説明

国際特許分類[B26D5/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 切断手工具;切断;切断機 (8,140) | 切断;切断機,例.切断,穴あけ,押抜,型抜によるもの,に共通の細部 (4,343) | 切断,切抜,型抜,打抜,穴あけ,または切断刃以外の手段による切断のための装置を操作および制御する装置 (570)

国際特許分類[B26D5/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B26D5/00]に分類される特許

1 - 10 / 238



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】最終製品の中に含まれ得る、品質が低い紙(平判)を、確実に検出することができるカッター設備装置を提供する。
【解決手段】カッター設備2、繊維配向計測装置5、入力装置7、記憶装置8、繊維配向検査装置9を備える。カッター設備2は、原反1から送り出された紙を裁断する。繊維配向計測装置5は、原反1からの紙の繊維配向情報を、複数の幅方向位置において計測する。入力装置7は、平判の取合せを設定する。記憶装置8には、平判の繊維配向情報の許容範囲が記憶される。繊維配向検査装置9は、原反1からの紙の幅方向に複数の計測範囲を設定し、その計測範囲毎に繊維配向情報の許容範囲を設定する。また、繊維配向検査装置9は、繊維配向計測装置5によって計測された繊維配向情報に基づいて、カッター設備2を使用して切り出される平判の良否を判定する。 (もっと読む)


【課題】加工具の昇降応答周波数に影響を与えることなく応答速度を向上させ、かつ、安定した加工具の昇降を実現可能な加工装置のキャリッジ機構を提供する。
【解決手段】キャリッジに把持される加工手段によりメディアに対して加工を行う加工装置のキャリッジ機構において、加工手段と、上記加工手段の側面近傍に配設されるとともに、上記加工手段を昇降させる昇降手段と、上記加工手段の側面近傍に配設されるとともに、上記加工手段を下方側へ押し下げる加圧手段と上記加工手段と上記加圧手段との間に分離された状態で配設され、上記加圧手段の力を上記加工手段に伝達する弾性部材とを有するようにした。 (もっと読む)


【課題】異なる種類の被記録媒体を用いた場合であっても、切断粉の発生を抑制する画像記録装置を提供する。
【解決手段】ロール状の被記録媒体21を搬送する搬送手段3と、被記録媒体21の搬送方向Aと交差する方向に移動しながら被記録媒体21を切断する切断手段10と、切断手段10が被記録媒体21を切断する際に発生する、被記録媒体21の切断粉の量を測定する測定手段40と、測定手段40による切断粉の量の測定結果に応じて、切断手段10の移動速度を制御する制御手段50と、を有している。 (もっと読む)


【課題】図案が形成された媒体を短時間で均一に加工できるカッター装置を提供する。
【解決手段】媒体Sの搬送ユニット20と、それぞれにカッター刃41を有する複数のカッターユニット(40a〜40f)と、搬送方向と直交する走査方向に複数のカッターユニットを個別に移動させるキャリッジユニット30と、制御部10を備え、制御部は、複数のカッター刃のうち、任意の数の同種のカッター刃の刃先42を媒体に当接させつつ、搬送ユニットとキャリッジユニットを制御してカッター刃と媒体とを相対的に移動させることで、任意の数のカッター刃の刃先による任意の数の軌跡を媒体に形成させるとともに、各カッター刃について、媒体に軌跡を形成した実績に関する情報を使用履歴として記憶し、軌跡を媒体に形成させる際に使用するカッターユニットを使用履歴に基づいて選択するカッター装置1としている。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で裁断刃の長寿命化を図り、裁断刃の交換作業を軽減することができる裁断機を提供する。
【解決手段】シート状物4に対する裁断は、傾斜裁断刃5を上方からシート状物4に突刺した状態で、刃縁5bの一部となる作用位置5cで行われる。傾斜裁断刃5の昇降移動を行うために、裁断刃昇降機構6が備えられている。一つの作用位置5cで刃縁5bとしての寿命が到来しても、制御部7が他の作用位置5cに切換えて、裁断を続けることができる。ただし、刃縁5bは傾斜しているので、刃先5aに対する作用位置5cの高さによって、裁断ヘッド2の基準位置と作用位置5cとの距離も変化する。この変化分は、制御部7が裁断データを補正して裁断ヘッド2の制御を行うことによって、誤差なく裁断を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】加工具を交換する際の作業やメディアを加工する際の作業を軽減するとともに、その作業時間を短縮化することができるようにする。
【解決手段】所定の方向に移動自在に配置されたキャリッジに装着した加工具によりメディアに対して加工を行う加工装置において、加工装置本体と通信可能、かつ、書き込み可能な記憶手段を有し、キャリッジに装着可能な加工具と、上記加工具の上記記憶手段に記憶された情報を取得する取得手段と、上記取得手段より取得した情報に基づき、上記加工装置本体の動作を制御する制御手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】寸法の測定を不要としながらも、被切断物を保持シートに応じた適切な寸法に簡単に合わせることができる保持シート、及び切断装置を提供する。
【解決手段】保持シート10は、その外縁から所定距離内側の領域に設けられ、被切断物6を剥離可能に保持する粘着部10aを備える。保持シート10には、粘着部10aを囲う位置に複数の穴部31a〜34bが設けられている。 (もっと読む)


【課題】切断時の切り味を向上させることができると共に、切断刃と被切断物との間での相対移動を好適に行うことができる切断装置を提供する。
【解決手段】切断装置は、切断刃4と被切断物6とがなす角度を切り換える切断刃4の角度切換手段60を備える。角度切換手段60は、切断刃4の角度を、非切断時における第1角度α1と、切断時に切断刃4を第1角度α1よりも小さくなるように傾ける第2角度α2とにわたって切り換えるように構成されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 238