャワー孔118の上端の開口と羽根車124の羽根129Aと129Aとの間に形成される空間Kとを円周方向に連絡する部分的な拡大隙間S-1,S-2,S-3を形成する。 (もっと読む)


【課題】少ない水量であっても量感を感じることができると共に脈動吐水による刺激感も感じることができるシャワー装置を提供すること。
【解決手段】このシャワー装置F1は、絞り部42から空気混入部43に噴射される主水流を、その噴射方向と交わる方向に振動させることで空気混入部43に取り込まれる空気量を周期的に変動させ、吐水部44から吐出する気泡混入水の脈動吐水を行わせるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】住宅等の庭の植木や園芸植物などへの水撒き作業において、足場の悪い箇所でも安全に作業でき、また一定時間、継続的にミスト散水することができる散水装置を提供する。
【解決手段】水道蛇口10に配管11,13を介してミストを発生する噴霧ノズル20a、20bを取り付け、蛇口10から噴霧ノズル20a、20bに至る配管11,13,の途中に蓄圧容器14、バルブ12、圧力計15を設けるとともに、噴霧ノズル20a、20bを植物等の水やりに適した位置に配置して、蓄圧容器14に水と所定の圧力を蓄えることにより、一定時間及び/又は一定量を噴霧する散水装置。 (もっと読む)


【課題】組み立て作業が容易であって、使用材料の少量化などをも好適に図り、製造コストの低減を好適に図ることが可能なシャワーヘッドを提供する。
【解決手段】シャワーヘッドH1のベース部材1は、湯水供給口15を介して外部からの湯水供給が可能な環状の凹溝14を有し、ノズル部材2は、環状であって、凹溝14を前部側が塞がれた環状の湯水流路14aとして形成するように凹溝14に嵌入し、補助部材3は、フランジ部31と、このフランジ部31からその厚み方向に突出し、かつベース部材1およびノズル部材2のうち、一方の部材に嵌合して固定させることが可能な突出部32とを有し、この突出部32が前記一方の部材に嵌合した状態においては、ベース部材1およびノズル部材2のうち、他方の部材にフランジ部31が当接し、この当接によりノズル部材2が凹溝14から脱出することが防止される。 (もっと読む)


【課題】室内・室外を問わず、人間の美容効果等を得るために、シャワーホースを通過する流体(特に、水道水)の流体圧を利用して、該流体に可撓性の内側容器の液状溶剤を自動的に混合して、シャワーヘッドから噴射すること。
【解決手段】左右の両端部に接続部分を有するパイプ状接続部を備えた外側容器と、この外側容器に内設されると共に液状溶剤を収容する袋状部分に連設する細長状の排出部分がパイプ状接続部内の流路と交差する方向か、又は同一方向かのいずれかを指向する可撓性の内側容器とから成り、使用時、内側容器に流体圧が加わると、液状溶剤は、該内側容器の材質自体の弾性変位の収縮に対応して排出部分から排出される人体用シャワー装置の液状物供給容器。 (もっと読む)


【課題】少ない水量であっても量感を感じることができると共に脈動吐水による刺激感も感じることができるシャワー装置を提供すること。
【解決手段】このシャワー装置F1は、絞り部42から空気混入部43に噴射される主水流を、その噴射方向と交わる方向に振動させることで空気混入部43に取り込まれる空気量を周期的に変動させ、吐水部44から吐出する気泡混入水の脈動吐水を行わせるように構成されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 242