説明

国際特許分類[B41F15/20]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 印刷;線画機;タイプライター;スタンプ (167,967) | 印刷機械 (9,069) | スクリーン印刷機 (1,925) | 細部 (1,072) | 印刷盤 (278) | 被印刷材の支持体 (265) | 吸引作用の機素をもつもの (39)

国際特許分類[B41F15/20]に分類される特許

21 - 30 / 39


【課題】本発明は、基板上に印刷される半田バンプの印刷性を向上させることができるバンプ印刷装置に関する。
【解決手段】本発明によるバンプ印刷装置は、基板が取り付けられる印刷テーブルと、前記基板上に密着し、印刷後分離されながら前記基板上に半田バンプを印刷するマスクと、前記印刷テーブルから前記マスクの端部まで延長され、前記マスクの端部を吸引して前記マスクの端部が真空状態で密着するマスクテーブルと、を含む。 (もっと読む)


【課題】 ワークよりはみ出すワーク吸着部にウェットプロセス用の液体が吸い込まれないようにする。
【解決手段】 ステージ本体12の表面に、吸着対象ワークのうちの最大のワーク5aの外形よりも多少小さくなる吸着部形成領域を設定する。吸着部形成領域の内側にて、吸着対象ワークのうちの小さいサイズのワーク5bの外形に沿う個所に仕切部15を、その他の部分に多孔質プレート16をそれぞれ設ける。仕切部15で仕切られた各多孔質プレート16に、1つの引き口18より分岐させた流路17を接続する。小さいサイズのワーク5bを保持する場合は、その外周縁部と、仕切部15よりも外側の多孔質プレート16を覆うマスク19の端部とを突合せて仕切部15上に載置し、この状態で引き口18より真空引きすることで、仕切部15の内側と外側の多孔質プレート16に、ワーク5bとマスク19をそれぞれ吸着させる。 (もっと読む)


【課題】クリーニングブロワと真空ポンプを共用する場合にクリーニング作業や基板の吸着に支障が生じることのないスクリーン印刷装置を提供する。
【解決手段】基板を真空吸着して位置決めする手段と、スクリーンマスクに残留する半田を吸引して除去する手段と、印刷動作を制御する手段をそれぞれ備えた複数のスクリーン印刷ステージと、全てのスクリーン印刷ステージに共用の基板吸着用の真空ポンプと、全てのスクリーン印刷ステージに共用の半田吸引用のクリーニングブロワと、前記真空ポンプおよび前記クリーニングブロワを作動または非作動に切り換える手段とを備えたスクリーン印刷装置において、一方のスクリーン印刷ステージ側からブロワの非作動要求があった場合であっても他方のスクリーン印刷ステージにおいてブロワを使用している場合にはブロワを非作動に切り換えないようにした。 (もっと読む)


【課題】両方向に印刷可能なダブルスキージを搭載したスクリーン印刷機において、複数の回路基板にスクリーン印刷する際に、スキージの移動方向がいずれの方向であっても、スキージの押し付け圧力による各回路基板の位置ずれを防止できるようにする。
【解決手段】各回路基板11の位置決め動作時に、各回路基板11を基板位置決めプレート41の各位置決め穴42内に遊挿して、各位置決め穴42内の各回路基板11をほぼ対角線方向に移動させて各位置決め穴42の2辺部に各回路基板11の2辺部を当接させて位置決めする。そして、スキージ56の移動方向が反転する毎に各回路基板11の移動方向を反転させることで、スキージ56の移動方向がいずれの方向であっても、各回路基板11のうちのスキージ56の移動方向側に位置する辺部を各位置決め穴42のうちのスキージ56の移動方向側に位置する辺部に当接させて位置決めする。 (もっと読む)


【課題】吸着面に凹凸等があり、吸着面との密着性が悪いワークであってもクリームはんだ印刷を行なうことができ、安価なクリームはんだ印刷装置を得ること。
【解決手段】印刷マスク載置面12hと、前記印刷マスク載置面12hから一段低い凹部として形成され底面がワーク吸着面12fとなるワーク収容部12aと、前記ワーク吸着面12fから一段低い凹部として形成されワーク11により閉塞される負圧室12bと、前記負圧室12bを真空発生器に連通させる吸引孔12cと、印刷マスク13が載値されて閉塞された前記ワーク収容部12aを外気に連通させる通気孔12eと、を有するワーク保持テーブル12と、前記印刷マスク13上を摺動し前記印刷マスク13の開口パターン13aを介して前記ワーク11にクリームはんだ14を印刷するスキージ15と、を備える。 (もっと読む)


【課題】基板を吸着保持する際の窪みに起因する印刷不具合を防止することができるスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法ならびに基板を吸着保持する際の窪みに起因する不具合を防止することができる基板保持装置および基板保持方法を提供することを目的とする。
【解決手段】下受け部材5の上面をスキージ移動方向に沿って複数に区分して単位吸着領域34A,34B,34Cを設定し、単位吸着領域毎に吸引孔5bからの真空吸引を個別にオン・オフ、強弱調節可能に構成する。マスクプレート12上でスキージ16Aを摺動させるスキージング工程において、スキージ16Aが摺動している位置に対応する単位吸着領域の吸引孔5bからの真空吸引をオフまたは弱に設定する。これにより、スキージング位置において基板7が窪むことによる印刷不具合を防止する。 (もっと読む)


【課題】印刷時にフィルムシート状の被印刷物にシワや波を発生させることなく、被印刷物の横ズレや蛇行を防止することが可能な均一移動のスクリーン印刷装置を提供する。
【解決手段】被印刷物保持台5,25とローラ手段6Aとの間にある被印刷物2が、撓み付与手段51によって自重で垂れ下がった状態に撓んでいるので、被印刷物2へのテンションを緩めて印刷を行なうことができる。そのため、被印刷物2が被印刷物保持台25を通過する際に、被印刷物2と被印刷物保持台25やローラ手段6Aとの過度な摩擦を防いで、被印刷物2を均一な速度で正確に送り出すことができる上に、被印刷物2の横ズレや蛇行を防止できる。 (もっと読む)


【課題】貫通孔を有するワークにペースト材料をスクリーン印刷する工程を含む太陽電池の製造方法において、貫通孔を有するワークの貫通孔をとおしてペースト材料が印刷ステージへ付着することを抑制した製造方法を提供する。
【解決手段】貫通孔を有するワークにペースト材料をスクリーン印刷する工程を少なくとも含む太陽電池の製造方法であって、前記スクリーン印刷する工程は、前記貫通孔を有するワークを吸引固定するための吸引孔と、前記ワークの貫通孔に対応するペースト受け孔とを有する印刷ステージを用いてスクリーン印刷する太陽電池の製造方法。 (もっと読む)


【解決手段】ワークピース処理システム及び方法であって、ワークピース処理システムは、ワークピース(W)を処理するワークピース処理ユニット(11)と、ワークピース処理ユニットへと/からワークピースを移送するべく動作可能なフィードユニット(37)とをそれぞれが含む少なくとも1つのワークピース処理モジュール(3)を含む。フィードユニットは、ワークピース処理ユニットへと/からワークピースを移送するべく動作可能な入力側及び出力側フィードアセンブリ(38、39)と、入力側及び出力側フィードアセンブリを相互接続し、入力側フィードアセンブリ(38)からワークピース処理ユニットへと、またワークピース処理ユニットから出力側フィードアセンブリ(39)へとワークピースを移送するべく動作可能な処理域フィードアセンブリ(40)とを含む。 (もっと読む)


【課題】板厚が薄い回路基板であっても確実に保持することができ、印刷精度が高く、回路基板のはんだ印刷部分に「にじみ」が発生しにくいスクリーン印刷方法およびスクリーン印刷機を提供することを課題とする。
【解決手段】スクリーン印刷方法は、基板押さえ部材5a、5bと基板支持部材5cとを有する基板挟持装置5により印刷前の回路基板Bを上下方向から挟持する挟持工程と、挟持した回路基板Bと回路基板Bの上方に配置されるスクリーンマスク420cとを上下方向から圧接させ圧接状態とする圧接工程と、圧接状態の回路基板Bとスクリーンマスク420cとの間から基板押さえ部材5a、5bを抜き出す抜出工程と、回路基板Bとスクリーンマスク420cとを密接させたまま圧接状態を解除する圧接解除工程と、スクリーンマスク420cを介して回路基板Bにクリームはんだを印刷する印刷工程と、を有する。 (もっと読む)


21 - 30 / 39