説明

国際特許分類[B41M5/26]の内容

国際特許分類[B41M5/26]の下位に属する分類

国際特許分類[B41M5/26]に分類される特許

1 - 10 / 1,111



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】高セキュリティ性を必要とされる画像表示体を、より高品質にすることを目的とし、視認性を向上させ、また偽造や改竄あるいは変造に対する予防性能を持ち、不正が為された場合でも、被疑不製品を、観察によって容易に発見することができる画像表示体を提供すること。
【解決手段】ホログラム転写箔を複数の画像セルとして被転写基材へ熱転写して得られる画像表示体であって、前記画像表示体は、少なくとも基材と、該基材の一方の面に剥離層、受像層、接着層、透明反射層、ホログラム層が積層されてなり、前記ホログラム層は、異なる2種以上のレリーフ構造形成部を有し、前記接着層に含まれる無機微粒子の含有率ρが、0.02より大きく、かつ1.0より少なく値であり、かつ、画像表示体の透過率ηが、接着層の濁度εの1.8倍に0.15を加えた値よりも小さい値であること。 (もっと読む)


【課題】照射硬化性インクによる画像を、UV光スポットによりデジタル的に硬化させるシステムを提供する。
【解決手段】デジタル硬化システムは、ラスタ走査装置と、レーザダイオードとを含む。ラスタ走査装置は、レーザダイオードによるUV光スポット205を用いて、画像を走査して、好適な量の光で、その画像をデジタル処理して、所望の画像部分を硬化させる。 (もっと読む)


【課題】 熱転写シートから転写して形成される受像シートで、臭気発生する箇所や、臭気発生の強さを適宜変更でき、一つの受像シートの異なる位置に、互いに異なる臭気を発生させることを簡単に実現できる熱転写シートを提供することを目的とする。
【解決手段】 基材2の少なくとも一方の面に、少なくとも2以上の転写層5が面順次に形成されており、前記転写層は、臭気成分を内包したマイクロカプセル又は多孔質微粒子を含み、それぞれの転写層に含まれる臭気成分は互いに異なるものであることを特徴とする熱転写シート1の構成である。これにより、2以上の転写層には、互いに異なる臭気成分を内包したマイクロカプセル又は多孔質微粒子を含有しているので、一つの受像シートの異なる位置に、互いに異なる臭気を発生させることが可能となった。また、臭気発生する箇所や、臭気発生の強さを変更することができる。 (もっと読む)


【課題】パラジウムの含有量を低減しても、またはパラジウムを含有しなくとも、十分良好な記録特性を得ることができる光情報記録媒体を提供する。
【解決手段】光情報記録媒体は、光の照射により情報信号を記録可能な記録層を備える。記録層は、金属Xの酸化物と金属Yの酸化物とを含み、金属Xは、タングステンおよびモリブデンからなる群より選ばれる少なくとも1種であり、金属Yは、銅、マンガン、ニッケルおよび銀からなる群より選ばれる少なくとも1種である。 (もっと読む)


【課題】耐磨耗性や耐光性が高い印刷が施されたレザー製品を提供する。
【解決手段】レザー層7は、加工前の状態で表面の全体にフッ素樹脂からなる保護層8がコーティングされている。保護層8とレザー層7の表面部とが、レーザー光11の走査によって図柄のとおりに除去される。除去によって形成された凹所10に、スクリーン印刷等によってインキ14が塗着される。レーザ層7の内部に印刷するものであるため、インキ14の接着性に優れており、耐剥離性や耐磨耗性に優れている。凹所10はインキ14で塞がれているため、レザー層7に混入している二酸化チタンが酸化して色落ちするような問題(耐光性の低下)は全く生じない。 (もっと読む)


【課題】記録密度を向上できる光情報記録媒体およびその製造方法、と記録層を提供する。
【解決手段】光情報記録媒体10は、光の吸収により発泡し、記録マークとしての空洞を形成可能である記録層2を備える。記録層は、ヒドロキシ基を有する高分子樹脂を含み、ヒドロキシ基同士は水素結合し、含まれるカルボン酸無水物の添加剤が、この高分子樹脂とカルボニル基を介して結合している。この添加剤同士は鎖状に結合し、添加剤は記録マークを形成するための光を吸収する2光子吸収材料からなる。 (もっと読む)


【課題】サーマルヘッドの発熱体進入前に蓄積するカスを抑え、かつサーマルヘッドの磨耗を回避することができる熱転写シートを提供すること。
【解決手段】基材の一方の面に、背面層を含む1つ又は2つ以上の層から構成される耐熱滑性層が設けられた熱転写シートであって、耐熱滑性層が2つ以上の層から構成される場合に、背面層は、基材から最も離れた位置に配置され、耐熱滑性層を構成する少なくとも1つの層には、バインダー樹脂と、多角形状の有機微粒子が含有され、該有機微粒子の表面の一部分が背面層の表面から突出している。 (もっと読む)


【課題】情報漏洩防止熱転写システムにおいて、第2加熱体に付着して異物を効率的に除去できるインクリボンを提供する。
【解決手段】基材層と前記基材層の一方の面に設けられたインク層とを備えたインクリボン本体部と、送出部側の終端に設けられたエンドリーダー部と、巻取部側の終端に設けられたスタートリーダ部とを備えた、インクリボンであって、前記エンドリーダー部および/またはスタートリーダ部に、クリーニングリボンが設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 熱転写シートから転写して形成される受像シートで、ニオイ発生の持続時間を延ばし、臭気発生する箇所や、臭気発生の強さを適宜変更できる熱転写シートを提供することを目的とする。
【解決手段】 基材2の少なくとも一方の面に、離型層3、剥離層4、臭気成分を内包したマイクロカプセル又は多孔質微粒子を含有した転写層5を順に設け、前記剥離層4が親水性樹脂と疎水性樹脂からなる海島構造を有したことを特徴とする熱転写シートの構成である。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,111