説明

国際特許分類[B60B3/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 車輪;キャスター;車軸;車輪の付着力を増大させるもの (6,118) | 円盤状車輪,すなわち荷重を支持する円盤状本体をもつ車輪 (430)

国際特許分類[B60B3/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B60B3/00]に分類される特許

1 - 10 / 75


【課題】タイヤおよびホイール周りの空気流を改善することができるタイヤ/ホイール組立体を提供することにある。
【解決手段】タイヤ/ホイール組立体100は、車両に連結する連結部を備えるホイール102と、ホイール102の外周に装着される空気入りタイヤ1と、を有し、空気入りタイヤ1は、車両外側となるタイヤサイド部Sに多数のタイヤ凸部9を有し、ホイール102は、車両外側となる表面に多数のホイール凸部120を有することで、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】タイヤおよびホイール周りの空気流を改善することができるタイヤ/ホイール組立体を提供することにある。
【解決手段】タイヤ/ホイール組立体100は、車両に連結する連結部を備えるホイール102と、ホイール102の外周に装着される空気入りタイヤ1と、を有し、空気入りタイヤ1は、車両外側となるタイヤサイド部Sに多数のタイヤ凹部9を有し、ホイール102は、車両外側となる表面に多数のホイール凸部120を有することで、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】走行性能をより向上させることができるタイヤ/ホイール組立体を提供することにある。
【解決手段】タイヤ/ホイール組立体100、500は、車両に連結する連結部を備えるホイール102と、ホイール102の外周に装着される空気入りタイヤ1と、を有し、空気入りタイヤ1は、車両外側となるタイヤサイド部Sに多数のタイヤ凸部9および多数のタイヤ凹部503の少なくとも一方を有し、ホイール102は、車両外側となる表面に多数のホイール凹部120を有することで、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、自動車等のタイヤから受ける振動、衝撃を利用した、発電装置を提供する。
【解決手段】ホイール(2)のセンターディスク(3)の適当なる位置に、リング溝(4)を設けて、該溝に振動発電素子(5)を埋めこみ、これに配線回路を施し、固定手段(6)にて該溝を封じて、該発電素子を固定する。 (もっと読む)


【課題】一体式車輪及びこの車輪を用いた電動スクーターを供給する。
【解決手段】前記電動スクーター1は、その下端に前車輪92が設けられる操作レバー9と、その後端に後車輪93が設けられるステップフロア91とから構成され、前記前車輪又は後車輪の一方が一体式車輪である。前記一体式車輪は、その外周縁に複数の位置決め溝が設けられる車輪リムと、前記車輪リムの外周縁と一体成形することにより、その内周縁にそれぞれの位置決め溝に対応して嵌着される複数のバンプが形成されるゴムタイヤとを備える。これにより、車輪リムとゴムタイヤとをしっかり結合させることができ、車輪の使用寿命が延長されるとともに、走行の安全性が確保される。 (もっと読む)


【課題】タイヤ交換の時期に関係なく、所定の機能を維持することが可能な車輪情報送信装置を提供する。
【解決手段】車輪に関連する車輪情報を検出する車輪情報検出部と、車輪情報を記憶する車輪情報記憶部と、検出した車輪情報に基づいて、各種演算を行う演算部と、車輪情報あるいは演算結果を車輪の外部に出力する車輪情報出力部と、を含む制御ユニットと、車輪のホイールに取り付けられた太陽電池と、を備え、制御ユニットは、太陽電池の発電電力を、該制御ユニット内に供給する電力供給制御部をさらに備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】走行時においてタイヤの冷却を可能とする、新規なホイールカバー及び車両用ホイールを提供する。
【解決手段】本発明のホイールカバー4又は車両用ホイール3Bは、断面形状において回転中心4a、3bが最も外側となる椀状の外表面4a又は3bを有し、ホイールカバー4の外表面縁部4a又は車両用ホイール3Bの外表面縁部3bに、回転中心4a、3bに向かって放射状に延びるとともに、タイヤが回転する向きに間隔をおいて配置する複数のフィン4bを設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】乾いた状態で、精度の高いリークテストを短時間で行う。
【解決手段】本発明のホイールリークテスト装置は、ホイールを保持するホイール保持部、1対のシール治具、加圧部、リークテスト部を備える。一対のシール治具は、それぞれがリムのタイヤが固定される面(リム面)と対向し、かつ、互いにホイールをはさむように配置できる。また、リム面に押し付けられた状態では、リムのタイヤ内の気体と接触する部分(リム気密面)のあらかじめ定めた範囲と、シール治具との間に空間が形成できる。加圧部は、1対のシール治具をリム面に押し付けた状態にすること、リム面と接触していない状態にすることができる。リークテスト部は、それぞれのシール治具とリムとの間の空間の気密性を確認する。 (もっと読む)


【課題】ディスクブレーキのように、重量物であって、かつ、複雑な形状をした被処理物に対しても、均一かつ容易に被覆処理液を塗布することができるディップコーティング装置及びそのようなディップコーティング装置を用いたディップコーティング方法を提供する。
【解決手段】ディップコーティング装置及びディップコーティング方法であって、被処理物を、当被覆処理液に対して浸漬させるための浸漬槽と、被処理物を、当該被処理物の仮想中心軸を中心として回転させて、当該被処理物に付着した余分な被覆処理液を、遠心力により飛散させて除去するための回転手段と、回転手段により回転している状態の被処理物に対しエアーを吹き付けて、当該被処理物に付着した余分な被覆処理液を、さらに除去するためのエアー吹き付け手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】車両ホイール、マルチ・ピースホイール・カバーおよび保持システム、ならびにそれを生産する方法を提供する。
【解決手段】マルチ・ピース車両ホイール保持システムが、ホイール・ディスク、第1のホイール・カバー、および第2のホイール・カバーを備える。第1のホイール・カバーは、ホイール・ディスクに固定され、ホイール・ディスクのアウトボード・タイヤ・ビード・シート保持フランジの部分全体を覆う。第2のホイール・カバーが、第1のホイール・カバーに固定され、ホイール・ディスクのアウトボードに面するホイール表面の少なくとも一部分を覆う。第1のホイール・カバーの第2のレッグの少なくとも一部分が、第2のホイール・カバーのインボード面に接するように延在し、第2のホイール・カバーはインボード表面に設けられた表面フィーチャによって第1のホイール・カバーに固定される。 (もっと読む)


1 - 10 / 75