説明

国際特許分類[B41M5/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 印刷;線画機;タイプライター;スタンプ (167,967) | 印刷,複製,マーキングまたは複写方法;カラー印刷 (26,453) | 複製またはマーキング方法;それに使用するシート材料 (23,795)

国際特許分類[B41M5/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B41M5/00]に分類される特許

101 - 110 / 9,071


【課題】顔料着色剤、例えば、CFカラーもしくはIJカラーに使用される微細化顔料として、よりコントラストが高く、より鮮明な画像が得られる、その一次粒子サイズが10nm〜50nmである、これまでにない微細化顔料の製造方法を提供する。
【解決手段】その一次粒子サイズが80nm〜200nmのα型銅フタロシアニンブルー顔料、その平均粒子径が10μm以下の水溶性の無機塩、顔料分散剤、及び水溶性の有機溶剤を含む混練物を、混練機を使用して加圧下及び冷却下で湿式磨砕して、微細化されたβ型銅フタロシアニンブルー顔料を得る工程を含むことを特徴とする微細化顔料の製造方法。 (もっと読む)


【課題】色相が良好で光・熱・オゾンに対する堅牢性に優れ、且つ、高湿環境下における二次色の記録媒体上の色変化が抑制されたインクジェット記録用水性インクセットを提供する。
【解決手段】二種類以上のインクジェット記録用水性インクを含むインクジェット記録用水性インクセットであって、前記二種類以上の水性インクが、それぞれ、着色剤、水及び水溶性有機溶剤を含み、前記水性インクセットに、特定の構造を有するモノアゾ染料及びカチオン性ポリマーが、下記条件(I)及び下記条件(II)の少なくとも一方の条件を満足するように配合されていることを特徴とする。条件(I):前記染料及び前記カチオン性ポリマーが、それぞれ、異なる水性インクに配合されている。条件(II):前記染料及び前記カチオン性ポリマーの双方が、同一の水性インクに配合されている。 (もっと読む)


【課題】インクジェット印刷紙のコーティングに適した沈殿炭酸カルシウムの製造方法を提供する。
【解決手段】生石灰と水の反応により生成する水酸化カルシウムスラリーを10℃と70℃との間に調節後、反応器中で二酸化炭素含有ガスをバブリングさせ、電導度が最低に達し、pHが8以下に低下したとき、スラリーを反応器から取り出し、スラリーの篩通過により超微細の沈殿炭酸カルシウムアグロメレートのみを含有するようにする製造方法であって、水酸化カルシウム1キログラム当たり二酸化炭素含有ガスを毎分30リットル未満で供給し、上記水酸化カルシウムスラリーは、硫酸マグネシウムと硫酸アルミニウムとの組合せ及び/又は硫酸マグネシウムと硫酸亜鉛との組合せによって処理されることで特徴付けられる。この方法により、減少させたガス流量を使用して、高濃度の、多孔質安定性アグロメレートの沈殿炭酸カルシウムを製造する。 (もっと読む)


【課題】吐出安定性、硬化性、硬化膜の基材密着性及び光沢性に優れたインクジェット記録装置、方法を提供する。
【解決手段】(成分A)ラジカル重合性化合物、(成分B)ラジカル重合開始剤、及び、(成分C)着色剤を含有し、成分Aとして、式(I)で表される単官能重合性化合物と式(II)で表される多官能重合性化合物とを含有するインクを用い、仮硬化エネルギーを2から20mJ/cm2、本硬化エネルギーを200から560mJ/cm2とする。
(もっと読む)


【課題】被記録媒体上に、厚膜でも膜割れの発生が抑制された表面抵抗値の低い銅微粒子焼結膜からなる銅パターン膜を形成することができ、かつ分散性が高く、インクジェット印刷適性が良好である上、焼成温度及び/又は焼成時間の低減が可能な銅微粒子分散体を提供する。
【解決手段】平均一次粒径が1〜200nmの銅微粒子、ポリエーテル構造を有し、重量平均分子量が500〜50,000の範囲にある分散剤、及び分散媒を含有し、かつ、シリコーン系添加剤及び/又はフッ素含有添加剤を0.1〜1.0質量%含有する銅微粒子分散体である。 (もっと読む)


【課題】 マイグレーションレベルの差が比較的大きな水性インク同士の組み合わせであっても、高湿環境下における二次色の記録部の色変化を抑制可能なインクジェット記録方法を提供する。
【解決手段】 記録媒体に二種類以上のインクジェット記録用水性インクを重ね打ちして記録するインクジェット記録方法であって、前記水性インクが、着色剤、水及び水溶性有機溶剤を含み、条件(I)及び条件(II)の少なくとも一方を満足するように、前記二種類以上の水性インクを重ね打ちすることを特徴とする。

条件(I):重ね打ちする二種類以上の水性インクにおいて、マイグレーションレベルが最大の水性インクが、カチオン性ポリマーを含む。

条件(II):重ね打ちする二種類以上の水性インクにおいて、マイグレーションレベルが最大の水性インクより前又は同時に記録媒体に到達する水性インクが、カチオン性ポリマーを含む。
(もっと読む)


【課題】さまざまな基材に対する密着性が良く、吐出安定性が良好な活性エネルギー線硬化型インキ組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】少なくとも、重合性モノマーを含む活性エネルギー線硬化型インクジェットインキであって、重合性単官能モノマーが、全重合性モノマーに対して、60%以上98%以下含み、かつ、該単官能モノマーの一つがイソボルニルアクリレートであり、全重合性モノマーに対して25%以上65%以下含み、さらに、該単官能モノマーの一つが、N−ビニルカプロラクタムであり、全重合性モノマーに対して12.5%以上60%以下含むことを特徴とする活性エネルギー線硬化型インクジェットインキ組成物。 (もっと読む)


【課題】色相が良好で光・熱・オゾンに対する堅牢性に優れ、且つ、高湿環境下における光学濃度(OD値)の低下が抑制されたインクジェット記録用水性インクを提供する。
【解決手段】着色剤、水及び水溶性有機溶剤を含むインクジェット記録用水性インクであって、着色剤が、一般式(1)で表わされる染料を含み、水性インクが、さらに、カチオン性ポリマーを含むインクジェット記録用水性インク。
(もっと読む)


【課題】多重画像を容易に形成できるようにする。
【解決手段】一方向に回転する中間転写体14の表面に、刺激に反応して硬化する硬化性溶液30を吐出する第1吐出部18と、第1吐出部18に対する中間転写体14の回転方向下流側に設けられ、中間転写体14の表面に吐出された硬化性溶液30に対して液滴を吐出することで画像を形成する第2吐出部20と、第2吐出部20に対する中間転写体14の回転方向下流側の表面側に設けられ、中間転写体14の表面に吐出された硬化性溶液30を刺激により半硬化させる半硬化手段28と、を備えた層形成装置12とする。 (もっと読む)


【課題】 自己分散型顔料を含むインクジェット記録用水性インクであって、再分散性に優れ、高い光学濃度(OD値)が得られるインクジェット記録用水性インクを提供する。
【解決手段】 本発明のインクジェット記録用水性インクは、着色剤、水及び水溶性有機溶剤を含むインクジェット記録用水性インクであって、前記着色剤が、リン酸基により修飾された自己分散型顔料を含み、前記水性インクが、さらに、スルホベタイン型界面活性剤を含み、前記水性インク全量に対する前記スルホベタイン型界面活性剤の配合量が、0.3重量%〜5重量%であることを特徴とする。 (もっと読む)


101 - 110 / 9,071