説明

国際特許分類[B42D15/10]の内容

国際特許分類[B42D15/10]に分類される特許

4,081 - 4,090 / 4,147


【課題】 商品を購入した客にその場で引いてもらえるよう、商品に直接貼付できる粘着ラベルくじを提供する。
【解決手段】 粘着ラベルくじは3層式で、上からラベル紙1、粘着紙2そして剥離紙3の3枚のシートからなる。粘着紙2の下面は粘着剤2aを塗布し、塗布面を剥離紙3で覆って保護する。ラベル紙1の裏面には、当たり外れまたは大吉、小吉等のくじを印刷する。粘着紙2の上面には、景品などの説明を印刷する。ラベル紙1と粘着紙2は簡単に剥がせる程度に弱く接着する。また、この接着は、いたずら防止のため、ラベル紙1をいったん剥がすと、二度ともとに戻らない(すなわち、粘着紙2にくっつかない)ようなものにする。 (もっと読む)


【課題】 カード発行を情報端末から申込み、消費者金融のサーバで審査し、常時運営している店舗に設置されているカード発行機でカード発行に必要な情報を記録しておき、利用者がカードを入手する際に、即座にカード発行するカード発行代行システムを提案する。
【解決手段】 本発明のカード発行代行システムは、通信ネットワークに接続された消費者のカード発行の申込みと審査対象となる個人情報を送信し、審査結果を受信する情報端末と、カード発行の申込みと個人情報を受信し、カード発行の可否を審査し、カード発行時に必要となるIDおよびパスワードを蓄積し、カード発行の申込みをした消費者に審査結果を送信する消費者金融のサーバと、カード発行の要求を受け、IDおよびパスワードを照合して、常時開店して店舗等に設置されているカード発行機とを有する。 (もっと読む)


【課題】 回路の負荷変動によって生じる電流変動分を補償することにより、電源ノイズおよび電源電圧変動を抑制し、高性能な電源回路を実現する。
【解決手段】 リニアレギュレータ200を用いてデジタル回路300の負荷変動によって生じる電流変動分をモニターし、その電流変動分を電流補償回路400により電源電圧AVDDからグランドVSSに補償電流として流すことにより、電源AVDDの負荷インピーダンスを常に一定とする。その結果、電源電圧AVDDの変動およびノイズが低減され、高性能な電源回路1が得られる。 (もっと読む)


【課題】 取り扱いが便利で、見易く、しかも一枚で多くのベット数をも購入できる投票券を提供する。
【解決手段】 公営競技で用いる投票券11において、該投票券11の縦・横サイズをほぼ紙幣サイズとする。 (もっと読む)


【課題】 ICカードを高効率的に冷却することである。
【解決手段】 携帯型パソコン等のスロットに着脱自在に挿入されるICカード1の筐体に内外に貫通する複数の開口を形成することにより、内外に渡って空気が流通するようにしている。また、冷却トレイ31にICカード1を保持せしめ、これらを該スロットに挿入する。この状態で、冷却トレイ31の後端部31aは、該パソコン等の筐体19から外部に向かって突出している。必要に応じて冷却トレイ31にヒートパイプ35を埋設して後端部31aに熱を積極的に輸送し、後端部31aに凹凸部を形成して表面積を拡大し、あるいは後端部31aにファン36を取り付けることにより、冷却効率を高める。 (もっと読む)


【課題】 カード等の情報記録体において、ホログラム等の光回折構造中の光反射性層を部分的に除去して、光反射性層の有無による情報の保持を行なわせる場合の偽造防止効果を高めること、および、光反射性層の有無による情報を、より見えやすいものとすることを課題とする。
【解決手段】 基材2上に積層する情報記録部6を、上から剥離層61、光回折構造層62、光反射性層63、蛍光層64、および接着剤層65からなる積層構造として、課題を解決することが出来た。 (もっと読む)


【課題】個々の経費使用について部門長による事前承認というステップをとることで最も効果的な経費発生がされるようにコントロールできる仕組みを提供する。
【解決手段】経費使用に関する申請をする申請者と、経費使用に関する承認をする管理者とをそれぞれ個人認証できるコンピュータを用いて経費の事前管理を行う方法であって、申請者が経費の使用目的と使用予定金額とを少なくとも含む事前申請データを入力する事前申請の段階と、管理者が事前申請データに対する電子承認のためのデータを入力する事前承認の段階と、申請者が使用した経費に関する報告を事後精算データとして入力する事後精算の段階とを少なくとも含む。事後精算データは事前申請データと関連付けされている。 (もっと読む)


【課題】 業種や業態の異なる複数の企業間においても利用できるポイント交換システムを提供する。
【解決手段】 端末装置1a,1b,1c,…,1nは、複数の異なる企業A,B,C,…,Nに配置され、企業ID、顧客ID及び購買金額に関する情報を出力する。管理センター6は、購買金額に応じて決められたポイントを顧客ごとに管理する顧客別管理ファイル8と、ポイントの発行量及び利用量を企業ごとに集計する集計ファイル10と、前記集計に基づいて各企業ごとの収支を算出する収支算出ファイル11とを備えている。 (もっと読む)


【課題】 カード用コネクタ装置の構造で、ヘッダー部への各接続端子の支持位置を前後方向へずらすことなく同一直線上に形成するとともに、各支持部の剛性が接触部までの長さが長くなるに伴って高まるように形成するようにして、各接続端子の接触圧が同一で、コネクタ装置全体の小型化が図れるカード用コネクタ装置を提供する。
【解決手段】導電性の金属板からなる複数の接続端子2が並設されたヘッダー部3と、このヘッダー部3が一端側に配設され、前記接続端子2と接続可能な複数の接点部5aを有するカード5が挿着されるフレーム1とを備え、前記接続端子2は、前記ヘッダー部3に支持される支持部2aと、この支持部2aから延設された自由端側にカードの接点部5aに弾接される接触部2cが設けられ、前記支持部2aはカード挿入方向に直交する方向の同一直線上に並設されると共に、前記支持部2aから接触部2cまでの長さが異なるように形成され、且つ、前記支持部2aから接触部2cまでの長さが長くなるのに伴って前記支持部2aの剛性が高まるように形成した。 (もっと読む)


【課題】 部品点数の低減化、機構の簡素化を図り、コストの低減化、機器の小型化の可能なカード用コネクタを提供する。
【解決手段】 本発明は、カード1を挿脱可能に保持するケース2と、該ケース内に設けられ、前記カードの挿脱方向に該カードを伴いスライド可能に形成されたスライド手段3と、該スライド手段を前記カードの抜脱方向に付勢する付勢手段32と、前記ケースに形成され、前記カードを前記ケースに挿入すると前記スライド手段に掛止するロック手段67と、前記ケースの幅広面側から操作することにより、前記ロック手段の前記スライド手段に対する掛止状態を解除可能なロック解除手段70とを備え、前記ロック手段が前記スライド手段に掛止することにより、前記カードが前記ケース内に保持され、また、前記ロック解除手段の操作により、前記ロック手段の前記スライド手段に対する掛止状態が解除される。 (もっと読む)


4,081 - 4,090 / 4,147