説明

国際特許分類[B41J27/12]の内容

国際特許分類[B41J27/12]に分類される特許

1 - 2 / 2



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】従来の感熱式インクロールを用いたホットロールプリンターでは印字回転数300rpm以上の高速回転印字で良好な印字品質を得ることは出来なかった。これは感熱式インクロールの高速回転に伴う熱溶融インクの飛散及びインク垂れにより、活字に必要な適度なインク量を供給できないためである。
【解決手段】連続気泡発泡体を、50%〜87.5%の圧縮率で圧縮して気孔率を70〜90%で表面の硬度を16〜40度とすることで、連続気泡発泡体の表面に適量の熱溶融インクを滲み出させることができ、最適な量を活字体に供給することができる。 (もっと読む)


1 - 2 / 2