説明

国際特許分類[B21B39/04]の内容

国際特許分類[B21B39/04]に分類される特許

1 - 8 / 8


金属シートまたはプレート(3)を圧延するための方法および装置が提供される。前記方法は、所定の角度で圧延機(1,2)に前記金属プレートまたはシート(3)を供給するステップを有する。前記装置は、傾斜フィードテーブル(4)、または移送テーブルおよび傾斜フィードテーブルを載置可能なエプロンを備える圧延機を有する。本発明の方法と装置を使用して、板厚方向勾配と剪断組織を改善することができる。
(もっと読む)


【課題】高精度の組み立てが不要で且つ耐用寿命の長い圧延加工物リターン装置を提供する。
【解決手段】圧延加工物リターン装置20において、加工物受台2は、当該幅方向の側面に相対向し立設された少なくとも一組みの連結杆4と、一端側がフレーム1aの第4軸受5aで支承され且つ他端側が前記連結杆4の上側軸4aを支承するように取り付けた少なくとも一組みの第1アーム5と、一端側が前記フレーム1aの第3軸受6aで支承され且つ他端側が前記連結杆4の下側軸4bを支承するように取り付けた少なくとも一組みの第2アーム6とからなるリンク機構25を備え、且つ、前記リンク機構25に円弧動作を付与させるための回転機構26を前記少なくとも一組みの第2アーム6の前記一端側に配設された第3軸6aに備えてなる。 (もっと読む)


【課題】厚板圧延設備等の熱間圧延設備において、追い越し圧延等を行うために、搬送テーブル上の圧延材を後続の圧延材が通過できる高さに持ち上げて保持する際に用いる圧延材の保持装置として、広いスペースがなくとも設置することができるとともに、圧延材を安定した状態で持ち上げて保持することができる圧延材の保持装置を提供する。
【解決手段】搬送テーブル11の上方に位置する昇降フレーム31に設けられた10組の保持アーム33の保持部33aによって、鋼材10の下面を搬送テーブル11両側(板幅方向両側)で保持して鋼材10を持ち上げるようにするとともに、昇降フレーム31を昇降させる6台の電動シリンダ24および1台の電動機25を回転伝達軸26と回転中継器27で機械的に連結することによって、6台の電動シリンダ24が同期作動するようにする。 (もっと読む)


【課題】追い越し圧延を行う場合に、圧延機の非圧延時間を最小とすべく、待機装置と圧延機が適切に配置された熱間圧延設備を提供する。
【解決手段】待機装置3は、A材(待機材)が所定板厚まで圧延された際に到達する範囲内に少なくとも装置の一部が位置しているとともに、幅出し圧延後のB材(追い越し材)を転回可能とする距離だけ圧延機1から離れて位置している。 (もっと読む)


【課題】搬送手段の無端帯体によってシート材の裏面が傷付くことを効果的に防止できるシート材圧延装置を提供する。
【解決手段】圧延ロールの取り込み口側に配置されるシート搬送手段3の搬送面3Aに対して、相対的に上下移動するようにコロコンベア10のコロ列12を設け、圧延ロールに対するシート材の送り込みの際に、コロコンベア10のコロ列12をシート搬送手段3の搬送面3Aに対して相対的に上昇させ、回転自在なコロ列12によりシート材の裏面を支持させることにより、圧延ロールにおけるシート材の送り込み時において、該シート材の裏面がシート搬送手段3のチェーンと擦れて傷付くことが防止される。 (もっと読む)


【課題】せん断ライン上を搬送される鋼板の数を調整して最適化し,せん断ライン及び製造ライン全体を安定化させることが可能な厚鋼板の製造設備を提供する。
【解決手段】厚鋼板の製造設備1を,せん断ライン2上を搬送される鋼板Iの所定の移送位置Pへの到達を検出可能な検出装置20と,移送位置Pに到達した鋼板Iをせん断ライン2の外の退避位置Qに移送可能な移送装置31と,移送装置31を制御可能な制御装置32とで構成する。厚鋼板の製造設備1の制御装置32は,鋼板Iが移送位置Pに到達したことを検出装置20によって検出すると,搬送される鋼板Iの分布状態を判定し,この分布状態が密であると判定した場合には,移送位置Pに到達した鋼板Iを退避位置Qに移送するように移送装置31を制御する。 (もっと読む)


【課題】厚板圧延ライン等の熱間圧延ラインにおいて、追い越し圧延等を行うために、搬送テーブル上の圧延材を後続の圧延材が通過できる高さに持ち上げて保持する際に用いる圧延の保持装置として、広いスペースがなくとも設置することができるとともに、適切に圧延材を持ち上げて保持することができる圧延材の保持装置を提供する。
【解決手段】搬送テーブル11の幅方向に延設され、搬送テーブ11の幅方向の一方の側を支点35にして、搬送テーブル11から上方に旋回可能に設けられた棒状の保持アーム34を搬送方向に沿って複数本備えている。 (もっと読む)


【課題】厚板圧延ライン等の熱間圧延ラインにおいて、追い越し圧延等を行うために、搬送テーブル上の圧延材を後続の圧延材が通過できる高さに持ち上げて保持する際に用いる圧延材の保持装置として、広いスペースがなくとも設置することができるとともに、適切に圧延材を持ち上げて保持することができる圧延材の保持装置を提供する。
【解決手段】搬送テーブル11の両側に設けられた4本の支柱21に沿って昇降するフレーム31、32に取り付けられた複数本の保持ビーム34に鋼材10を載せ、搬送テーブル11上から持ち上げて保持する。 (もっと読む)


1 - 8 / 8