説明

国際特許分類[B41J11/00]の内容

国際特許分類[B41J11/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B41J11/00]に分類される特許

1 - 10 / 309



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】印字後のロール紙をスライド式カッタでフルカットした場合、カットされた用紙を簡単な構成で確実に一時保持できるようにしたものである。
【解決手段】プリンタにおける用紙の案内経路に配置され、固定刃に対する可動刃の摺動によって前記用紙をカットするカッタ本体と、前記可動刃に設けられたクランプアッパーアームと、前記固定刃に設けられたクランプロアーアームと、前記用紙のカット前で前記クランプアッパーアームの先端部と前記クランプロアーアームの先端部は非接触で、かつ、その先端部間に前記用紙が通過できる隙間を形成する前記可動刃の第一の待機位置と、前記用紙のフルカット後で前記クランプアッパーアームの先端部と前記クランプロアーアームの先端部は押圧状態にあり、その先端部間にカットした用紙を挟持続ける前記可動刃が前記第一の待機位置に戻る手前の第二の待機位置と、を備える。 (もっと読む)


【課題】記録媒体を搬送する搬送ローラの撓みを低減または除去することで、記録媒体の搬送精度の低下を抑制する。
【解決手段】記録装置1は、記録媒体を搬送方向に搬送する用紙搬送機構と、用紙搬送機構の制御を行う搬送制御部とを有し、用紙搬送機構は、記録ヘッド31よりも搬送方向上流側の第1の搬送手段10と、記録ヘッドよりも搬送方向下流側の第2の搬送手段20と、第1の搬送手段10を駆動する駆動手段51と、駆動手段51の駆動力を伝達する駆動経路上に設けられた駆動力遮断手段55aと、を有し、搬送制御部は、記録媒体が第1および第2の搬送手段10,20とによって搬送方向に搬送されているときに、記録媒体の搬送方向上流側の端部が第1の搬送手段10を通過する直前に、記録媒体を第1の搬送手段10によって搬送方向と反対方向に搬送させ、駆動力遮断手段55aに予め設定された値以上の駆動力を作用させるようになっている。 (もっと読む)


【課題】液体の付着による液体記録処理が施されたターゲットを円滑に搬送することが可能な搬送装置及び記録装置を提供する。
【解決手段】搬送装置は、上流側でインクの付着による表面印刷処理が施されたシートCSを下流側へ搬送する搬送機構と、搬送機構によって搬送されるシートCSにおける表面印刷処理が施された表面を保持可能な保持部材61と、シートCSの搬送経路に沿って保持部材61と隣り合うように配置された乾燥装置と、保持部材61を覆うカバー部材62と、カバー部材62における乾燥装置側に形成された開口部70とを備える。 (もっと読む)


【課題】パウダクラッチを用いた記録装置で、安定したトルクによって記録媒体の巻取りを行うことができる回転体駆動装置および記録装置を提供すること。
【解決手段】巻取り回転体104の回転を回転センサ106で検知することによりパウダクラッチの伝達トルク異常(固着)検知を行い、パウダクラッチの伝達トルクが異常である場合には、パウダクラッチに通電して巻取り回転体104を回転させてパウダクラッチの固着を解除する。 (もっと読む)


【課題】異なる用紙搬送方法を共通に制御可能とする。
【解決手段】搬送制御手段は、印刷媒体の搬送を制御し、印刷媒体が予め定められた印刷可能な状態に搬送された場合に、印刷可能通知を出力する。印刷手段は、搬送制御手段から出力された印刷可能通知に応じて、保持手段に保持される、上位装置から転送される画像データを印刷媒体に印刷する。印刷制御手段は、上位装置から指定された印刷情報から、印刷媒体の搬送を制御するための搬送制御情報を含む印刷設定情報を作成し、印刷設定情報を少なくとも搬送制御手段に送信する。搬送制御手段は、印刷設定情報に含まれる搬送制御情報に従い印刷媒体の搬送を制御する。 (もっと読む)


【課題】装置の小型化を実現しつつ、正逆両方向に回転する搬送ローラの読み取り動作への悪影響を防止することのできる原稿搬送装置を提供する。
【解決手段】 モータ90側の側面からその反対側の側面に達するヒンジ軸81を有し、モータ90の回転を、ヒンジ軸81を介して反対側の側面に存在する正逆転機構に伝達する。正逆転機構に含まれる一のギアである正逆転ローラギア347は、このギアと嵌合する正逆転ローラ軸346を介して、正逆両方向に回転可能な搬送ローラである正逆転ローラ34に回転を伝達する。ヒンジ軸81は、装置内部を開閉するための開閉カバーの支軸である構成である。 (もっと読む)


【課題】記録媒体の搬送精度を良好に維持することにより記録品質の低下を抑制することができる記録装置を提供する。
【解決手段】モーターフレーム25の支持面25Aに対してテンションホルダー26の被支持面26Aを対向させた状態で、支持面25Aに向けてテンションホルダー26を押圧する方向への螺入動作を伴って回転することにより、テンションホルダー26を支持面25Aに対して締め付け固定する固定ねじ27を備え、モーターフレーム25の支持面25Aとテンションホルダー26の被支持面26Aとの間には、固定ねじ27の螺入動作に伴いテンションホルダー26に対して支持面25Aに沿う方向への変位を規制するように係止可能な凸条34及び環状突起部44を介在させた。 (もっと読む)


1 - 10 / 309