説明

国際特許分類[B41M5/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 印刷;線画機;タイプライター;スタンプ (167,967) | 印刷,複製,マーキングまたは複写方法;カラー印刷 (26,453) | 複製またはマーキング方法;それに使用するシート材料 (23,795)

国際特許分類[B41M5/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B41M5/00]に分類される特許

71 - 80 / 9,071


【課題】低粘度で吐出性に優れ、かつ耐熱性、めっき耐性など各種耐性に優れるインクジェット用硬化性組成物、及びその硬化物並びにそれを用いた電子回路基板を提供すること。
【解決手段】式(I):


(式中、R1は、水素原子又は1価の有機基を表す。)で表わされる化合物を含むことを特徴とする、インクジェット用硬化性組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、保存安定性に優れ、吐出安定性に優れたインクジェット用インクおよび着色樹脂粒子を提供すること。
【解決手段】本発明のインクジェット用インクは、着色樹脂粒子と、当該着色樹脂粒子を分散させる分散媒としての水とを有し、前記着色樹脂粒子が、水性分散媒中に樹脂と着色剤と有機溶剤とを含む分散質が分散した乳化液中において、前記分散質を合一させることにより製造されたものであり、前記樹脂の酸価が15KOHmg/g以上100KOHmg/g以下であることを特徴とする。着色樹脂粒子は、前記乳化液に電解質を添加することにより形成されたものであることが好ましい。着色樹脂粒子の平均粒径が、0.2μm以上1μm以下であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】優れた吐出安定性及び保存安定性を有し、「見え」の良い画像を記録可能なインク、該インクを用いたインクカートリッジ、及びインクジェット記録方法を提供すること。
【解決手段】C.I.ピグメントオレンジ71と、炭素数4以上の1,2−アルカンジオールと、下記一般式(1)で表される化合物及び下記一般式(2)で表される化合物の少なくとも1種とを含有することを特徴とするインクジェット用のインク。
一般式(1)
HO−R−OH
(一般式(1)で表される化合物は主鎖の両末端にOH基を有する多価アルコールであり、前記一般式(1)中、Rは直鎖部分の炭素数が4以上10以下のアルキレン基である。)
一般式(2)
HO−(CH2−CH2−O)n−H
(前記一般式(2)中、nは2又は3の整数である。) (もっと読む)


【課題】 、従来のプラスチックフィルムを基材として用いる際に必須の表面処理や延伸工程を行なわずともインクとの密着性が良好で、インクジェット印刷後の剥がれ等の問題が生じないインクジェット記録媒体とその印刷物およびその製造方法を提供すること。
【解決手段】 環状ポリオレフィン系樹脂(a1)を主成分とする層(A)を有し、表面処理度が40dyne/cm以上である単層又は多層フィルム(I)の処理面にインクジェット印刷を行なうことを特徴とするインクジェット印刷物の製造方法、これで得られる印刷物、および環状ポリオレフィン系樹脂(a1)を主成分とする層(A)と、ポリオレフィン系樹脂(b)を含有する層(B)とが積層され、前記層(A)と前記層(B)との合計厚みに対する層(B)の比率が5〜70%であり、かつ層(A)表面が40dyne/cm以上であることを特徴とするインクジェットインク用記録媒体。 (もっと読む)


【課題】金属光沢性を保持しつつ、耐擦性および耐水性に優れた光輝性領域を形成できるインクジェット用樹脂インク組成物を提供すること。
【解決手段】本発明に係るインクジェット用樹脂インク組成物は、光輝性顔料を含む光輝性領域上に付着させるインクジェット用樹脂インク組成物であって、ウレタン系樹脂、エステル系樹脂およびフルオレン系樹脂から選択される少なくとも1種の樹脂を含有し、前記ウレタン系樹脂および前記エステル系樹脂のガラス転移温度(Tg)が、−70℃以上80℃以下であって、前記フルオレン系樹脂のガラス転移温度(Tg)が0℃以上であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】水溶性、耐光性に優れる黄色色素及びインクジェット記録用の組成物の提供。
【解決手段】下記式(1)で表される水溶性アゾ化合物、及びこれを含有するインク組成物。


(式中、xは2から4の整数を表し、基Aは下記式(2)で表されるアミノ基を表す。)


(式(2)中、Rは水素原子、又はスルホ基を表す。) (もっと読む)


【課題】インクジェットプリントにより付与された紫外線硬化型インク滴の接地境界面における硬化を促進させ、基材表面との密着性に優れた画像を形成することができる、紫外線硬化型インクジェットプリント用基材、および紫外線硬化型インクジェットプリント物を提供する。
【解決手段】本発明は、紫外線硬化型インクを用いるインクジェットプリント用基材であって、紫外線硬化型インクを付与する面の積分分光反射率が、360〜450nm波長領域において100以上であることを特徴とする、紫外線硬化型インクジェットプリント用基材である。 (もっと読む)


【課題】水に対する溶解性が高く、耐オゾンガス性に優れる水溶性の黄色色素となる化合物及びそれを含有する各種記録用イエローインク組成物の提供。
【解決手段】式(1)で表される水溶性アゾ化合物又はその塩、及びこれを含有するインク組成物。


(式中、xは2から4の整数を、基Aはカルボキル基、あるいはヒドロキシ基、あるいはスルホ基を有す基で置換されたアミノ基を表す。) (もっと読む)


【課題】校正対象のマット調印刷用紙に面感が類似し、インクジェットの印字画像と校正対象の印刷用紙に印刷した画像との見栄えが類似した校正用インクジェット記録材料の製造方法を提供する。
【解決手段】JIS−B0601に記載されるカットオフ値0.8mmの中心線平均粗さ(Ra75)が0.5μm以上2.7μm以下である非吸収性支持体上の少なくとも一方の面に、平均二次粒子径が0.5μm以下である無機微粒子、親水性バインダー、及び、該非吸収性支持体のRa75をa(μm)、インク受像層の厚みをb(μm)とした際に、a<r<bで規定される平均粒径r(μm)を有する顔料を含有するインク受像層塗布液に、水溶性多価金属塩を塗布直前にインライン添加して塗布することを特徴とする校正用インクジェット記録材料の製造方法。 (もっと読む)


【課題】インクジェット用の水性インクの基本的な性能である高画像濃度、耐水性、耐候性を有した上で十分な耐擦過性を備えた画像を与えることができ、かつ連続記録において、吐出口の目詰まりが生じず不吐出などが発生しないインクジェット用の水性インクを提供すること。
【解決手段】式(A)、式(B)及び式(C)で示される単位を含んで構成され、各単位のモル%をそれぞれl、m、nとした際に、l+m+n=100.0、70.0≦l、m≦30.0、1.0≦n≦15.0を満たす共重合体であるアニオン変性ポリビニルアルコールの存在下で、α,β−エチレン性不飽和単量体を重合してなる樹脂微粒子を含有することを特徴とするインクジェット用の水性インク。
(もっと読む)


71 - 80 / 9,071