説明

国際特許分類[B26D9/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 切断手工具;切断;切断機 (8,140) | 切断;切断機,例.切断,穴あけ,押抜,型抜によるもの,に共通の細部 (4,343) | 打抜または穴あけ装置と,または,非類似の切断装置と組合った切断装置 (24)

国際特許分類[B26D9/00]に分類される特許

1 - 10 / 24


【課題】磁性ワイヤ14の端部(切断端)が裁断用紙本体の裁断縁部から突出するのを抑制するようにした裁断用紙を提供する。
【解決手段】裁断用紙本体12と、裁断用紙本体12の裁断縁部20に部分的に形成され、裁断用紙本体12の内側に向けて切り欠かれた切欠部22と、裁断用紙本体12に含まれ、切欠部22において端部が露出する磁性ワイヤ14と、を有するように構成する。 (もっと読む)


【課題】包装紙用切取線形成装置において、包装紙の原緞を常に、供給方向と直交する方向における所定位置に供給する。また、切取線部位から空気や異物、湿気などが浸透することを防止する。
【解決手段】移送中の包装紙の左/右位置を感知して移送ローラー31の軸線方向を調整して、包装紙を常に所定位置に供給するE.P.C10、移送中の包装紙を任意の幅に切断するスリッター20、切断された包装紙に所定テンションを付与する第1テンション調節部40、包装紙に具備された標識を認識する標識感知部50、その認識結果によって所定間隔に切取線を形成する切取線形成部60、切取線から異物や湿気が浸透することを防止するための保護膜を形成する切取線保護膜形成手段70、移動ローラー92の上/下位置を調整することによってテンションを調節する第2テンション調節部90、巻取部100、等で構成する。 (もっと読む)


【課題】再生処理の運転中に一時停止を伴うことなく再生紙の紙葉の裁断サイズを変更することができ、紙受け装置の紙受けトレーを変更することができる古紙処理装置を提供する。
【解決手段】カット部42は、再生紙の搬送方向に沿って上流側から下流側へ順次に配置して、それぞれ異なる搬送速度に制御可能な第1搬送系421、第2搬送系422、第3搬送系423と、第2搬送系422と第3搬送系423の間に配置して、再生紙を搬送方向と直交する幅方向に裁断するカッター装置424を有し、スリッター装置500が、再生紙の幅方向の両側のそれぞれを裁断し、かつ再生紙の幅方向で相対的に接近移動および離間移動が可能な第1スリッターユニット501および第2スリッターユニット502を有する。 (もっと読む)


【課題】古紙パルプ液の抄紙により得られる帯状紙を断裁することで生じる端材の取り扱いを容易とし、また、帯状紙の断裁の際の紙詰まりを回避可能な古紙再生処理装置及びその断裁装置の提供を目的とする。
【解決手段】帯状紙65の搬送部42と、帯状紙65を断裁するカッター51と、帯状紙65がカッター51設置位置にまたはその所定長さ上流側に搬送されてきたことを検知する前端部検知手段59と、制御部47とを備え、制御部47は、前端部検知手段59により帯状紙65の前端部がカッター51設置位置またはその上流側に搬送されてきたことを検出し、カッター51による断裁を行う際に、帯状紙51の前端部から所定範囲内については再生紙7のサイズより細寸に繰り返し切断するよう制御する前端部切断制御手段97を備えてなるものである。 (もっと読む)


【課題】少なくとも2種類の切断部材を搭載し、それぞれの切断部材に応じた態様で被切断材を支持することができ、切断加工の手間を低減すると共に切断加工コストを低減する。
【解決手段】長手方向へ移動する走行フレーム及び上記長手直交方向へ移動する走行体により切断手段を二次元移動してテーブル板に載置された被切断材を切断加工する際には、昇降手段により各支持部材を上記下方位置へ移動してテーブル板に載置された被切断材を負圧吸着して固定可能にする一方、上記長手方向へ移動する走行フレーム及び上記長手直交方向へ移動する走行体によりレーザ光出力手段を二次元移動してテーブル板に載置された被切断材を切断加工する際には、昇降手段により各支持部材を上記上方位置へ移動して被切断材をテーブル板から上方へ持ち上げて非接触状態で支持する。 (もっと読む)


【課題】段ボールの厚さに応じて、搬送経路上の段ボールに対するスリッタナイフおよびナイフ受け部材の上下方向の位置を調整することにより、オーダ変更により段ボールの厚さが変更された場合でも、段ボールのばたつきを防止し、スリット加工を精度よく行う。
【解決手段】スリッタ33Aは、スリッタナイフ331Aとナイフ受け部材330Aとを有する。下方支持ブロック454および上方支持ブロック443は、スリッタナイフ331Aおよびナイフ受け部材330Aを上下方向に変位可能に支持する。スリッタスコアラ制御装置142は、ナイフ受け部材330Aが段ボールの上面と接触可能なナイフ受け作動位置に位置するように段ボールの厚さに応じてインダクションモータ437を制御し、スリッタナイフ331Aがナイフ受け部材330Aと所定の噛合い量となるナイフ作動位置に位置するようにインダクションモータ447およびエアシリンダ459を制御する。 (もっと読む)


巻取紙を裁断するための装置が広範囲に連続的に駆動される用紙送りのエリアを備え、巻取紙の横裁断の不連続なエリアを備えている。連続的なエリアと不連続なエリアを連結するためのバッファ領域(15)を備え、その際少なくとも1つの、上側に開いたボックス形状の容器(17)が備えられており、この容器の中に1つまたは複数の巻取紙(3、3')が自由に吊されて環状に案内されている。バッファ領域は、少なくとも2つの縦ウェブ(3、3')を作るために縦裁断装置(9)の後ろに配置されており、それによって容器内に少なくとも2つの別々に隣り合って延びるウェブが案内され、または少なくとも2つの容器が隣り合ってまたはずらして隣り合って配置されており、この容器内に巻取紙が案内される。 (もっと読む)


【課題】カードの裁断位置にズレが生ずるのを防止する。
【解決手段】カード5に表示すべきカード情報Dを入力し、そのカード情報に基づいて印刷情報Eを作成し、プリンタによって印刷するカード印刷システムと、印刷された用紙4を搬送しながら切断するカッタ機構60を含んで構成されるカード裁断機6と、からなるカード作成システムにおいて、印刷情報に、カード裁断機における搬送方向の先端に位置すべき上部カード領域R1の縁部を示すカットマーク18が含められ、そのマークがカード情報と共に用紙に印刷され、カード裁断機は、用紙に印刷されたカットマークを検出するセンサを備え、そのセンサが先端位置情報を検出した際にカッタ機構60による切断が開始されるようにした。 (もっと読む)


【課題】カードの裁断位置にズレが生ずるのを防止する。
【解決手段】カード5に表示すべきカード情報Dを入力し、そのカード情報に基づいて印刷情報Eを作成し、印刷機によって印刷するカード印刷システムと、印刷された用紙4を搬送しながら切断するカッタ機構60を含んで構成されるカード裁断機6と、からなるカード作成システムにおいて、印刷情報に、カード裁断機における搬送方向の先端に位置すべき上部カード領域R1の縁部を示すカットマーク18が含められ、その直線状のマークがカード情報と共に用紙に印刷され、カード裁断機は、用紙に印刷されたカットマーク及びその歪み具合を検出するセンサを備え、そのセンサがカットマークを検出することでカッタ機構60による切断が開始され、検出された歪み量に応じて用紙の向きを微調整するようにした。 (もっと読む)


【課題】ウエブ状フィルムの製袋加工時のインラインコーナーカット加工において、そのカット加工の調整に掛かる時間と労力を省力化し抑制すると共に袋角尖り、ツノ等バリ状突起の発生を防止し袋体の形態や品種に自由度を持たせて製袋できるようにする。
【解決手段】袋体コーナーA1を形成するコーナーカッティング手段19は側部シール部3 の長手方向両端部を略V字にカッティングしてコーナーA1を形成する両端一対の略V字の切欠刃Cz2 を有する切欠カッティング手段と、側部シール部3 の長手方向中央部を略菱形状にラインy 上にあるように打ち抜き袋体コーナーA1を形成する略菱形状の打抜刃Cz1 を有する打抜カッティング手段とを備え、カッティング手段21は側部シール部3 の両端の前記切欠部の閉鎖先端角部と前記中央打抜部のカッティングラインy 上に対向する一対の角部とに架かるように該側部シール部3 をその長手方向に細長矩形状に打ち抜く。 (もっと読む)


1 - 10 / 24